映画「グレイテスト・ショーマン」の告知動画を見てガチ泣きしてしまった私

まさか、映画の予告を見るだけで

泣くはめになろうとは…。

 

グレイテスト・ショーマンという、

Xメンでお馴染み、ヒュー・ジャックマン出演の映画。

たった、2:24分の予告動画を見たのですが…

映画『グレイテスト・ショーマン』予告D

こちらの予告編を見ただけで

号泣する私(笑)

 

なんで号泣したのか、考えてみる。

 

スポンサーリンク

泣いた所

まずはいったん、動画を見てみて!

 

私は正直TVを見ないもので、情報が殆どなかったのです。

「ヒュー・ジャックマンがミュージカル映画にでてる」

風のうわさで、コレぐらいの情報しかない。

 

なので、全くの情報無しで予告動画を見たのですが…。

最初は特に印象的なところはなかった。

しかし、後半につれて、だんだん不穏な影になる。

 

どんなシーンかはわからないけど、

派手に着飾った太ったおっちゃん

(女性でした、すみません)が、

大衆の場でくすくすと笑われる。

 

観客は、理解できない

 

もうここ、

私のトラウマスイッチ入るの(汗)

 

そして、泣き所スイッチが入りだす。

 

暗闇にいた私たちに、あなたは希望と家族を与えてくれた

 

今書いても、涙腺が緩む(笑)

そしてラストのヒュー・ジャックマンのセリフ。

 

みんな違うから輝くんだ

 

ぼろぼろ泣く私(笑)

 

実はこの「グレイテスト・ショーマン」実話らしいです。

まぁ、エンタメなので脚色されてるだろうけど

それにしても、すごく良さそうである。

 

ぶっちゃけ、高い金を払って、

映画のスクリーンで見るメリットを感じられない私ですが…

スクリーンで見に行こうかってぐらい(笑)

(実際、行きました)

 

泣いた理由を考察

さて、では考察タイムです。

 

まず、髭の生えた女性。

コレは泣き所ではないけど、負の部分のアオリが上手い。

起承転結の、承あたりかな?

「この恐怖から、物語の逆転劇!」のきっかけづくり。

 

こういう下剋上、大好き。

 

はい、この流れを見ているから

後々の言葉が響きます。

 

暗闇にいた私たちに、あなたは希望と家族を与えてくれた

 

このセリフね。

このセリフを聞いただけで、

「落ちこぼれたちが、ミュージカルで下剋上するんだ」

ってのがわかる。

 

このセリフは、おそらく最後の方のセリフでしょう。

もしくは、運命を決める大きなショーの前日とかね。

(RPGゲームで言う、ラスダン潜入前の決意会話みたいな)

 

落ちこぼれたちが、自信と居場所を見つける。

おそらく、そんな意味がこもったセリフ。

 

もうさ、自分と重ねちまうよ。

 

私自身が(半)ニートなコミュ障で、落ちこぼれなわけよ。

社会の底辺のクズポジションよ。

その落ちこぼれが、生きていてもいいって、居場所を見つけるわけよ。

 

すごい希望に満ちたセリフだよ。

 

なんていうんだろ、

私も生きていて良いんだって感じた。

だから、思わず涙腺が緩んだのだと思う。

 

そしてトドメ。

 

みんな違うから輝くんだ

 

・゚・(つД`)・゚・

 

おおお…。

ストレートに響くわ…。

 

ぶっちゃけこういうセリフは、どっちかと言うと嫌い。

キレイゴトなセリフに、虫酸が走る。

 

 

ブラックルイ
ブラックルイ

はぁっ!?

キレイゴトを言いやがって!

何がNO.1じゃなくてもいい?

元々特別なオンリーワンじゃ!

 

 

とね、いかにも「そのままでいいんだよ」的な。

 

そのままで居て、

幸せなんて感じたことねぇよ。

人間、努力しなくちゃ幸せになれねぇよ!

って腹立つんだよw

(すみません、歪んでるんです)

 

けど、なぜかこの予告は響いた。

宣伝効果を、上手に洗脳されてるのかもですが(笑)

 

私も、多くの人も感じているだろうけど、

特に日本人は、みんな同じじゃないと!と周囲に流されがち。

 

就職していないと…

友達いないと…

結婚していないと…

 

恥だ!

 

って、とにかく規制がすごい。

 

それらが出来ていない人は

負け組レッテルを貼られる。

 

けどね、このセリフは、

絶対にみんなと同じじゃなくてもいい、

個性を磨いて輝けば良いんだよ!

っていう、応援のこもったメッセージに聞こえる。

 

励ましの言葉に聞こえたんだよね。

「私、おかしくないんだな」って。

普通になりたいってずっと思ってきた。

 

けど、自分らしさを貫けよ!っていい意味で伝わる。

 

オンリーワン嫌なんじゃないのかよw

って突っ込み入りそうだけど、ちょっと違うんだよなぁ。

なんつーか、あの歌は停滞を感じるんだよね。

そのまま(ダメ)なままで良いって。

 

ダメなままで、良いことなかった(汗)

 

そりゃ超絶自信がない状態だと、

まずは、それでいいと思えばいいと思う。癒やすのね。

 

けど、癒やし終えたら、前に進もうよ!

ゆっくりと、1歩ずつね。

自分を本当の意味で幸せにしてあげたくない?

 

この映画はそういう意味で、

「他とは違ってもいい、その個性を磨け!」

って感じがするんだよね。

 

励まして、そっと背中を押してくれる

行動性を感じる。

 

「みんな違うから輝くんだ」

いいセリフだ。

 

おわりに

この映画予告で泣けたのはね、

承認欲求を感じたから、泣けたと思うんだよね。

落ちこぼれな自分を認めてくれる、そんな感じ。

 

まぁ映画はよくある、

努力して上に登る!っていう話なのでしょうがね。

 

他人からではなく、

自分で承認欲求を得ることが出来るようになれば?

人生で、最強の鎧を手に入れることができるのかもね。

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

日記
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る