コミュ障がニート脱出本を図書館で借りてきた時の苦労を語ろう

ニートの目線で、ニート脱出のための、

超絶素晴らしい本があるって情報入りまして。

 

これは読まねば!!と行動に起こしたわけです。

 

図書館で借りたのですが、よく考えたら、

ニートの本を借りる時、エロ本を買うぐらいの恥がないか!?

という障害が発生。

 

本の出会い~借りるまでに苦労したエピソードを、赤裸々に書いてく。

 

スポンサーリンク

本が高すぎる

まず、今回借りる、素晴らしい本の名前を書きましょう。

「元ひきこもり・ニートがリアルに教える!脱ニート完全マニュアル」

とまぁ、一瞬でニートのための本だと分かるタイトル。

地雷屋さんという方が書かれた、ガチニート目線の本です。

 

石橋を叩きすぎて割る私がいろいろ調べた所、

これは良さそうだと思い、買うことを決意します。

 

しかし、Amazonを見ると…

3000円以上!?高くない!!?

定価は1400円+税なのですよ?約2倍以上。

私の金感覚は0が1つ多い。つまり30000円に感じる。

 

他のネット書店を見ても、売り切れ。

ヤフオクにも出品されていない。

中古ショップも売り切れ。

 

えっ、ここまで見つからない本、はじめてだよ。

 

諦めて3000円以上で買うか…

と調べてみると…図書館の文字が。

何でも、全国の図書館の検索が出来るとのサイト発見。

 

うちの地元にはないだろう…と検索すると…

 

あるという

 

ネットで調べても、あまりにも見つからなかったので、

「もうこの本はめったに見つからない、レアものなのだ…」

と謎の縛りが発生していた。

 

なのにちょっとなにこの運命?

しかも、まさかのタダで借りられる?

「でも、(当時)GWだし、休館じゃ…」

と思ったら、開いている。

 

図書館、最高。

 

地元の図書館は、5件いったことがある。

楽勝だぜ!と場所を調べてみると…。

 

全然知らんところがヒットした。

しかも、自転車で1時間ぐらいかかりそうな距離。

 

まじか

 

あー遠いなぁ…なんか道よくわかんないし…

まぁ、いつか借りに行こうかなぁ…

 

明日行こう、すぐに行こう!

ないと思ったのにある、コレって運命だよ!

どんなに遠くでも、借りに行ってやる!!

 

と、一瞬で切り替わっていた。

まぁ、この時は実はショックな事があったので、

どうにかしたいと、動けたわけなんだが。

 

そんなわけで、場所を調べて明日行くことになる。

すぐに諦める私が、ここまで調べて決意するってすごいからね。

 

 

図書館にGO!

さて、翌日。

図書館は9時から開く。

移動時間に1時間と見込んで、

8時に出れば、まぁちょうどいいだろうと。

 

けど、昼頃でもいいかな…?と逃げグセ発生。

「今だよ、今行くんだよ!!」と自分に発破をかける。

 

結局、ブログ記事を書いていると10時になる。

そこから、即座に図書館に向かうことに。

 

その日は風が強かった。

前に進むのもなかなかつらい。

しかも、おっちゃんに注意される事件も発生。

 

「…今日は風も強くて進みにくいし、もうやめない?」

「風強いけど天気いいよ~!雨じゃなくてよかったね!」

 

という私の戦いの中、前にひたすら進む。

(しかも翌日は1日雨という、ある意味強運)

 

  1. はじめての場所に突入で不安
  2. おっちゃん事件でイライラ
  3. 信号に引っかかりまくり
  4. 向かい風と戦い
  5. とにかく暑い

 

という五十苦に苛まれながらも、ひたすら進む。

 

しかし、途中で楽しくなる。

私は元々、こういったプチ冒険が好きなのである。

新しい場所に来る、知らない風景を見る、知識が増える、

不安もあるけど新天地は好きなのだ。わくわくする。

 

実際、広大なアメリカの大道路ような場所に移動すると、

広々とした風景に、なにか熱いものを感じた(笑)

 

だいたい真っ直ぐな道でした。

目印のスーパーが見つかり、

かわいいお城みたいな建物を見つける。

 

「まかさあそこが図書館!?かわいい!」

と思ったら、隣の建物でした(そこは幼稚園だったw)

 

「こちらの道路は、通っても保証しません。通るなら自己責任で」

という謎の看板をすり抜け、図書館にたどり着く。

 

 

図書館で目当ての本を探す

さて、やっとたどり着けました。

多目的に使われている建物のようで、

入り口の地図を見ながら、図書室へ。

 

入り口に、

「こちらで借りた本は、他の図書館でも返却が可能です」

「自習室での持ち込みPCの仕様は、飲食は禁止です」

などという張り紙が。

 

えっ、他の図書館でも返却OKなの!

ってことは近場でも返してOKってこと?ありがたや…!

まぁ、ここまで来るの楽しかったから、別にいいのだがw

 

とか、入る前からいろいろな情報が入って楽しくなる(笑)

こういう張り紙系って、始めてくる場所は読むよね。

あっ私だけか?慎重でビビリな私だけか?

 

はい、入っても大丈夫なんだよね?と緊張しながらも入室。

さっそく、目当ての本を探すことに。

 

本が見つからない

しかし…どこにあるんだ!?

 

ニート本のジャンルって、何になるの?

いろいろ見るけど、本が多すぎて見つからない…

見つからなさすぎて、本当にあるんだろうか?と不安になる。

 

心理学棚を見るが、見つからない。

あれだよ!ニートって言ったら、

不登校・引きこもりジャンルになるのでは?

そうだよ、一般人にとったらニートなんて子供時代のものだよ!

 

と教育関連の棚を見る。

「30を超えて、子どもレベルの悩みなのか…」と悲しくなる。

 

「あっ実は、私の子どもが不登校で困ってましてね…」

(幼稚園だと不登校はしない?けど中学生ぐらいだと大きすぎ…小学ry)

とアホな言い訳を考え出して、虚しくなる。

 

検索機パニック

しかし、検索機がある。

コレを入力すれば、見つかるのでは!?

と思うのだが、先客がいる。

 

早くどけよ…!とチラチラを見ながら、

1台空いたので、隣居るが勇気を出して検索する。

 

しかし…

えっと…どうやって調べればいいんだ?

 

タイトル名…なんだっけ?ニート脱出~とか長いテーマだった。

おっ覚えていねぇ!!

でも確かニートって言葉はあった。検索窓にニートって打ち込めば…

 

……ニートって検索するの、

マジで恥ずかしいんだけど。

 

隣の小学生に見られて、

このババア、ニートってうってるww

ニートなのかよwww

 

(私の検索機を後ろから覗き込む)

かわいそうに、この子ニートなのか…

 

とバカにされるんじゃないかと、ドキドキする(汗)

 

検索結果、ヒット数300件。

 

……多いよ!!?

 

こんなの1件1件、見てられないよ…!!

どうしたもんかい…!!

 

と思ったら、詳細検索の文字発見。

あっ、これで作者名を入れればいいんだよ!

確か名前は、ジライヤだったよね!?

 

と、覚えやすい名前に感謝しながら検索。

すると…でたよ…!!

 

印刷して、再び探すことに。

 

苦戦するが解決方法を発見

検索機で本の情報は印刷はした、

コレでどの棚にあるのかわか…らない!!

 

ちょっと待て、

ジャンルや棚の情報とかが書かれていない。

 

いや、意味ねーじゃん!!

 

せっかく頑張ったのに、これかよー!

もういっそ、司書の人に聞いたほうが…。

 

「すみません、ニート脱出本って、どこにありますか?」

 

いやだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

 

ただでさえ、人に話しかけるだけでもリスクでかいのに、

ニート本がどこにあるか聞き出すだと!?

なんて恥!プライド高い者に対しての地獄か!!

 

けどさぁ、こんだけ本があると見つからないよ…。

もう諦めない…?帰らない…?

もしかしたらさぁ、元々ないのかもよ?

と、ネガティブ全開。

 

しかし、「なんとしても借りて帰る!」と必死に振り払う。

 

そこで、大量の本のラベルと、

検索機で調べた紙を見て、ふと気づく。

 

この番号、もしかして…

本に貼っているラベルと一緒では!?

 

300代の棚を調べ、見てみると…

 

あった、あったよ~~~!!!

 

感動した、まじで感動した。

本があったことにも感動、

ラベルとリンクしてたことにも感動、

諦めないで良かった…!!偉い、偉い私!!

 

借りる恐怖

しかし、さらに問題が発生。

 

この本を借りるのだが…

 

ニート本だけ借りるって、なんか恥ずかしくないか?

 

「(この人ニートなんだ(失笑))」

とか思われたら、

プライドエッフェル塔ニートには地獄すぎる。

 

ただでさえ、はじめて借りるので、

レンタルカードの発行も必要なのに…。

不安要素が、デカすぎる…。

 

そんなわけで、

カモフラージュ用に他の本を借りることに。

まるでエロ本を借りるようである(笑)

斎藤一人さんのお弟子さんの本(心理学)にする。

 

で、コミュ障あるあるだろうが、

すぐに借りに行くことが出来ない。

 

「ニート本のために、カモフラあるけど気休めだ…」

「ああ、ちゃんと言葉出るんだろうか?」

「新規でカードをちゃんと作れる…よね?」

「最初、なんて言おう?なんて言おう?」

 

とまぁ、負のループがぐわんぐわんなるわけで。

 

不安を減らす対策を考える。

別の人の借りる姿を観察すると、

貸出の手続きをする人は、

本の裏にあるバーコードを読み取る感じだ。

 

ってことは、

裏面にして差し出せば、

ニート本ってわからないんじゃないか!?

 

天才か。

 

勇気をだして「行くぞ!!」と受付へ!

 

「あの、新規で借りたいのですが」

「はじめてですか?他の図書館で借りたことは?」

「(えっ、なっないよな?)ないです」

「免許証か、保険証はお持ちですか?」

「(グサッ免許持ってない…)保険証なら持っています」

「では、こちらの紙に住所などを記入してください」

 

かきかきかき(ひぃ~、字を間違えたぁ~!)

(…ん?本を置く向き…向こうにタイトル丸見え・涙

(ああ~意外と手続き時間かかってる。この時の視線ってどこに向けたら…)

 

「はい、ここに名前を書けば今日から使えます」

(貸出の説明を受ける)

「(無事に終わったか!)ありがとうございます!」

 

(表を見られないように、先に本2冊を裏面で横に並べる)

ピッピッ(バーコード読みとってくれる)

貸出票を本に挟んでくれる

 

「(…えっもうもってっていいの?)いいんですか?」

「はい?」

「(やっやば、なんか変なこと言った?)

 あっ、いえあのもう持っていっていいのかなって思いまして」

「あっ、ああ、はい大丈夫ですよ?」

「(変なやつに思われたっぽいw)

 わかりました、ありがとうござます!借りていきます!」

 

「はぁ~!やった~!ついに借りれたぞ!」

 

挟んでくれた、貸出票を見ると…?

 

バレバレですやんorz

 

 

おわりに

とまぁ、こんな感じで戦いが終わったのでした。

長かったよ…けど、頑張ったよ…!!

 

コミュ障ニートは、

図書館で本を借りるのにも一苦労である。

 

これからこの本を読んで、頑張ってみようと思います!

感想もまた記事にします!

 

【5/21追記】

本の利用期間は2週間なので返却してきました。

別の図書館で、ドキドキしながら返してきましたよ。

再びニートの本を借りたやつの戦いとね(笑)

 

本をぱらぱらぱら~とめくり(状態確認?)、

「はい、ありがとうございました^^」で終わりました。

本当にそれだけ。ただ本を出して、その一連で終わり。

期限とか、あんまり関係なさそうでした。

 

また利用しよう!

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

いろいろチャレンジ
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る