批判が怖くて不安で情報発信をブログなどで出来ない?批判が来ないことを願うよりも大事なのは自分を大切にすること

批判意見が怖くて、「ブログなどで情報発信できない…」って人多いと思います。

自分の書いた文章を否定されたりしたら、何だか悲しくなったり…

ブラックルイ
ブラックルイ

何様だよお前!!

ってイライラしたりしちゃいますよね。

私もメンタルは強くない方なので、やっぱり批判意見を言われたら気分は良くないです。

 

情報を発信すると突然、批判意見をもらってショックを受けたりびっくりするかもしれません。

けど、そこであなたの歩みを止める必要はありません。

批判意見はそっとしておきましょう

批判相手に意識を向けるのではなく、あなた(自分)を守ることに全力を向けてください!

 

「批判意見はスルーしようね」といった具体的なお話をしていきます。

この考えを持っておくことで、批判が起きても前に歩き続けることができるようになりますよ!

 

スポンサーリンク

これは自分のために言ってくれているの?

単純な批判コメントはとにかく無視していいです。

バ○とか、○ねとか、○スとか、そんな感じのですね。

 

けど中には「自分が至らないと感じる部分」を指摘されることもあります。

例えば、私は実際に書かれていたことなんですけども…

「いや何が言いたいのか意味がわからんわ(原文ママ)」と一言書かれていたことがあります。

ルイ
ルイ

正直私は…へこみました

自分の文章力に自信がなかったので …

「私なんかの文章を世に出してしまったこと」を激しく後悔しました(汗)

 

ちなみに、真面目な人ほど真剣に受け取ってへこみがちです。

謙虚になるのは素敵なことだけど…ちょっと考えてみて欲しいんです。

 

この人は「私のため」に言ってくれているのか?

「自分の欲求を満たしたいだけ」で言っているのか?

まずはそこを判断してほしいです。

 

自分のことを思いやって言ってくれてる言葉なら…

文章にちゃんと出ているはずなんですよ、そういった雰囲気が。

 

相手を思いやっての行動とは?

これはリアルでの例え話です。

仕事をミスした部下に注意する上司がいるとしましょう。

 

その上司は、他に働いてる人がたくさん居る前で、大声でミスを注意しました。

これって正直…相手のことを思ってする注意方法では無いように思われます。

ミスをするって、一般的にはちょっと恥ずかしいことですよね?

その恥ずかしいことを人前で大声で注意なんてされていたら…ミスした人は恥ずかしくて傷ついてしまう可能性があるでしょう。

 

ここは、2人だけの部屋を取ってひっそりと注意してあげる、とかの方が相手のためを思っての行動ではないでしょうか?

 

これはネットでも同じで、ネットは不特定多数の人がたくさん見る場所です。

沢山の人が見る場所で、堂々とその人の欠点をただただ注意するって…相手のためを思って注意していることだと思えるでしょうか?

お問い合わせページでひっそりと伝えることもできるし、仮にコメントに書くとしても書き方があります。

ブログ読ませてもらいました。とても興味深い内容でした!
一つ気になるところがあるのでコメントにて失礼しますが、この部分はこういった意味なのでしょうか?

みたいな感じでね。

ワンクッションを入れたりなど、こういった書き方をしていれば、ただ一言「意味がわからん」という漠然なコメントよりも、「相手を思いやって伝えてくれているんだな」ってことが伝わってくるのではないでしょうか?

 

だから、ついつい自分が欠点と感じていることをつかれたりしても…

まずは見極めることが大事だと思うんです。

  • これは私のことを思って言ってくれてる言葉なのか?
  • 自分の欲求を満たしたいがために言ってることなのか?

ということ。

 

自分の欲求を満たした人のコメントは、言っては悪いですがぶっちゃけ雑で薄い内容が多いです。

まぁ、単純に文章を書く(伝える)のが苦手って人もいるので、一概には言えないのですが^^;

 

マウントを取りたいコメント

自分の欲求を満たしたいコメントの中に「マウントを取りたいコメント」もあります。

マウント
自分が相手よりも優位に感じたいという思い・行動

 

例えば私は、ソフトバンクの「おうちのでんわ」という、固定電話の記事を書きました。

するとどうやら間違った部分があったようで…

コメントで「その部分を間違っています!これが正解なんです!」という説明が長々と書かれていました。

 

確かに私は間違っていたかもしれない。その部分は認めましょう。

さっさと修正して「ありがとうございました」で終わりです。それでいいんです。

ルイ
ルイ

勉強不足だった…

とへこんじゃうかもしれませんが、盛大にへこむ必要はありません。

誰だってミスはするんですから。「頑張って行動した自分」までを否定しなくていいんです。

 

こういった長文で指摘してくるタイプの人は…

「自分の知識はすごいのだ!正しいのだ!と見せつけたい人」が多いのです。

つまり、マウントをとりたいのです。

(全員が全員ではないです。本人は悪気なく無意識かもしれませんが)

 

わざわざ相手の欲求を「すごいですね!」みたいな感じで満たす必要はありません。

マウントを取られるコメントがあった「そうなんですね、ありがとうございます」で終わりです。お互い無難に終わります。

相手の欲求を満たすのではなく、自分を守ってあげてくださいね。

 

素直に耳を傾ける相手

ルイ
ルイ

けど…

自分が至らないことは至らないんだから…

相手の言い分にも一理あるよ…

と真面目なアナタは、そう考えてしまうかもしれません。

そうやって、いろいろ指摘されたりして困ってしまう人はたくさんいます。

 

すべての意見を聞いてしまうと頭がパンクしちゃうので…

ここはしっかりとルールを決めておいた方がいいです。

 

自分が信頼できる人にしか耳を傾けない!

ということに。

 

通りすがりの批判コメントなどは、適当に書いてる人がほとんどです。

自分の欲求を満たしたいがために書いてる人が多く、あなたのためにコメントを書いてる人いないと思っていた方がいいです。

もちろん、そういった雰囲気を感じるコメントは素直に耳を傾けてもオッケーです。

 

受け取るにも、すべてを受け止めるのではなく…

ちゃんと「自分にとっての良い選択」をしてあげてくださいね。

 

批判コメントはどんな理由で書くのか

そもそも、相手を叩く行為って一般的に見るとよろしくないことじゃないですか?

リアルの世界では、相手の悪口ばかりを言う人って…正直あまり印象が良くはないですよね?

けど、ネットだと顔が見えないから(名前も匿名で行けるし)好き放題に批判意見をしてくる人が多いわけです。

 

彼らは一般的にはよろしくないこと、悪口を書く批判をなぜわざわざするのか?

批判することで大きなメリットがあるから

一言に言うとストレス発散になるんですね。

 

  • 学校や会社で嫌なことがあった
  • 人生がつまらない
  • うまくいってる人を見て自分の不幸さを比較して嫌になる
  • 自分の価値観と違うことを言っていて腹が立つ
  • 自分と同じ不幸に引きずり込みたい

 

つまり、批判を書かれている人は…

他人の悪口を言って蹴落として、自分はみじめじゃない!と安心したい。

その人をストレス発散のはけ口にしているわけです。

 

いじめのリーダーから聞いた境遇

私は中学生の時、実はいじめのリーダーと友達になりました。

友達になったって言うか…クラスのぼっち同士がくっついたみたいな感じですけどね(苦笑)

しかし私は…まさかその人が小学生の時にいじめのリーダーだったなんて知らなかったんです。

(後になって周りの人に「あの人やばいよ!」と教えられて知った)

 

しかし、その人の話を聞いていると…

「なぜ、いじめのリーダーなんてしていたのか?」

が少しわかったような気がしました。

 

その人は、家庭でかなりのストレスを抱えているようでした。

親がガッチガチの教育ママみたいなんです。

「勉強のできない奴には価値がない」みたいな感じでした。

おそらく、そのストレスが爆発して…いじめでストレス発散をしていたのではないかと思います。

 

こうやって見てみると、かわいそうな気もしますが…

やってること自体は最低な事なんです。実際にいじめで傷ついてる人がいるんですからね。

けどその人は、うまくストレス発散できる方法が見つからなかったんでしょうね…。

 

批判的な意見を書く人も、おそらく似たような心境なんだと思います。

ストレスの発散の場がないので、人生がうまくいってそうな人or努力している人を叩いてネットで発散するみたいな。

いじめのリーダーと同じく、いじめみたいなことをしているんです。

これは、彼らにとってのストレス発散方法なのでしょう。

 

おそらく「頭では悪いこととわかっているんだけど、止められない状況」なんでしょうね。

まあ、本当にただただ愉快犯だけの人もいますが(汗)

 

つまりスルーしましょう

こんな感じで、ただただ批判的な意見を書いてる人は、軽い気持ちでストレス発散で叩いてくる人が多いです。

もしくはカッとなって勢いで書いた、など。

イラッとしたら、勢いで怒りをぶつけてしまったりすることってありますよね。そして冷静になって「なぜあんな事を言ってしまったんだ…」みたいな。

 

けど、あなたは相手のサンドバッグになる必要はありません。

いくら悪気がなく勢いで言ってしまったとしても、こちらは批判は受けてしまったわけです。

だから真剣に受け止めずに、スルーしましょう。

相手のストレスは、相手の問題なんですね。

 

ここでショックを受けて、立ち止まってしまっては相手の思う壺。

「自分の一言で相手はやる気をなくした!自分は人を変える力があるんだ!」と味をしめてしまいます。

 

中には批判する人に対して…

「そんなひどいことを書くのってダメじゃないですか!ひどいと思いませんか!?」

みたいな意見を書く人もいるみたいですが…それこそ相手の思う壺になっちゃいます。

 

カチンと腹が立つことはものすごくわかるのですが、反応してしまうと相手が喜んでしまいます。

批判者は「相手が苦しんでいる反応」が来るのが楽しくて仕方がないので。

こういったことは、正論を言ってもなかなか理解されません。自分で気づいてもらうしか無いです。

だからもし仮に相手を改善させたいと思うのなら、スルーしてあげるのが一番の薬になります。

 

もし批判を受けてショックに感じたら…

「こんなこと言うあいつが悪い!」と相手ではなく、傷ついている自分を癒やすことに意識を向けてあげてくださいね。

 

まとめ

長くなったので、最後にまとめます。

 

批判コメントをもらったら…

  • コレは自分のために言ってくれているのか?
  • 批判者の欲求を満たしたいために言っているのか?

どちらかを見極める!

 

「自分のために言ってくれているかどうか?」のヒント
・ワンクッションが入っていたり、言葉遣い&気遣いが丁寧な人
・コメントなど不特定多数の人が見る場所ではなく、お問い合わせなどでこっそりと知らせてくれる人

⇒納得できる答えだったら受け入れよう!

 

これらを感じない場合は…
大体は自分の欲求を満たしたいために言っている人が多い
・単純なストレス発散
・自分の知識はすごいという自慢
・他人を蹴落として、自分の安心を満たそうとしている など

⇒これらの場合は、スルーする!反応しない!

 

どこの誰かが言っているかわらかない感情的な批判言葉よりも、信頼できる人の言葉に耳を傾けてください。

「批判されないように、怒られないために頑張ろう…」よりも、「もっと良くなるように頑張ろう!」という方が、きっとより成長できます。

 

情報発信をすることを止めて、相手の思うつぼ・相手に振り回される時間を選ぶよりも…

あなたは「自分のことを幸せにする時間」を作ってあげてください。

批判者(敵)かまってあげるのではなく、あなたをかまってあげて守ってあげてくださいね。

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

マインド
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る