グレイテスト・ショーマンを見て感動したので感想を書いてく

もう、控えめに言って最高

この一言。

 

ありがち展開とか、ご都合主義とか、ビジネスバリバリとか、

言いたい人は、その人の価値観でいい、好きに言えばいい。

 

だが私にとっては、

今まで見てきた映画の中で最高の作品になった。

映画『グレイテスト・ショーマン』予告D

 

その映画の感想を語っていきます。

当然のごとく、ネタバレ満載です。

 

スポンサーリンク

幸せとは?と考えさせられる

この作品のテーマは、色々ある気がするけど、

「幸せの形」がテーマだと思う。

 

この作品、登場人物が多いんですね。

しかも、それぞれの人の問題を解決していくスタンス。

 

  • 主人公バーナムの問題
  • 妻と娘たちの問題
  • ユニークな演者たちの問題
  • フィリップ&アンの恋愛問題
  • オペラ歌手ジェニーの問題

 

などなど、問題もりだくさん(笑)

1人1人の幸せの形が最後には見られます。

 

テンポの速さがすごい!

2時間の間に見事に収まっているので、

すごくギュウギュウ詰めなんですよ。

だから、すごくテンポが早い。

見ていてあっという間の映画なんて、本当に久々。

 

個人的に、何がいいたいの?といった長い映画よりも、

こういう、ぎゅうぎゅうだけどテンポのいい作品の方が面白い。

1つのことを丁寧に描いた作品も大好きだけどw

 

私の1番お気に入りシーン!

私としての一番の見所は、

ユニークメンバーの立ち上がり。

 

バーナムの劣等感が爆発しているときに、

ユニークたちにもそれが飛び火して。

けど、ユニークメンバーはそれでも立ち上がる。

 

自分たちを不気味な目で見るきらびやかな人たち。

自分たちをいつも批判する人たち。

それでも、負けずに前へと進む。

歌い、踊り出す。

 

鋭い言葉で傷つけられても戦う

私には愛される価値がある

 

私は、ここに大変感動した。

これって、精神的な自立じゃないか?

 

最初は、バーナムに助けてもらった。

けど、そのバーナムに見捨てられても、

自らの足で立ち上がる力を、仲間を手に入れた。

 

バーナムだって人間。間違いを犯す。

余裕がなくて機嫌の悪い時だって、そんな日もある。

けど、一旦拒絶されたそんなバーナムもすべて許す。

笑顔にさせる、元気にさせる、許せる強さがある。

 

どん底だった人生を、自立して、さらに人を助ける。

人として素晴らしい成長を遂げたんじゃないかと。

 

ユニークたちと自分を重ねる

ってかぶっちゃけ、

「そんな未来の自分になりたい」と重ねたんだよね(笑)

 

ニートとか、自信がないとか、自分が嫌いな人って

どうしてもネガティブに考がちだしさ。

この、前向きに戦う姿を見ると、すごく勇気が出るっていうか。

 

「ああ、わたしもこうなりたい!」

って希望が湧くっていうか。

 

危機感で押し付けられるとさ、

逆に動きたくなくなっちゃうんだよね。

窮鼠猫を噛むって言うけど、そこまで追い込むのも…辛い。

もちろん、それで燃える人ならいいと思う。

 

けど、私のような人間はそれができない。

それを責める必要はない。

人には向き不向きがある。

その人が希望が出るやり方が、あるんだよ。

 

自分なりのやり方を探したって、いいじゃないか。

 

希望があふれる作品

ってなわけで、

グレイテスト・ショーマンは、そんな希望をもらえた。

だから私にあっていた、と思う。

 

私のような、自分が大嫌いなタイプの自信のない人には、

とても心が響くと思う。

 

情報操作されている?

んな言葉に耳を傾ける必要ない。

その情報操作ごと、洪水を起こして溺れさせてやるよ。

 

自分を大切にしよう。

 

おわりに

とまぁ、いい所を書いたけど、

この作品って批評家の人たちからは酷評だったんですね。

意見を見てきたけど、まぁ一理あるなぁ~とは思った。

 

私も全部が全部よかった!ってわけじゃないし。

ラストがちょっと、??なところもあったし。

 

けどまぁ、そもそも世の中に、完璧なんて存在しないし。

だからいいんじゃないか。面白いんじゃないかって。

批判ばかりの人生も、ちょっと考えを変えるのも楽しいかも?

いろいろな意見があってもいいじゃないか。

 

もっと人生を楽しまないか?

 

批判部分を見ても、それでも私は素敵な作品だな、と思った。

この気持は大切にしたい。

 

あっ、あと何気に一人映画デビューでしたw

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

日記
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る