真面目な人…に見える不真面目な人「真面目系クズ」って言葉に出会った時の衝撃

私は長らく、「自分」というものに苦労している。

けど、自分ではわかっているつもりでも、自分というものが実はよくわかっていない気もする。

 

いや、意味わからんな。

 

とにかく、「真面目系クズ」って言葉に出会った時の思いを、書いてみようと思う。

 

スポンサーリンク

真面目系クズって?

簡単に言うと、真面目そうに見えるけど、実は中身がクズって人らしい。

 

たとえば、

いうことも聞くいい子(仮)で、大人からは評判よかったりするけど、

実は自主性がないだけ。努力せずに、楽な方に逃げているだけ。

 

とか、まとめサイトに色々書かれていたんだけど、

ほとんど当てはまっちゃってさ。もう逆に笑ったっての。

 

でも、逆に嬉しかったんですよ。

私ってこんな人間だったんだなって。

 

わからないのが1番怖い

なんというか、わからないって怖くないですか?

 

例えば、

テストで全く勉強しておらず「わからない…」

なぜか身体が最近痛み「原因がわからない…」

あそこの影にGがいる?「いるかどうかわからない」

これから先「どう生きれば良いのかわからない」

指揮官がやられた!「どう動けば良いのかわからない」

 

などなど、様々なことに使われる、

「わからない」

 

もやもやした気持ちで、真っ暗闇をさまよっている感じ。

こっちであっているのか、進んでいるのか、迷っているのか、

それすらわからない。

 

ゴールがない、希望がないって怖くないですか?

 

私自身が、ずっとそんな感じでした。

「自分ってものがわからない」

だからいつも、漠然と不安でした。

 

いや、なんとなくは分かるんですよ?

  • 人見知り
  • 臆病
  • めんどくさがり屋
  • 劣等感の塊

とかね。

 

でもね、なんとなくで、具体的にはわからなかったんだよなぁ。

 

けど、自分では探そうとはしない。

だって、ダメな自分を見るのが嫌だったから。

 

苦しいのは私だけじゃない?

辛くて苦しいのに、原因を探そうとはしない。

これが真面目系クズなのかもしれない。

 

ようは、臆病なんですよね。

 

んで、いつものようにネットで「真面目」にダメな自分を克服「しよう」と思ってたわけ。

これもよく考えたら「私、頑張ってる!」アピールなのかもしれない。

 

そこで出会ったのが、

真面目系クズというキーワードが目立つブログ。

読めば読むほど、自分だと感じた。

 

不思議なんですよね。

自己啓発書とか読みまくってる(つもり)なんですが、あんまり進んで読まない本が多いんですよね。無理やり読むっていうか。

なのに、なぜか自主的に読もうとする自分がいる。

 

しかも、辛い内容なんですよね。

「自分のダメな部分」が分かることが満載なんですから。

 

これは…おかしいのです。

だって、私は自分の嫌な部分と向き合うのが嫌なんです。

極力避けるのが私なんです。

 

なのになぜか、自主的に読み進めている。

これは…自分と向き合っているとは少し違う気がします。

 

そうです、わかる!と共感しているのです。

 

私が日常で「苦しい!辛い!」と感じていることを表現してくれている。

「それそれそれ!」って。

いわゆる「あるある話」を聞いている感覚なんだと思います。

 

なぜ、こんなにも嬉しいのでしょうか?

私は「苦しんでいる」と理解してほしいのかもしれません。

 

「お前だけが不幸だと思うなよ!」とか言う言葉をよく聞きます。

たしかにみんな生きるのが大変でしょう。

 

けどね…苦しみとか人それぞれじゃないか?

なぜアナタに、不幸の物差しを決められないといけないのか?

人に文句をいうのも自由、その文句を受け取らないのも自由。

 

そして、理解してほしいと思い続けるのも自由。

人間って悲しいかな、理解してほしい生き物みたいです。

 

 

真面目系クズが自己啓発本の効果がない原因?

私の答えは、共感できないからです。

「めんどくさい」って理由も、もちろんでかいでしょう。

それ以上に「この人の言うこと聞きたくない」って思うのかも。

 

言われる人・言葉で、反応が変わることってあるじゃないですか?

 

ただ単に「勉強しろ!」って言われたら、「やだな…」で終わる。

けど、自分のことを真剣に思ってくれる人に、

「勉強って自分のためになるんだよ」とか言われたら、

「頑張ってみようかな?」ってなったりすることってあるじゃないですか。

 

私みたいな真面目系クズは、とにかくひねくれている。努力したくない。

そして、理解してほしいと思っている、ダメダメ野郎。

上から目線でモノを言われたら、とにかく反発します。

「ぜってーやらねー」となりますw

 

これが、自己啓発本で発生しているんじゃないかな?

 

 

そうですね、私がほしいのは、癒やしなんじゃないかな?

 

真面目系クズのブログを見て

「そうなんだよ…!」ってなった時、心を開いたんですね。

これは、共感の効果だと思う。

 

「この人なら、わかってくれる」

と思うと、心が楽になるみたいです。

 

結局、当たり前なのですが、人によって生き方って絶対に違うんですね?

なので、ちょっとでもデキないことが自己啓発本で当たり前のように書かれていたら、すっげー凹むんですよね。

 

う~ん…何がいいたのかわからないw

もう終わろう、この記事w

 

 

おわりに

すごく中途半端ですが、

「これ以上書きたくない」って声が聞こえたので、やめます。

 

このブログは、

「私が思うがままに書く」なので、

無理やり書くのもなんか違うなって。

 

とにかく、私は癒やされたいと思っている?と思いました。

 

この記事は、50分で書けました。

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

生きづらくて、人生詰みかけて辛かった私が…
自分を好きになり、かつ残酷な世界で戦える方法を伝えています。

コミュ障が自分と向き合う
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る