アフィリエイト活動記録はじめます。サポートしてくれる人がいたら人は動ける?

今回から、アフィリエイトの活動記録をつけていこうと思います。

アフィリエイトは、ちょっとサボり気味でしたので…。

 

そこで私、なんやかんやで理由をつけて逃げるので、

そのサボりに喝!を入れるべく、

アフィリエイトのサポートに申し込んできたのです。

 

今回は、アフィリエイトを頑張る出会いについて書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

サポートの出会いについて

今までも、アフィリエイト以外で、

メンタル、絵など、10人ほど色々サポートを受けた事があるのですが、

相性が合わない?のか、私がただただダメなのか、改善した試しがなく…。

中には良い方もいたのですが、大抵はあまりいい事はなかったですね…。

 

そのたびに、

「しょせん人間なんて他人なんだ」

「すべてのサポートは金儲けなんだ」と、

サポートについて、いいイメージがつかなくなっていきました(汗)

 

さらに私はコミュ障&どケチなので、すっごく慎重に選ぶんですね?

その慎重に選んだ人なので、期待も大きいと言うかなんというか…。

う~ん、これは私が依存し過ぎな気がしますね(汗)

 

相性について考えてみる

そんな時に、とても私に雰囲気が似た方を見つけ出しました。

実は、YouTubeのプロフィール画像について検索していた時にブログに出会えまして。

 

最初はそのページだけを見るつもりだったのですが(笑)、

読んでいるうちに、他のリンクが気になり、

「ああ、この方、私と似た雰囲気を感じる…」

とすごく親近化を感じたのです。

 

今までは「成功者のサポートならうまくいくだろう」

と、単純にそう考えていました。

けど、どうしても温度差を感じてしまって…。

 

向こうにとって簡単なことでも、私はなかなかできない。

そのたびに「ああ、私ってだめなやつだな…」と、

ただでさえない自信が、ガンガン消える(汗)

こんな経験も多々あったので、考えたんですね。

 

もっと、同じような考え方を持ってくださった方のほうが、

接しやすいんじゃないかな?って。

 

親近感が背中を押す

バイトとかで新しく入っても、先輩方とは疎外感があるけど、

同時に新人として入った人がいると、共感できあえる感覚というか。

まぁ、相手はできる人なのでちょっと違いますが、なんとなくそんな感じ(笑)

 

やっぱり、同じような体験をした人じゃないと、

わからないことって多いと思うんです。

コミュ障経験がない人にしたら「人が怖い?なんで?」って感じでしょうし(汗)

 

もしかしたら私は、今まで間違った選択をしていたのかもしれない。

そう、ふと思ったのでした。

 

もう思わず、メルマガ登録にポチっていました。

(最近は「メルマガ登録するだけで読まない」が多くなり、

「やたらめったら登録するのやめよう…」ってなってたのですが・笑)

 

メルマガの世界観に癒やされる

届くメルマガは読めば読むほど、癒やされる。

アフィリエイトのよくある「ギラギラ・ガツガツ・金!金!」した世界じゃない。

ふわっとやさしい、どこかそっとやさしく背中を押してくれる世界。

「大丈夫だよ、ちゃんと前に進めるよ」と応援してくれるような。

 

なんというか、ちょうどアフィリエイトに対して、

「私みたいな怠け者じゃ無理だな…」って思ってた時期なんで(汗)

あと「単純に事務作業でおもしろくない」というのもありましたが(笑)

 

「ああ、なんだか私でもまだ頑張れるかもしれない…」と、

徐々に徐々に思い始めました。

おもわずメルマガにも感想を送るほどです。このコミュ障の私が(笑)

 

サポートコースが気になる

サポートのコースも気になっていました。

「でもやっぱり、私じゃ無理かな…挫折しそう…高いし…」と勇気が出ませんでした。

何度も何度も、3日坊主で挫折しているので(汗)

 

けど、ちょうど「七夕キャンペーン」が行われていて、

「これは動くきっかけなのでは?」と思いながらも、手を出せずにいました。

 

やっぱりどこか、

「うまくいかない気がする…なら最初からやめた方が…」

という思いがあったのです。

 

ギリギリ(仮)じゃないと動かない

そして締切日。

「どうしようか?申し込もうか?」とギリギリまで動かなかった私。

しかし…私は気付いていなかったのです。

 

実は、締切日が昨日だったということに

(私の中であるある)

 

ショックを受ける私(笑)

自分の行動力のなさを攻める私(汗)

 

問い合わせという謎の行動力が出る

普段なら「ああ、縁がなかったんだな…」と、

どこか自分を正当化させ、納得させて諦める(笑)

しかし、なにかがふっきれたのでしょう。

 

ダメ元で

「キャンペーン額でしてもらえないでしょうか?」

と問い合わせてみようか?

と、謎の厚かましい思考がよぎる(笑)

 

PCのメモ帳で文章をうちこむ。

しかし、「うわーやっぱりやめよう!なんちゅーお願いをしとるんだ!」

と、リアルでは紙をくしゃくしゃ~と丸めるようなことをする。

「けどやっぱり書こう」と書き始める。コレを繰り返す(笑)

 

そしてできた文章。

メールで問い合わせる準備をする。

しかし…なかなか送信ボタンが押せない。

 

どうする?どうする?と思うたびに

「やっぱりやめとこう!それがいい!底辺がお前にはお似合いだ!」

と悪魔の声(?)が聞こえてくる。

 

そして同時に、

「このままでいいの?大丈夫だよ、問い合わせるだけだよ!」

と優しい天使(?)の声も聞こえる。

 

時間だけが無駄に過ぎていく。

焦りと、緊張と、よくわからない何かが自分を苦しめてくる。

しかし私の背中を押すものが出てきた。

 

「このメール送ったら、ゲームしてもいいよ」

 

私の心は「押す側」にゆらいだ(笑)

我ながら情けないが、快楽の欲が私を突き動かす。

(もっとかっこいい理由の行動力はないのか…)

 

私は、勢いで「うわーーーー!!」と送信ボタンを押すことにした。

(朝7時頃に本当に声出しました)

そして送り終えて、約束通りゲームをした(笑)

 

送り終えてからも本番

送り終えた良いものの、

今度は自分を攻める時間が始まります(笑)

 

「あ~、もうやっぱり送るんじゃなかった!」

「大丈夫だよ、優しい人だからダメだとしても丁寧に返してくれるよ…!」

「でもやっぱり反応が怖いよ!返信が怖いよ!」

「ばか!こんな厚かましいメールを送る私、バカ!!」

 

なぜこんなにも神経質なのでしょう…(汗)

 

そして届いた返信。

メールボックスを見た瞬間、戦慄が走る。

 

ひあ~~~!!返事が来たよ!

どうしよう!?どうしよう!!?

 

と、見なかったことにして、

その時はメールボックスを閉じる(汗)

 

しかしやはり、気になる返事。

私は勇気を出して、メールを開くことにする。

 

そこには私の予想通り、優しい世界が広がっていた。

とっても優しい雰囲気で、即コースを申し込んだ(笑)

 

こうして、私のアフィリエイト活動に、再び火がつく事になるのです。

(というか、今までついたことないかもしれないけど…w)

 

おわりに

う~ん、あいかわらずのグダグダになって気も…(笑)

けどこの思いは、今だからこそ書けるかな?と思いまして。

 

あとになって

「ああ、こんな時もあったな」

って感じられたら嬉しいかな~と…。

そう思えるようになりたいです(笑)

 

正直、

「サポート体制はもう良いかな…」

って思ってたんですよね。

 

というか、

私のコミュ障が加速して、トラウマ気味と言うか(汗)

 

いままでメール無制限!とか言われても、

  • 「何を聞けば良いのだろう…こんな些細なことを聞くのもアレだし…」
  • 「聞いたら『それ質問?(笑)』『何が言いたいの?』とかツッコまれるの怖いし…」
  • 「ああ、聞き方がわからない…もういっか…」
  • 「私なんかが質問して、相手の時間を奪うなんておこがましい…」

となっては、送らずじまい…

ってことが多かったんですよね(汗)

 

あと、私は今まで逃げの人生だったので、

「厳しく言われても頑張れるようにしよう!逃げないぞ!」

と鞭をうっては、自爆してたりね(汗)

 

無理しない程度に、がんばれたら…と思います。

つづく!

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

活動記録
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る