人生が生きづらくなる方法?全ての元凶は自分の声

スポンサーリンク

自己嫌悪が日常で地獄を見た、ルイです。

 

人生が生きづらくなる方法。

それは、何だと思いますか?

 

答えはすごくシンプル。

アナタも「そんなの知ってるよ!」

と、このページを×で消したくなるほど…

単純な答え。

 

自己嫌悪です。

 

自己嫌悪を

そのまま放置する限り

ずっと苦しいままです。

 

だって、

全ての苦しみの原因を

放置している状態…

 

自分を

ボッコボコにしていることに

気づけていないのですから。

 

自己嫌悪は、

「悪口を言われたショック」

で怒っています。

 

さらに怖いことに、

自己嫌悪モードになると

視野が狭くなります。

 

例えば、

2リットルの水が倒れたとします。

 

倒れたらどうしますか?

まず、2リットルの水を立てますよね?

そして、こぼれた水を拭いたりする。

 

けど、

自己嫌悪モードは

視野が狭くなっているので…

 

倒れている水が見えません。

 

なぜかたくさん水が出てくるから

「水を拭かなくちゃ!!」

とそこにしか目が行かないのです。

 

なので、

意識して視野を広げてあげること

が大事なんです。

 

今までの自己嫌悪中は

視野が狭くなっているので

それにすら気づけません。

 

だから上の4コマみたいに

いじめを続けます。

 

けどもう…

知っちゃいましたよね。

自己嫌悪が苦しみの原因って。

 

今のアナタは

視野が広がった状態です。

 

なので、自己嫌悪が起きたら。

 

なんか苦しいな…

この苦しみ、どこから来るんだ?

 

あっ自己嫌悪か

 

って気づいてあげること

がまず大事なんです。

 

けど、自己嫌悪を

「私を苦しめる敵だ!」

と悪者にしなくていいです。

 

自己嫌悪はただ…

怯えているだけです。

パニックになっているだけです。

 

謎の水が急にあふれてきて、

「どーしよう!どーしよう!!」

とパニックになっているだけです。

 

大丈夫だよ。

2リットルの水が倒れたんだよ。

今からボトルを立てるからね。

そして、水を拭いてあげようね。

 

と、安心させてあげることが

大事なんです。

 

すると、

「ああもう!

なんで自分はこう鈍くさいんだ!」

と自己嫌悪は起きませんよね。

 

パニックになっている

自己嫌悪ちゃんを

「怖いね、でも大丈夫だよ!」

と落ち着かせる。

 

これで、負のループを抜け出せます。

 

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

 

トップへ戻る