自分の動ける範囲だったら動ける?「動く習慣」の練習をしよう

スポンサーリンク

ギリギリまで動き出せない、ルイです。

 

すぐに動きたいんだけど…

でも、やっぱりすぐに動けなくて…

そんな自分が嫌になる…

 

そんな場合は

「動ける練習」

から初めてみるのも良いかも。

 

だって

「今日からでもいきなり動ける人」

になるのは、勇気がいるから。

 

 

すぐ動けない理由って多分…

  1. めんどくさい
  2. 怖い

の2つがミックスになっている。

 

動くと、

色々と頭を使わないといけない。

これって…すごく面倒。

だらだらしたい。

 

動くと、

なんか嫌な目に合うかもしれない。

そんなの、豆腐メンタルには厳しい。

動かなかったら、嫌なこと起きないから楽。

 

結果として

動かない

を選ぶんじゃないかって思う。

 

けど、すぐに動けない自分を責めだす。

動ければマシだけど、

動かなかったら更に自分を責める。

 

もうね…

すぐに動く自分を諦めよう。

 

けど悪あがきで、

まだいつもよりは

早く動けるようにする。

 

それが、動く練習。

 

「頭使うのめんどくさい」

⇒じゃあ、1分だけやる

 

「嫌な目に合うの嫌!」

⇒1分だけ耐えてくれ!

 

みたいな感じ。

 

「1分だけなら…」

って意外と動けたりする。

 

でも、

「たった1分じゃ何もできないよ…」

って思うかもしれない。

 

忘れないで。

これは、動く練習

 

ぶっちゃけ、時間はあんまり関係ない。

動きはじめるって事が

いっっっっっっちばん大変だから。

それを乗り越えたのです。

 

バリバリ動く自分は忘れましょう。

しんどいのに、動けた。

もう、動いただけで100点。

 

そうすれば、もしかしたら…

動ける時間もどんどん長くなって

いくかも…しれない。

 

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

 

トップへ戻る