イヤーマフは防音できない?他人の声じゃなくて自分の声を聞いてあげてほしい

スポンサーリンク

毎日ひとの生活音に苦しんでいる、ルイです。

 

音がストレスだから

イヤーマフで防音したけど…

結局ダメだった。

人間の声が聞こえる。

 

ショックだった。

せっかく声から

開放されると思ったのに。

 

けどこのショック…

自分の心の声

に耳を傾けた方が良い。

 

なぜなら、

怖くて怯え続けているから。

安心させてあげてほしいのだ。

 

 

音が聞こえると

身体がザワッとする。

自分が責められている気がする。

怒りがブワッと騒ぎ立てる。

 

とにかく嫌な感情が出てくる。

この感情が怖くてパニック。

悪化するとフラッシュバックが起きる。

 

自分のダメな部分を

リアルにイメージしてしまう。

これが辛くて仕方がない。

 

悲しくて、怖くて、辛くて…

音の張本人に怒りを向ける。

「お前さえ音を出さなければ!!」

 

これは実は……

自分への怒り。

 

「こんなに怖がっているのに

なんで助けてくれないの!?」

という、放置している自分への怒り。

 

自分が助けてくれないから

別のなにかに攻撃して、

この原因を作らせないようにする。

 

「あいつが悪い!自分は悪くない!」

と、恐怖から自分を守っている。

怒りで、行動してくれているんだ。

 

だから、

自分で自分を

安心させてあげてほしい。

 

よしよし、怖かったね。

バカにされている気がして辛いね。

と、ぎゅっと優しく抱きしめる。

 

いつでもそばにいるよ。

怖かったら言ってね。

 

そんな存在が側に居たら…

安心できるよね?

 

自分が恐怖の声を聞いてあげる。

それだけで、

「心配されている」と心が喜ぶ。

 

ついつい、

外の声・音に注目するかもしれない。

けど、自分の声は無視してる…かも。

 

心の叫び、無視しないであげて。

震えるアナタを助けてあげてほしい。

 

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

 

トップへ戻る