イヤーマフだけじゃ、やっぱ防音できねぇわ!根本的に勘違いしていた話

先日、「防音対策にイヤーマフ買ってみた」って記事を書きました。

イヤーマフで人の声の遮断・防音はできるのか?評判の良かったイヤーマフを買ってみた
私は、毎日音に悩まされている。 かれこれ、8年は悩んでいる。 音の被害って、本当に地獄だと思う。 ...

 

この結果を書こうかと。

最初に言っておく。

 

失敗した。失敗した。失敗した。

 

スポンサーリンク

防音されませんでした

はい。ダメでした。

安いやつ買ったから…とかいう問題でもなさそう。

実験してみた結果を書いていこう。

 

1番の目的「話し声防音」⇒ダメダメ

コレが一番の目的なので、ダメだったんだよ。

 

結構期待してたんだよ?

だって、話声っていっても、めちゃくちゃでかい音量じゃないのよ。

隣でもないし、でかい叫び声でもない。

 

私は2階、憎きやつは1階。

話し声も、正直遠くで何か話しているなぁ~ぐらいの音量。

 

だからさ、防音がすごいって聞くと、防音されると思うじゃん?

 

聞こえるんだよ。ぼそぼそと。

試しにイヤーマフを外してみると…たしかにちょっと聞こえづらくなってる?

 

そうじゃないんだよ。

私が求めているのは、完全無音なんだよ!

 

声が小さくなるって問題じゃないんだよ、

聞こえるってことが大問題なんだよ!!

 

ぶっちゃけ、イヤーマフつけてたら、頭痛くなんのよ!

コレは覚悟していたよ?無音になるなら我慢しようって。

けどさぁ、付けてても聞こえるじゃん?

 

それだったら、

リスクデカすぎだろうが!

 

ってなわけで、つけるのやめました。

 

ドアを開ける音⇒バリバリ聞こえる

まぁ、コレは覚悟していた。

部屋も扉一枚の薄さで、正直一番でかい音。

コレは消せないだろうと、最初から諦めていました。

 

想像通りに消せませんでした。

 

消せたらそれこそ幸せだろうが、ここまでは期待してなかった。

だから、ショックも薄かったです。

「消せたら儲けもの」ぐらいだったから。

 

階段を登る音⇒消えてる!

コレは予想外だった。

母の階段を登ってくる音が、完全に消えている。

 

ってか、それは意味が無いんだよ。

母の登ってくる音は、ストレス0なんで。

 

やつが階段を登ってくる音は、もともと無音なんだよ。

私にとっては超絶意味のない機能です、はい。

 

自転車の音⇒消えている

コレも意味ない。母専用だから。

母の帰宅の自転車の音はストレス0。

 

特に付ける理由が見当たらねぇ。

 

玄関・ふすまを閉める音⇒消えている!

コレも予想外。

全然聞こえません!

 

コレもストレスの1つなので、ちょっと嬉しい!

どっかに出かける音とか、すんげーストレスだから。

 

…しかし、活用性はほぼゼロである。

 

だって、玄関開けるたびに装着するのか?

いやいやいや、一瞬で終わるがな。

ってかそうじゃないだろう?

 

やつが外出する音を、事前に消すのが目的だろうが。

 

聞こえてから付けても、意味ねぇよ。

だって、外出したってことを知ることがストレスなんだから。

 

やつが居るときは、つけろって?

なら、やつが出かけた後も付け続けろってこと?

1日中これを付け続けろって?

 

さっきも書いたが、つけると頭が痛くなる。

 

長時間つけるのはムリだ。

つまり、イヤーマフは根本的に私にはあっていなかったのだ。

 

頭のしめつけ

さっきから何度も書いているが、とにかく締め付けられる。

頭のデカさ60cmは伊達じゃない。

 

あと、なんか体内の何かの音?が聞こえる感じ。

たぶん、胎児のときに聞く心音的な?あれかな?

というかあれだ、水の中に入っているとき!アレに近い!

 

ぶっちゃけ、地味に辛い。

 

重さ

重いって聞いたけど、う~んどうなんだろう?

自分的には、まぁ普通じゃないか…

っていうか、それ以外に頭の締め付けに意識が集中しちゃって、重さが飛んでるのかもw

 

結論

この前の記事でも書いたけど、私は身体に何かを身につけるのが苦手だ。

だから、いざつけようとなると「嫌だなぁ…」という感情が湧く。

 

ちょっとまて、

ストレスを減らすために買ったんじゃないのか?

なぜか、ストレスを増やす結果になってしまいました。

 

いや、最初からわかりきっていたこと。

でも、試してみなくちゃわかんなかった。

 

  • 完全無音
  • つけても頭痛くならない

 

これなら、何かを身につけるのが嫌な私でも、付けていると思う。

重さぐらいなら耐えられる。

しかし、頭が痛くなるのはリスクがでかい。

 

つまり、私にはあっていないのです。

 

そもそも完全無音はムリ

イヤーマフだけでは、完全無音は不可能。

今回のように、階段の登る音、玄関を開ける音を消したいっていうのならOK。

 

けど、そんなピンポイントなことでつけるか?

 

聞いた話によると、耳栓も併用すると完全無音を実現できるらしい。

試してみるの良いかもしれない。

 

けど、耳栓も身体に身につけるものなので、嫌な予感がするんだよなぁ。

 

ダメかどうかを試すのはいいかもね。

けど、頭の痛さはどうにもならんよなぁ。

 

今回の救いは、高いやつを買わなかったこと。

リスクが少なかったので、まだ気が楽だ。

 

1日中付けていても、大丈夫なイヤーマフとか無いだろうか…。

 

まぁ、一番いいのは、

「全く気にならないほど自信を持つ」ってことなんだが。

そこに労力を割いたほうが良さそうね…。

 

おわりに

はい、見事に失敗に終わりました。

外した後は正直、清々しいもんなぁ…。

 

別の方法を探すしか無いようです。

今回はいい勉強になったってことで、凹むなよ、オレよ。

 

本日の記事は35分で仕上げました。

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

怒り・劣等感
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る