集中力が続かない!長時間作業が苦手な方の”自分にあった”集中力を高める方法

スポンサーリンク

勉強でも、アフィリエイト活動でも、なんでも、

何かを行動するときの時間って、どうしていますか?

 

  • 「やる気を出して、できるところまで!」
  • 「○時間と決めて行動!」

などなど、

人それぞれの作業時間・やり方が色々あると思います。

 

けど、

「頑張ってみるけど、集中力が続かない…」

ということも、あるのではないでしょうか?

 

私も、「50分作業して、10分休憩を繰り返す!」

と言ったことに、挑戦したことがあったのですが…

残念ながら、長くは続きませんでした(汗)

 

今回は、わたしが試している、

「自分にあった」集中力がつく時間の探し方を、

ご紹介しようと思います。

 

少しでも「ピン!」と興味が出た方、

サラッと読んで、気に入ってみたら、

1つの参考にしてみてください。

 

私のように、

「長時間の作業が苦手」な方に合った方法かもしれません(笑)

 

 

スポンサーリンク

20分行動・20分休憩

私は今、

20分行動して、20分休憩する

といった活動方法をしています。

 

「人間の集中力は大体20分」

という情報が入ったので、試してみることにしました。

 

実は、今は実験中です(笑)

 

20分作業・20分休憩の効果

50分作業・10分休憩の方法は、私には合わなかった。

この方法を実践している方は、色々試して見つけたようなのです。

 

つまり、自分にあった方法は、

それぐらい色々試さないと見つからないってこと。

 

なら自分も、色々試してみようじゃないですか!

 

ってことで、

今度は20分作業・20休憩を試しているのでした。

試してみた所…今のところはいい感じです。

 

20分という短時間がやる気へとつながる!

というのも、50分作業・10分休憩は、

「作業を50分しないといけない」という縛りがありました。

なので、作業するまでの腰が重かったんです。

 

しかし、20分作業だと…

時間はあっという間なんです。

「えっ、もう終わり!?もうちょっとやってもいいかも…」と思うほど。

 

でも、20分でも「まだかな?」と時計を見ることが多い私ですが(笑)、

「あっ、あと10分だ!10分のうちにどれだけできるだろう!?」

と、なぜかやる気が出るんです(笑)

たぶん、時間があと少しだから、できることだと思うんです。

 

たとえば、マラソン大会でもうへとへとだけど、

「あと少しの距離でゴール!」という状況になると、

足が棒だったのに、なぜかちょっと早足とか出来たりしませんか?

あんな感じです(笑)

 

行動するハードルが下がる

そして、腰が軽くなるんです。

 

50分作業は時間が長いです。

「長時間作業しないといけない」と思うと「はぁ~、だる…」となるのです。

 

最悪、作業をしないこともありました(汗)

「始めだしたら50分頑張らないと…」と思うと、

なかなか手を付けられなかったんです(汗)

 

頑張って作業したとしても、10分しか休憩がない。

10分休憩したら「もうちょっとだけ…」が何度もありました(汗)

50分作業中は「早く時間にならないかな…」と何度も時計を見ました(笑)

そして残り40分と知ると…こりゃ気分も滅入る(笑)

 

しかし、20分だと、

「20分か…そんなに長くないし、20分作業したら20分休んでいいなら…やってみるか…」

と、ハードルが下がるのです。

これ、地味に良い効果だと思うんです!

 

長時間作業が苦手な方こそ、試してほしい

このように、私のように長時間作業が苦手な方は、

  1. 長時間縛られるのが辛い…
  2. 休憩がないと辛い…
  3. はじめるまでに腰が重くなる…

の大きな3大壁が立ち向かってくると思うのです。

 

コレを克服するのが、今回の20分作業・20分休憩。

  1. 20分は人間の集中力が増す時間
  2. 作業をするには意外と短く感じる20分
  3. チラチラ時計を見ても、残り時間の短さ(ゴール)に作業効率アップ?
  4. 頑張ったご褒美に、頑張った時間だけ同じ時間の休み
  5. 短い作業なので、はじめるハードルが低い

といった、素敵な特典がつきます(笑)

 

一度試してみて、自分にはちょっと長いかも?短いかも?

と、人それぞれあると思います。

そうしたら、時間を調節すれば良いんです。

1つの型にはまる必要なんてないんです。

 

道は1つではないんです。

いろいろと試してみてください。

  1. 自分にあった
  2. 自分が動きやすい時間帯

を見つけてくだされば、とても幸いです!

 

「失敗して凹む…」⇒大丈夫!別の成功への道を見つけただけ!

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

気づき
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る