ミスったらまずは自分を疑え!責任は全て自分のせいぐらいの勢いで

私はミスをするとまず、「私が間違っているはずがない!」と無意識に思う。

本当に無意識。

だから、何かのせいにしていると気付いていない。

 

人のせいにすると、逆に痛い目にあうって話。

 

スポンサーリンク

仕事でミスって言い訳したらしっぺ返し

「自分は完璧だ!」とでも思っているのだろうか?

ミスを指摘されるとものすごく焦る。

そして、全力で言い訳を考えている自分がいた。

 

結局、自分が間違っている事実が発覚すると、

今度は、言い訳した自分がより惨めな立場になる。

 

こうなったら悲惨である。

 

言い訳すると成長しない

悲しいかな、言い訳ばかりをすると、

自分の責任ではないと思ってしまう。

私は、何度もコレを繰り返してきた。

 

自分のせいじゃないんだから、改善しようとは思わない。

だって、私は何も悪くないんだから。

 

「そんなこと思っていない!」と思っていた。

けど、「じゃあなんで悪いと思ったら改善しようとしなかったの?」

と言われたら…何も言い返せない。

 

つまり、心の底では「私は悪くない」と思っていたのだろう。

それを認めるのが怖かったのだ。

 

同じことを繰り返すのだから、当然成長はできない。

一生、ミスをして誰かのせいにしてしまう可能性がある…。

私はそれが怖くて怖くて仕方がなかった。

 

人のミスを指摘するのが怖い

自分のミスを指摘されるのはもちろん一番恐ろしいが、

誰かのミスを自分が指摘するのも、かなり怖かった。

 

相手が傷つくってこともある。

けどそれ以上に、逆恨みされるのが怖かったのかもしれない。

 

だって、ミスって指摘されるのは誰でも嫌じゃないか?

それは自分が一番わかっている。

全力で言い訳とか考えたり、早口になったりして焦るから。

 

だから、何も言わずにスルーすることが多い。

しかし仕事では、指摘しないと進めないことも多々ある。

そしてそのミスが原因で、大事になったら最悪である。

「なぜ気付いていて言わなかった!」となる。

 

こうなったら、地獄である。

 

結局これは、自分の責任になってしまうのだ。

 

注意するときは慎重に

注意しないことで、こんなことが起きるのなら、

やんわりと注意する方法を取得しなくてはいけない。

 

まず、第一優先は「本当に間違っているのか?」確認。

だって、自分の勘違いだということが結構あるのだ。

 

ドヤ顔で「ここ間違ってますよw」なんて指摘して、

実は自分の勘違いだったってもんなら、

最悪の恥の可能性もある。

 

一歩間違えると、亀裂が入る可能性もある注意。

私はコレが怖いから、逃げるのだろう。

 

しかし、逃げるのは責任からも逃げるってことなんだろう。

 

ミスったら自分を疑う!

まじでコレ。

ミスしたら焦るけど、まずは自分の行動を疑おう。

 

私はリアルではなく、ネットで一人でキレることも多い。

「この説明、わかりにくいんだよ!」とか日常である。

 

けど、本当だろうか?

 

実は自分が見逃していただけで、

「ちゃんとわかり易い場所に記載されていた」

ってことなんて多々ある。

 

そのたびに、自分が恥ずかしくなる。

そして怖くなる。リアルだったら最悪だって。

 

癖みたいなものなんで、ふとした瞬間に出てくる。

リアルではいい子ぶっていても、

普段からコレだと無意識にしてしまうかも知れない。

 

 

最近は少しずつそう考えるようにしている。

すると、やはり「セーフ!」ということが多々あった。

「言わなくてよかった…自分のミスだった…」と何度思ったことかw

 

ミスを認めること、自分が間違っていたと認めることで、

やっと前にすすめるのかもしれない。

 

この記事は、約25分で仕上げました。

 

コンプレックスの塊で毎日、将来が不安で辛くて仕方がないあなたへ!

・コミュ障、対人恐怖症、超ネガティブ!
・自信がなさすぎる、自己嫌悪の塊
・逃げぐせが強くて、何やっても続かない
・この苦しみをなんとかしたいけどわかんない!
・生きづらい、将来が不安でしょうがない
・社会不適合者で働くのが辛い…

な私が、外に1歩も出ずに家で稼げる方法を身に着けました。
毎日の不安が消える秘訣をお伝えします。
あなたもぜひ、こちらの世界に来ませんか?

自分と向き合う
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る