WordPressプラグイン、タグの補助『AddQuicktag』を使ってみた!

プラグイン

WordPressに入れているプラグインのご紹介コーナー。

今回のプラグインは『AddQuicktag(アドクイックタグ)』です。

 

個人的に素晴らしいプラグイン率:★★★☆☆

3つ星レベルです!

 

スポンサーリンク

AddQuicktag(アドクイックタグ)とは?

テキスト(HTML)入力の強い味方!

手動でタグを入力しなくても、

登録するだけでボタン1つでタグが入力されます。

 

  • タグの英語を覚えなくても良い!
  • タグの打ち間違いで反映されない!?という事件が起きない!
  • 何より時間短縮、略して時短が大幅可能!

 

とまぁ、テキスト(HTML)入力をしている人にしたら、

神のようなプラグインです。

ビジュアル入力している方には、あまり恩恵がありません(笑)

HTML?なにそれおいしいの?

HTML作成ソフト「Dreamweaver(ドリームウィーバー)」があれば、自動で入力してくれますけどね。

 

WordPressにはこの素敵機能はないので、

プラグインに頼ろうというわけです。

 

プラグイン導入方法

では、実際にプラグインを入れましょう。

 

「AddQuicktag」インストール

adsense

WordPressのトップページの左バーの、

「プラグイン」にカーソルを合わせて、新規追加をクリック。

 

AddQuicktag

プラグインページが開きます。

  1. 右側のキーワードに「AddQuicktag」を入力(←をコピペすると楽です)
  2. 緑色の葉っぱの絵柄のものが「AddQuicktag」です
  3. ↑画像は有効になっていますが、「有効化」をクリック

 

これで、ひとまず「AddQuicktag」インストール完了です。

 

 

「AddQuicktag」設定

では、設定に入っていきましょう。

 

AddQuicktag

トップページの、設定にカーソルを合わせ、

「AddQuicktag」をクリック。

 

「AddQuicktag」の画面が開きます。

では、任意のタグを入力していきます。

 

AddQuicktag

 

1.タグ名

タグの名前を入力。例では「P(範囲の囲い)」タグですね。

 

2.ラベル名

タグ入力をする時のボタンの名前。重要!

分かりやすい&覚えやすい名前にしないと、「あのタグどれだっけ?」となります(笑)

 

3.開始タグ~終了タグ

実際に入力される開始タグ~終了タグです。

これを間違えると、

せっかく自動入力してもタグをして認識されません(笑)

 

頑張ったのに!反映されないとか、どういうことだよ!(怒)

と、密かにキレていたのはナイショです。

 

手入力ではあるある話。

<>も忘れずに入力してください。

例は、(開始)<p>、(終了)</p>。

 

入力が終わったら、

右側に大量のチェックボックスがあると思いますので、

一番右にチェックを入れる。

AddQuicktag

 

一通り完了したら、

一番下の方にある青いボタン「変更を保存」をクリック。

これにて、設定は完了です!

 

では、ちゃんと反映されているか、確認しましょう。

記事の投稿ページに移動してください。

AddQuicktag

右側の「テキスト」をクリック。

 

はい、ちゃんと「P」のボタンが追加されていますね!

これでこのボタンを押すと、あら不思議!タグが自動的に入力されるじゃありませんか!!
と、素敵な体験ができます(笑)

 

必要になったタグが出てきたら、

この流れでどんどん追加していくと、

素敵なテキスト入力ライフが送れます。

 

デメリット

あえて言うのなら、

タグボタンを増やし過ぎたら、

ごっちゃごちゃになって探すのが大変になります(汗)

 

それでも随分助けてくれるには違いないので、

ぜひお試しあれ♪

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

生きづらくて、人生詰みかけて辛かった私が…
自分を好きになり、かつ残酷な世界で戦える方法を伝えています。

WordPressの知識
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る