良い子ちゃんは悪?素直な自分と上手に向き合うには「話を聞く姿勢」が大切

スポンサーリンク

いつも良い子の仮面をかぶっている、ルイです。

 

「わがまま言っちゃダメだ」

「大人はこんなことしない」

 

社会は「大人」を求めてますよね。

皮肉って言うと、

良い子ちゃんを求めている。

 

「子供」のままだと

社会でやっていけないから

良い子の仮面をかぶる。

 

けど、

理屈でそれをやっていいけど

心までは良い子にならない方が

めちゃくちゃ楽です。

 

心までそれを強制すると

心が壊れかけるから。

 

 

私はいわゆる「良い子」で。

  • ワガママはダメ
  • 人に迷惑をかけてはダメ
  • 努力しなくちゃダメ

至上主義な考えをしていて。

 

風紀委員みたいな

優等生の考え

を大切にしていました。

 

けど心の底では

「そんなことめんどくさい」

って思っていたんです。

 

だから心の中では

常に争いが起きていて。

 

「めんどくさい~!」

と思ったら、

「そんなこと思ったらダメ!頑張れ!」

ってすぐに注意が飛んでくる。

 

そして常にワガママな自分を

「こいつ、本当にバカだな。

自分が正しく導いてやらないと」

って思っていました。

 

自分を見下してたんです。

 

「自分を見下してくる人」

こんな人、どう思いますか?

私は大っきらいです。

 

だから、

良い子な自分が嫌いで。

「バカにして!優等生ぶりやがって!」

って反発しまくってました。

 

そのたびに

良い子な自分が説教してくる。

これの繰り返しなんです。

 

そうなんです。

良い子の自分って実は…

「わがままな悪い?自分」を

無意識に見下していたのです。

 

 

けど、バカにせずに

ワガママな自分の声を

説教せずにただ聞いてみると…

 

なぜか泣いてしまった。

 

バカにされて悲しかった。

腹が立った。

話を聞いてくれなくて寂しかった。

 

かまってくれて嬉しかった。

 

「バカにせずに話を聞いてくれた」

怒らず、優しく聞いてあげる。

ただ、それだけで良かったんです。

 

そうするとなぜか…

心が自然と味方してくれたりする。

 

「あーしろ!こーしろ!」

って無理やり良い子を強制すると…

 

心にも心なりの意見がある。

自分の意見を全く聞きもせずに

いきなり消されるのは嫌なんです。

 

心まで良い子ちゃんを

強制しなくても大丈夫。

自由にさせていい。

 

心の中だけのことなら

いくらでも自由で大丈夫です。

 

自分が味方になってあげると

心も味方になって返してくれます。

 

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

 

トップへ戻る