なぜせっかちになってしまうのか?短気になると視野が狭くなる!?

スポンサーリンク

短気でイライラしがちな、ルイです。

 

「上手く行かなくてイライラする!」

 

せっかちだと

上手く行かない出来事に

イライラしてしまうかもしれない。

 

そんな時は…

ゆっくり行っても良いよ

丁寧にすると上手くいくよ

という道も許すことが大事かも。

 

じゃないと

イライラを繰り返して

何もかも嫌になっちゃうから。

 

 

早く結果を得るために

急ぐのもいいけど…

急ぎが尖りすぎると焦りになる。

 

焦りになると

イライラになる。

こうなると、大変です。

 

いつまで経っても

ゴールにたどり着けない。

そんな現実にイライラ。

 

たどり着けない現実に腹が立つ!

鈍くさい自分にも腹が立つ!

 

自己嫌悪が始まって…

心が壊れはじめます。

 

私が思うに、

短気になるって…

「ゴールだけしか見えない」

状態だと思うのです。

 

ゴールという100点に

たどり着けない限り

今の自分の0点しか見えない。

 

0点なダメな自分が情けない。

バカにされるのが怖い。

 

「だから急がないといけない!」

と自分を脅している。

 

ゆっくり行くなんて許さない。

寄り道なんて許さない。

「急ぐ道しか許していない」

のかもしれない。

 

前になかなか進めない。

怒られるから後ろにも引けない。

どこにも逃げ道がなくなる。

どんどん不安が強くなる。

 

急ぐのも良いことはあるけど

行き過ぎると心を壊す。

 

だから、

「早く行け!!」

という自分をなんとかする必要がある。

 

「早く行かないと怖い目に合う」

 

にしか目が行っていない自分に

まず、気づいてあげる必要が…

あるのかもしれない。

 

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

 

トップへ戻る