自己啓発が嫌いになっている理由をふりかえってみる5~私が自己啓発に求めているもの~

スポンサーリンク

想像以上に長くなった、

前回の「自己啓発を実行しない理由」

 

そこで見えてきたもの。

いつものごとく長くなるのでぶっちゃけるが、

私は肯定がほしいのではないか?と思ったのだ。

 

そ子に至るまでの検証をやってみる。

 

思ったことを、ありのままに話す。

 

スポンサーリンク

私が自己啓発に求めているもの

自己啓発を始めたのは、

一番最初に書いた記事に書きましたが、

 

こんな自分が嫌だから。

このままだと、将来お先真っ暗だから。

 

そして、

同じような状況の人でも変わった人を見て、

可能性を感じたから始めた自己啓発。

 

なので、

自己啓発をして自分を変えることが目的。

 

……だと思うんですよね。

だけど、なぜか変わらない。

 

なぜ変わらない?

違いますよね?わかっていますよね?

 

本当は変わりたいとみじんも思っていない。

 

変わりたくないが問題?

いや、みじんも変わりたくないといったら嘘になる。

このままだとヤバイと思うのは本当。

だから「なんとかせねば!」という気持ちだけはある。

 

そう、気持ちだけはあるのだ。

 

コレがいわゆる、口だけの人ってやつじゃないか?

と自分を責めても、何も生まれない。

 

ここで注目するのは、

変わりたくないという部分である。

 

このままじゃダメだとわかっているのに、

変わりたくないと思っている。なぜか?

 

  • 変わるためには行動が必要=めんどくさい
  • 変わるためには行動が必要=リスクが怖い

 

うん、変わるためには、

今までとは違う行動・思考をする必要がある。

いつもと同じ行動で変わるはずがない。

 

しかし正直、辛い。

 

そもそも人間は、変化を恐れる生き物。

その本質をぶっ壊しながら突き進むのは、かなりの労力である。

 

だから、

「小さなことをチャレンジしていくという」

(小さな変化だと、変化を拒絶する脳を騙しやすいらしい)

解消法があるのだが…正直、難しい。

 

だってそもそも、

挑戦するという言葉を聞くだけ、嫌悪感が走るのだから。

 

挑戦=超絶めんどくさい&リスクを受ける

 

という未来を一瞬でイメージする。

イメージが苦手なのに、こんなイメージは朝飯前である。

 

めんどくさいはまだ良いとして、

問題はリスクである。

 

私はとにかく、

「傷つきたくない!傷つくぐらいなら何もしない!」

と思い、逃げてしまう。ってか今までの人生がコレ。

 

そう、挑戦というキーワードは、

ダメ人生を思い出してしまう引き金にもなっている。

ダメな自分を認めたくない、見たくないのだ。

 

そして挑戦したとしても、すぐに諦める。

1回でも躓こうものなら、

「ああ、やっぱり私はダメだ、屑だ、人生逆転なんて不可能だ…」

と、ネガティブのドツボにはまってしまう。

 

今まで散々、自己啓発系で、

「失敗した回数が多いほど成功する」

と聞いてきた。

 

しかし私は、失敗を何度も受け止められる器がなかった。

1度でも失敗しようものなら、全力で自分を責めるからだ。

「失敗=人生の汚点」がどうしても抜けない。

 

ごっちゃごっちゃ考えて、結局諦める。

諦める理由を考えるのは、天才的にうまい。

 

ってか、今書いていてイライラするほどだ。

そう、このイライラも問題である。

 

失敗する→凹む全力で批判&説教が始まる

 

おそらく、これにパワーを奪われている。

成功者は失敗のあとに、改善点を考えるという。

 

しかし私は、全力で自分を責める方に意識を向ける。

習慣(クセ)になっているというのもあるし、

ダメな自分を責めることで優越感に浸っている自分がいる。

 

変な話、自分で自分を見下している。

 

もう意味がわからん。

 

だめだ、ちょっとエネルギー使いすぎた。

ここはちょっと保留にしよう。

それに、どんどん脱線している。

また時間を開けて、見てみようと思う。

 

とにかく、

変わりたくない何か大きな理由がある

ということである。

 

読んでいると腹が立ってくる自己啓発

実は、最初は楽しかったというものが結構多い。

 

情報商材は、超長文なのに読んでしまう。

「コレで人生が変わるんだ!」という期待と、

「そう!そうなんだ!」と上手に悩みを共感させる文面。

 

そうなのだ。

見事なコピーライティングにのめり込んでいる。

 

自己啓発の本のタイトルは、

ものすごくシンプルで、ものすごく惹かれる。

 

ネットショッピングでもそうだ。

「こんなことでお困りではないですか?」

「そんなお悩みをコレでぱぱっと解決!」

「限定●名様!」「限定30分特別価格!」

といった、上手な流れ。

 

最初に、悩みをちらつかせて、

「そうそうそう!」と共感させる。

そして、その悩みを解決できるものが目の前にある。

早く買わないと、2度と手に入らないかもしれない。

 

そりゃ買うだろう。

 

こうやって見てみると、上手に作ってるなと思う。

 

とにかく自己啓発系は、買わせるまでの流れが上手。

そして、買うまでが実は一番ワクワクする。

「コレで人生が変わる!」となぜかムダな自信があふれる。

 

そして、最初の方は、

共感できる「こんな悩み、あんな悩み」が書かれる。

これ、買う前の説明文と同じような内容。

「いやそれもう聞いたから…」となってくる。

 

そして、変わるための実践方法。

読んでいるとものすごく不快になってくる。

  • 「悪口を言わない」
  • 「嫌いな相手を許す」
  • 「自分の良い所を探す」

とにかく色々見てきたが、

どれもこれも、ものすごく違和感が出てくる。

 

そして、

「コレは私には合わなかった」

となかったコトにするか、実践しても続かない。

 

これは、さっきの「変わりたくない」が関わってくる。

そう、変わりたくないのだ。

変わりたくなかったんだよ。

 

私は、

「私は変ではない」

と言ってほしかったのだ。

 

「私は苦しんでいる」

と知ってほしかったのだ。

 

自己啓発は変化を与える方法。

しかし私が本当に望んでいるのは、

「全肯定」だと思いはじめた。

 

 

長くなったの続く。

自己啓発本を読むのって自分を理解してほしいからかも?
なんかさ…自己啓発を読んでも読んでも、 何も変わらないんだよね。 「実行していないから!」 っていうのは今は置いておいて、 そもそも、なぜ自己啓発本を読むのか? 「今の人生を変えたいから」 ...

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

自分と向き合う
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る