仕事のミスを人のせいにしてしまった…ミスが怖い…愚痴を吐いてしまう…ミスの対策を考えられない理由

前回は、忙しい日々を過ごして余裕がなく

仕事でミスを連発してしまい…

そして、それを乗り越えたところまでお話しました。

前回のくわしいお話

 

今回は、

  • ミスをした時、自分は一体どんな行動をしているのか?
  • なぜ愚痴ってしまうのか?

と言ったことを、観察&考察していきます。

 

スポンサーリンク

私がミスをした後に取った行動

ミスをしている状態を振り返ってみると…

ふと思ったんです。

 

私はミスをすると

「自分は悪くない!」

という言い訳をしていると。

そして、罪を相手のせいにしていると。

 

今までの私は…

ミスをする度に同じことを繰り返していたんです。

しかも、相手によって2種類の方法がありました。

 

○やんわり注意

  1. ミスする
  2. やんわり注意される
  3. 焦って謝る(心の中では言い訳が始まる)
  4. とても恥ずかしい、申し訳ない、怖い!
  5. ミスした自分を自己嫌悪、責める…
  6. 何も対策していないのでミスを繰り返す

 

●きつい注意

  1. ミスする
  2. きつく注意されてオロオロする(ショック)
  3. 「こいつは敵だ!」と相手に怒りを感じる
  4. 「すみません…」と一応謝る
  5. 相手をこてんぱんにする妄想に取り憑かれる(言えないから)
  6. 何も対策していないのでミスを繰り返す

 

相手をこてんぱんにするのは

1時間ぐらい想像していたこともあります。

これでいい気分になって、自分を守ってるつもりなのですよね…。

 

けどその度に私は思っていたんです。

ルイ
ルイ

なんて器の小さいことをしているんだろう

そんな考えをしてしまう自分が嫌になって。

 

やんわり注意されても

ミスをしてしまうと言い訳ばかり考えてしまって。

 

ルイ
ルイ

今日は調子が悪かったんです!!

(そもそもあの人が、こうしてくれたらよかったのに!)

とか何かのせいにしたりする。

愚痴を言ったりね。

 

ミスを繰り返す理由

でもそれって何も変わらないんです。

 

愚痴を言って

「私は悪くない!」

と言ったことを証明すると、それで終わり。

 

でもそれって実は反省していないんです。

ミスをするということは

「何か問題があった」からミスをするという事。

もちろん、ケアレスミスなどもあるんですけれども。

 

「何かやり方に問題がある」

という可能性もあるんですね。

やってみて予想外なできごとだったりとかもね。

 

なので

「ミスで絶対に言い訳や愚痴はNG!」

とは言わないけれども…

 

とりあえず愚痴ったら

「次はどうやったらミスをしないで済むか?」

といったことを考える必要があったのです。

 

じゃないと

また同じことを繰り返しちゃうんですよ。

実際私はミスを何度も繰り返すやつなんです(汗)

 

それって単純に考えてみると

反省して次の対策を考えていないから

なんですね。

 

愚痴の目的

頭ではその仕組が分かっているんです。

けどまず、自分の気持ちをなんとかしたいことに必死で。

「ミスした私はダメだ!」と傷つくことから守っているのですね。

(癖で無意識に「ミス=ダメ人間」と考えてしまう)

 

つまり愚痴って…

「自分の感情を守るための応急処置」

みたいなものなんじゃないかなって思ったんです。

 

意味は分かっていたんです。

本とかでもよく載ってるし。

ルイ
ルイ

あーそれ知ってる知ってる

とは思っていたんです。

 

けれどもこれ

「知ってるよ」ってやつですよね。

 

でも本当は、わかっていなかったんです。

知識だけで「知っているよ」だったんです。

本当の意味では理解していなかった。

 

自分で体験して初めて分かるんです。

 

人から聞いただけの知識って

結局はすり抜けちゃってるんです。

自分で体験して初めて身につくっていうのかな?

 

もちろん、参考材料として知識を蓄えるのは大事なこと。

けど、記憶の定着率が低いんです。

それこそ、何度も何度もアウトプットでもしたらまだ良いのですが。

なにかしらアクション・体験しないと、本当の意味で覚えられない。

 

ドラマや漫画の登場人物が体験している所に共感するけど

数時間後には忘れている、みたいな。

やっぱり、どこか他人事だったりしたり。

 

これに気づけただけでも、成功なのかも。

愚痴は「助けてほしい」っていう私のSOSなんですね。

まずはそれができて、初めてミス対策ができるのかもしれません。

 

まずは自分を助ける

「言い訳してもいいよ」

って自分に声をかけてあげると

違う道が見えるかもしれませんね。

 

厳しいあなただからこそ、自分を許してあげてほしい。

「今まで甘ったれていたから厳しくしているのに!

それだとまた甘えてしまう!」

とか思っても大丈夫。

 

ゆっくりと「ほんとうの意味で」自分に優しくなれるように。

コツコツです。

 

おわりに

長々とお疲れ様でした。

 

話をまとめますと…

  • 余裕がないときに頑張りすぎるとミスが多くなる
  • 見返りが欲しくて頑張っても逆に仇となる
  • ミスすると自分を守るために言い訳・相手のせいにする
  • 愚痴も自分を守るための行動、SOS信号
  • 対策を考えられなかったらまずは自分を守ることから始めよう

といったところです。

 

自分に当てはめてみて、考えてみてくださいね。

そうすると、リアリティが増しますので。

 

けど、無理しない程度で止めてくださいね。

ちょびっとだけ頑張ってみて、辛くなってきたら

一旦止めてくださいね。

 

 

忙しすぎて辛かったのですが…

こういった事に気づけたのは、大きな収穫でした。

気づけた後には、どうやって活かすか?

今度はこれが課題になってきます。

 

あせらず、コツコツと自分を向き合いましょう♪

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

生きづらくて、人生詰みかけて辛かった私が…
自分を好きになり、かつ残酷な世界で戦える方法を伝えています。

怒り・劣等感
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る