「早く結果を出さなくては!」と焦っちゃうアナタへ。頑張りすぎ注意報の警報アラーム無視してませんか?

スポンサーリンク

結果が全て!気味な、ルイです。

 

「早く結果を出したい!」

と焦っちゃうかもしれない。

その結果、頑張りすぎて倒れるかもしれない。

 

それなら…

急がば回れ

を試しても良いのかもしれません。

 

少なくとも

「燃え尽きて倒れる」

からは逃れられるから。

 

 

「早く結果を出したいから

一気に頑張る!」

 

けど、実はこれは…

茨の道だったりします。

 

  • 近道だけど、ケガするかもしれない獣道
  • 時間がかかるけど、平穏な道

 

これの

「獣道」を選んでいるから。

 

これって意外と

日常でも起きています。

 

例えば、夏休みの宿題。

毎日コツコツやっていれば

余裕を持って終えられますよね。

 

けど、

「面倒だし…

最終日に一気にやればいいか!」

と、一気にすると?

 

それはもう、

休む暇なく追いつめられて…

辛いんですよ…。

(毎年繰り返して地獄見てました;)

 

確かに、

1日だけ耐えれば

なんとかなるかもしれない。

結果も早く出せるかもしれない。

 

けど、毎回毎回

獣道を選ぶのって…

辛いんですよ。

 

いざ動こうとしても

なかなか動けなくもなります。

 

もう、

「少しずつ動く」

って選択肢が消えちゃってる。

「一気に動く」しかない。

 

だから

「また、あの獣道を通るのか…」

とイメージして動けなくなる。

 

頑張って獣道を進めても、

きつく、耐えられなくて

もう諦めちゃうかもしれない。

 

こんなことが続くと

「もう、動くのやだ!」

となりかねません。

 

これってもしかしたら…

「私にはこの道はキツイよ!」

と教えてくれているのかもしれません。

 

早く結果を出せるのは

すごく良いこと。

獣道をくぐり抜けてかっこいい。

 

けど、リクスも忘れないで。

 

「近道を通って燃え尽きた…」

というケガを背負うことも

あるかもしれない。

 

「すっごく辛かったんだ!」

と伝えても、

見ていないから誰もわからない。

 

「あの人は結果をすぐ出せる」

と期待されちゃって…

毎回、獣道を行かされることを

強制されるかもしれない。

 

それなら、

時間はかかるけど

楽な道を選ぶのも…

悪くないかもしれません。

 

獣道を行こうが、

平穏な回り道を行こうが…

ゴールって一緒なんです。

 

「とにかく挫折せずに

ゴールに辿り着けたらOK!」

というのなら。

 

たまにはゆっくりと

回り道でもいいのでは

ないでしょうか?

 

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

 

トップへ戻る