アニメ魔法使いの嫁22話から見た「過去との向き合い方」

アニメ魔法使いの嫁22話を見た。

主人公チセの過去のトラウマを見るというもの。

どんな結果になるのか、少しに気なっていたのだが…

 

まさか、すんなりと克服している。

(完全克服ってわけではないが)

 

ちょっと思うところがあったので、感想を書いてみる。

 

スポンサーリンク

どうやって克服したのか?

客観視、じゃないかなって思う。

あと、自分のものさしが増えたってところ。

 

母親に首を絞められたことは事実。

普通ならこんなことをされたら、

「自分は死ぬほど嫌われている!」

って思うのは当然だろう。

 

けど、その考え方を止めた。

 

「なぜ最後までやらなかったのか?」

というチセのセリフが出てきていた。

 

思考がそこに行ったのだ。

母親の行動の疑問に視点が行った。

そして、この記憶は私の作ったお母さんとまで言っている。

 

客観視&自信の威力

たぶん、

「母親の頑張っている姿を見たから」

ってのも大きいと思う。

 

シングルマザーで、トラブルに会いながらも、

必死に働いてチセを養ってくれた。

「疲れたんだ」と言うのもどこか納得できる。

 

けど、実際にそう受け止められるのは、

チセが成長しているからに違いないと思う。

 

だって、首を絞められたことは事実だし。

そのせいで長く苦しんできたんだし。

「お前も苦しかったのかも知れないけど、私は死にかけたんだ!」

って怒ってもおかしくないと思う。

 

実際、母親は自らの手で生を終える形になったのだが…。

(あれは少し唐突すぎたような気もしたが。

苦しめたからこそ、逃げずに生きるべきだったのでは?と。

やっぱり母親は逃げたかったのだろうか?)

 

まぁ、その結果がチセの

「許さないよ」ってセリフなんだろう。

 

それも、チセが成長できたからこそ、言えたセリフ。

やさしい「許さないよ」だったから。

(憎しみで笑顔で許さないよだったら、より怖いけどw)

 

エリアスたちと出会って、

ネヴィンに自分のしてきたことを思い出させてくれて。

(実際、いろいろ動けたから良かったんだが)

 

少しずつ、自分に自信を持てたから、

デキたことだろうなと思った。

 

弱い状態でトラウマを見ても乗り越えられない?

同時に大きなトラウマは、

「弱い状態で見つめても、受け止めきれないのでは?」

とも思った。

 

よく、

「過去を乗り越えるには、過去と向き合う」

とか言うけど、

正直それって無謀だと思う。

 

だって、弱い状態で見つめても、

「はぁ、やっぱり自分ってダメだなぁ…」

ってダメな自分を再確認しちゃうだけだと。

 

むしろ、逆に悪化すると思う。

 

だから、自信を少しつけた状態とか、

視野を広げる必要が、まずあると思うんだよねぇ。

 

それか、本当に信頼できる人に一緒に見てもらって、

冷静な第三者(客観視)判断をもらうとか。

(これがカウンセリングの力だと思う)

 

まぁこれも、自分が心から思えなかったら、

「違う!」と拒絶して終わると思うがw

だからカウンセリングで完全克服は難しいのだと思う。

 

結局、自分を助けられるのは他人ではなく、

自分だけなんだから。

 

自分を助ける知識を、まず手に入れた方がいいのかも?

 

RPGで言うところのレベル上げ&装備の準備だ。

知識という装備品を強化して、ちょっとしたことに挑戦してみる。

そして経験値を積んで、ボス(トラウマ)に挑戦する。

 

こうやって、過去の自分と向き合っていくのだろうか?

 

強くなるとは?

チセの最大級のトラウマを乗り越えたわけだが…。

1話冒頭であんなに落ち込んでいたのに、

こんなデカイトラウマまで乗り越えるってかなりのことだと思う。

 

同時に、希望まで持たせてくれると思う。

 

私は、ダメ人間からどんどん挑戦して、

最後には立派に成長していく物語が好きなのだが…。

 

それって、自分の人生が好転しているような気がするからだと思う。

ダメ人間でも、いい人生を送れるようになるんだ!と。

 

自分にできることが増えて、どんどん挑戦して。

たとえ失敗したとしても、次はやってみせる!とまた立ち向かえる。

私は、それが強くなるってことだと思う。

 

最初はほんの小さな挑戦から。

そして、徐々に大きなことに挑戦できるようになる。

そうやって、大きなトラウマとも向き合えるようになるんじゃないかって。

 

映画とかだと、時間の尺的に急展開スピードで成長するが、

そうやって、成長していく物語ってやっぱりいいなって。

 

強くなるって、自信を取り戻すことじゃないかなって思った。

自信って元々あるみたいだし。

それが大人になるについて、曇っていくって。

 

希望を失った自分に、希望をもたせる。

これが、自身を取り戻す、強くなる方法じゃないかなって思った。

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

日記
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る