なぜ仕事でミスをして言い訳をするのか?改善方法を考えないのか?言い訳ばかりする人の心理

仕事とかでミスをすると、ついつい言い訳しませんか?

「調子が悪かったから!いつもはできるんだけど」

「●●さんが●●をしなかったら…」

とか、誰かや環境や何かしらに言い訳を始めます。

 

自分は悪くないと。

 

言い訳された方は、どんな気持ちになるのか?

言い訳すると、自分の立場はどうなるのか?

なぜミスを反省して改善策を立てないのか?

 

色々疑問に感じたので、自分の状態を観察します。

 

※注意※すごく取り留めのない会話が続きます

 

スポンサーリンク

ミスの言い訳すると余計に泥沼化する

ミスをしてしまうと…

どうしても言い訳をしてしまう

って人、結構多いと思うんです。

 

  • 恥ずかしい
  • 自分を下に見られるのが怖い

などなどが理由で、ついつい言い訳をしちゃう。

 

でも、言い訳された方からすると…

悲しいかな、そんなことはいらないわけで。

 

例えば、上司の立場で言い訳をされていたとすると…

「そんな言い訳はいいから!

 早くそのミスを改善するために仕事してくれ!」

と思うわけですよね?

 

でも延々と言い訳ばかりして、

何もしなかったら…

上司は、腹が立ちます。

 

繰り返せば繰り返すほど底に沈む

ここで1番大事なことは

「言い訳をする」のではなく、

「今すぐそのミスをカバー」する

といったことが大切なんですけれども…

 

そこに目がいきません

 

そんなことを繰り返していると…

その人の評判がどんどん下がっていきます。

「あの人は言い訳ばかりして、全く仕事のできない人だ」

とかね。

 

その言い訳している姿を見ている第三者からしても

「あの人は言い訳ばかりだ」

と言った印象にしか映らない可能性が高いです。

 

「そんなこと言ってる暇があったら、早く仕事に戻ればいいのに」

とか、そんなことを思われている可能性が高いです。

上司と同じような考えの人が多いでしょうね。

 

ほとんどの人は言い訳に厳しい

こうやって見てみると…

私は自分のことしか考えていなかったんですけれども…

上司などの相手の立場になって考えてみると、

言い訳をする人って、ものすごく腹が立つんですね…。

 

もちろん、器の広い人は

そうそう簡単には腹を立てないと思うんですけれども。

なかなかそういう人って…少ないですよね。

(私が知る限りでは)

 

なぜ言い訳に必死になるのか?

しかし、ミスをした当の本人は…

言い訳することに必死です。

 

なぜ必死なのか?と言うと…

自分の立場が低く見下される!!

といった不安にしか目が行っていないんですよね。

 

そう、不安なのです。

 

相手の事なんて考えてる余裕なんてありません。

目の前の「自分はバカじゃない!」

と言ったことを知らしめることに、必死なんです。

(悲しいことに、逆効果なのですが…)

 

ここでなんとなく分かってくると思うんですけれども

言い訳にしか、目が入っていない状態なんです。

とにかく、「ダメな自分と思われるのが怖い」のです。

 

改善策なんて考えてないんですよ。

と言うか、考える余裕なんてない。

自分の中にある恐怖を、何とかするので精一杯なんです。

 

余裕がない状態とは?

仕事が忙しい時に

「ねぇねぇこれ教えて!」なんて聞かれてしまうと…

「ちょっと待って!今こっちの問題でいっぱいいっぱいだから!」

って思っちゃいますよね?

 

それこそ、クレーム対処中とかだったら…

余計に焦ってしまい、イライラしてる状態でもあると思います。

 

そんな時に悪気はなく質問しされも、

質問した人に罪はないんですけれども…

(空気を読めなかった罪は省く)

もしかしたら、その人に当たってしまうかもしれません。

 

しかし、そのクレーム対処が終わった後で質問すると?

イライラはしていませんよね?(無事に解決したら)

それは、目の前の問題の仕事がなくなっている状態だからです。

心に余裕があるんですね。

 

他の例だと…

お腹が空いている状態に

「フルマラソンを走れ!」

とか言われても腹が立ちますよね?

 

だから人間まずは

目の前のことをまずは何とかしなくちゃいけないわけで。

 

改善策が考えられるようになるには?

先に先に考えれる人は、

たぶん、それに慣れている訓練をしているのです。

あとは経験してきたとか。

メンタルが鋼とか。

 

しかし、それが慣れていない状態で

いきなり改善策を考えるなんて言われても…

目の前の自分の感情を制御することで精一杯なんです。

 

だからまずは、

その自分との感情を何とかしなくちゃいけないのですよね。

 

改善策を考えるのは大事です。

けれども、感情を何とかする方が大事です。

 

だって「改善策を考えなくっちゃ!」って思っていても

「どうして私はこんなにダメなんだろう…」

って思考がすぐに言っちゃうんですから。

感情の問題を解決できていないってことなんですよ。

 

まずはその、

自分の不安をなんとか和らげる方法

が必要なんですよ。

 

ちょっと長くなったの続きます。

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

怒り・劣等感
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る