なぜ仕事でミスをして言い訳をするのか?改善方法を考えないのか?言い訳ばかりしちゃう心理

スポンサーリンク

言い訳が大得意な、ルイです。

 

仕事でミスすると、

ついつい言い訳が出てしまう…。

 

なぜ言い訳するのか?

それは…

心が弱っているから。

 

弱っている心を

「必死に守ろう」と

しているだけなんです。

 

この記事では

  • 自分の心を守る流れ
  • どうすれば必死に心を守らなくなる?

といったことをお話します。

 

弱った心が

少しでも楽になりますように…。

 

スポンサーリンク

心の部分に注目しよう

まず最初に、

必死に心を守らなくなる方法を。

 

仕事をミスして…

  • 怒られる
  • バカだと思われる

と怯えている心に

注目してあげてください。

 

そして、

「怖いね、よしよし」

と怯えている自分を

慰めて落ち着かせてあげてください。

 

ネガティブな部分にしか目が行かない

ミスした人は怯えています。

 

仕事でミスをする

=怒られる、バカだと思われる

 

言い訳をする人は

この考えだけに

頭が行っているのだと思います。

 

例えミスを指摘した人が

別にその人をバカにするでもなく

軽く「ミスしてたよ」と

教えただけでも…

 

当の本人は

「バカだと思われた!」

一択なんです。

 

怒られるのって…

嫌ですよね。

バカだと思われるから。

 

バカにされるのって…

嫌ですよね。

怖いですよね。

 

「バカ」のポジションになったら…

「コイツ仕事できないやつ」

に見られてしまうかもしれない。

 

その結果…

職場の人に見下されるかもしれない。

「仕事ができないやつ」

とクビになるかもしれない。

 

などなど、

恐怖の妄想はどんどんふくらみます。

 

その怯えすぎた結果

「バカにされたくない!」

と、言い訳を始めます。

 

言い訳は

「自分を守る鎧」なんです。

 

けど、

鎧を着なくて済む方法

があります。

 

それが、

怯えている自分を慰める。

 

意識して落ち着かせてあげる

  1. 仕事でミスする
  2. (バカにされる!怖い)
  3. (自分を守るため)言い訳する

 

この流れは

2の「バカにされる」で

言い訳スイッチが入っています。

 

「バカにされる!怖い」

で頭がいっぱいいっぱいです。

 

なのでここで

「意識して」

自分を守る必要が出てきます。

 

まずは、

怯えている自分の感情

注目してあげること。

 

そして、

そんな怯えている自分を

慰めること

 

今までは自分を守る方法が

わかりませんでした。

 

自動的に

「バカにされるに⇒言い訳」

意識が行っていました。

 

わからなかったのですから

こればかりは仕方ありません。

 

けど、

「自分を守る方法」

を知りましたよね。

 

「怯えている自分がいる!」

に意識を向けてあげる。

 

そばに行って

「怖いね」

と優しく寄り添ってあげる。

 

パニックになっている自分を

「怖いね、大丈夫だよ」

と安心させてあげる。

 

これが

「言い訳スイッチ」を

入れないためのコツです。

 

「ほらっ!

ミスしたからバカにされるぞ!

みんなに無能と思われるぞ~!」

と自分をあおるのか。

 

「バカにされるのが怖いんだね。

よしよし、辛いね。苦しいね。

大丈夫、何があっても側にいるよ」

と自分に寄り添うのか。

 

どちらを選ぶかで

結果って変わってきますよね。

 

事実に目を向けるのではなく

心に目を向けてあげてください。

 

鎧を着る前に自分を守ってあげる

まずは

怯えている自分を見つける。

そして寄り添って慰める。

 

これが出来るようになれば…

きっと言い訳スイッチの数も

減ってくると思います。

 

まとめ

  • 事実ではなく自分の心に注目して寄り添う
  • 頭の中では「バカにされる」でいっぱいになっている
  • 意識して自分を守ってあげよう!

 

まずは、

「気づく」ことが大事です。

「ミスをして怖いと思っている!」

と客観的になる練習。

 

いきなりは無理かもしれません。

けど何度も何度も繰り返すと…

きっと出来るようになります。

 

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

 

トップへ戻る