自分に信頼されていないと自分を全力で邪魔する

よくね、自己啓発本を買うとね、

「頑張ろう!」って最初はなるのね。

 

けどね、読んでるとね、

「実行すると変わる?ぜってぇやりたくねぇ!」

ってなるのね。

 

そっから、天使と悪魔が大喧嘩はじめんのね。

 

「なんで、がんばれないの!?」

「うるせぇ!いいコぶってんじゃねぇ!」

 

実行して頑張れば、結果は良くなるってわかっているはずなのに。

なんで悪魔(仮)はこんなに邪魔するのか、理解不能だった。

 

しかし、よくよく考えると、

「なんでお前のために、頑張らなくちゃいけねぇんだよ!」

とブチキレている姿が見えた。

 

そうなのだ。

悪魔(仮)は、

自分を蔑ろにされてブチ切れていたのだ。

 

今日はそのことについて語っていく。

 

スポンサーリンク

「悪魔は害悪でしかない!」天使の主張

「こいつがいるせいで、私は苦しい!」

とまぁ、天使(仮)……

 

…ってもう

(仮)っていちいち書くのめんどくさいので、

もう(仮)書かない!

 

  • 天使(仮)→天使
  • 悪魔(仮)→悪魔

 

天使は、とにかく悪魔がだいっきらいである。

 

こいつのせいで、人生真っ暗になった。

こいつのせいで、成長しようと思っても成長できない。

 

こいつがいるせいで、

何もかもうまくいかない!!

 

悪魔の存在、全否定である。

 

なにか努力しようと天使が頑張りだすと、

「はいはいはいはい、どうせ続きませんんからw」

「いや、お前が頑張ったって無駄無駄無駄ァァァww」

と瞬間湯沸かし器のごとく、悪魔ツッコミが入る。

 

いいかげんにしろよ、お前!!!

 

と天使さん、ブチギレるw

そして、いかに悪魔の堕落さが害悪か正論を突き飛ばし始める。

 

『続きませんから?』確かに続かないこともあったかも知れない。

けど、1回で成功できると思ってんの!?

続かなかったってことは、失敗ってことでしょ?

なら、その失敗を挽回しようと行動していることの、どこがおかしいの?!

何も行動しなかったら、勝手に解決してくれるわけ?

お前みたいに、ただただ文句を言っていれば、誰かが救ってくれるわけ?

 

甘えてんじゃねぇぞ?

このクズが!!!!

 

『お前が頑張ったって無駄?』

確かに、今までの行動を見ると不可能に見えるかも知れない。

けどさお前、過去に頑張ったことってあるわけ?

頑張ってないから、この結果になってんじゃないの?

一度も頑張ろうとしてこなかった腰抜けに、なぜ頑張った後の未来がわかるわけ?

しったかしてんじゃねぇよ!!

ただの、てめぇの努力不足を隠すための愚痴だろうが!!

これからも頑張らなくてもいい正当な理由を作ろうと必死なんだろうがよ。

全っ然っ!正当な理由になってねぇから!!

行動しない奴は、一生底辺を這いつくばるしかないから頑張ろうとしてんだろ!

 

無駄かどうかは、

いっぺん努力してみてから言えよ?

この一生底辺が!!!

 

自己啓発本で知識を学んだので、

より威力を増した正論

 

 

悪魔は、

「行動したくない。また失敗して辛いから…」

と感じている。

 

しかし天使は、

失敗するのが怖いからって、動かないのがいいのか?

挑戦してもいないのに、なぜ失敗することがわかる?

こういう事を言いたい。

 

確かに天使の主張を見てみれば、

悪魔の行動が害悪でしかない。

 

悪魔は絶対悪で、必要ない存在なのだろうか?

悪魔の存在が消えれば、幸せになれるのだろうか?

 

「天使なんてだいっきらい!」悪魔の主張

悪魔の主張を見てみよう。

 

行動したくない、傷つきたくない。

 

常にこんな事を考えている。

そのため、行動で傷つく可能性を見出すと、

必死になって止めに来る。

 

結果、天使に超ボコボコにされて泣き出す。

だって、正論って正しいのだから。

 

「自分は間違った存在なのだ」

と卑屈になっていく。

 

「自分なんて、いなかったらいいのに…」

と考え出す。

 

これが、

「どーせ自分なんか…」

の正体なんじゃないだろうか?

 

悪魔から見た天使

天使は、悪魔にいなくなってほしいと考えている。

 

実は悪魔自身も、

自分なんて、いなくなればいいのに

と思っているところがある。

 

これは自分でも害悪だと思っているし、

天使が言い続けているから、思ったことでもある。

けど実は「いていいよ」と言ってほしい。

 

悪魔は、

かまってちゃんな、

寂しがり屋なのである。

 

天使はそれが、うっとおしくて仕方がない。

「依存」を嫌う天使は、正反対な「依存」の悪魔が大嫌い。

だから、正論で切り離す。

 

 

「無視しないでよ」

「私をイジメないでよ」

「いらないこって言わないでよ」

「あやまってよ!」

 

とにかく悪魔は主張する。

そのたびに、喧嘩が勃発する…。

 

天使は、自分の行動が100%正しいと思いこんでいる。

だから悪魔が全て悪いと思っている。

 

しかし、天使はそれをすることによって、

より悪魔に、執着されていることに気づかない。

悪魔の主張を聞かないと、何も解決しない。

 

「あいつが悪いのに、なぜ私が折れなくちゃいけない?」

と全く折れない。プライドが高い。

自分が正しいと思っているので、言いたい放題だ。

 

もっと言い方があるんじゃないだろうか?

 

たとえどんなに正しい正論でも、

偉そうに言われると、とてつもなく腹が立つ。

 

ギッタギタにのされて、悪口を言われて、

「いいから言うことを聞け!」って言われても、

絶対に嫌だ。

 

天使は、

いっっつも上から目線なんだよ!!

誰が言うことを聞いてやるか!!

 

 

悪魔の邪魔は、きっとコレなんだと思う。

自分を責められて、命令を聞かされる。

それが嫌で、腹が立って仕方がないのだ。

 

完全にこじれている

 

天使は、自分の中に悪が居ることが認められない。

しかしその悪の悪魔は、存在しちゃっている。

それを必死に消そうとしている。

 

けど、消そうとすればするほど、

悪魔の主張が強くなる。

 

頑張って、折り合いをつけようと優しく心を開いたこともあった。

「なぜ邪魔をするのか?」と聞いてみた。

上辺だけの心を開いた状態なんて、悪魔にはお見通し。

 

「私を大事にしない、お前なんかの手伝いなんて絶対にしたくない!」

 

答えはここに出ていた。

天使は、自分で自分の首を絞めていることが。

 

結局、天使は絶対正義なんてもんじゃない。

天使の行動ですら間違っているのだ。

天使も結局、ブレッブレなのだ。

 

コレで少しわかってくる。

これって白黒思考なんじゃないか?と。

 

完全な存在なんてないんだよ…。

天使の考え方をゆるめないと、悪魔の存在はでかくなる。

なんか…バランスを取っているのかも知れない…。

 

強制終了

だめだ、上手く考えがまとまらない。

コレは課題にしよう…。

 

とにかく、邪魔してくる声は、

「攻撃されて傷ついているから、言うことを聞きたくない」

ってなっている状態なんだと。

 

攻撃することをやめると、楽になるのだろうか?

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障が自分と向き合う
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る