自分に信頼されていないと自分に全力で邪魔される!?なぜ、ぐるぐる頭の中でケンカが始まるのか?

スポンサーリンク

よく自分の心の中でケンカしている、ルイです。

 

アナタは、

「やった方が良いとは思っても、どーしてもできない!」

「なんでできないんだ、私のバカ!」

って悩むこと、ないですか?

 

実はこれ…

自分の中の心の話を聞くと収まります。

これ、私が実践してみて上手く行ったんですよ!

 

もうちょっと具体的に、

「自分の心の声を聞くこと」

について説明していきますね。

 

きっと、アナタの心も穏やかになるはずです!

 

スポンサーリンク

心の声を聞くって…どういうこと?

「心のありのままの考え方」

の声を、ただ聞いてあげるだけ。

 

これだけで、

心のザワザワが薄くなって

自分の頭の声とのケンカがなくなります。

 

なぜ、心の声を聞くの?

それは、

心は理屈なんてわからないです。

 

そもそも、頭の中では2人の自分がいます。

  • 天使の自分
  • 悪魔の自分

みたいな感じに。

 

この2人は、意見が全く違うんです。

  • 天使・・・勉強した方が良いよ!
  • 悪魔・・・遊びたい!勉強したくない!

みたいな感じで。

 

天使は、「頭・理性」の方です。

心は、「感情」の方です。

 

ぶっちゃけ、心は賢くありません。

心に理屈は通じません。

考えるのは、天使の仕事だからです。

 

だから、頭が心に理屈で

「勉強しないとバカになるよ!」と説教しても…

「怒られた!どーせ自分はバカですよ!」

と心は受け止めて、怒ってしまいます。

 

怒られたらから、

頭を「こいつ敵!」認定します。

すねて、足を引っ張ってくるかもしれません。

頭の「先」の心配なんて、通用しないんです。

 

なので、理屈は一旦横において…

頭が大人になり、

「そっか~、宿題やりたくないんだね」

と、心の意見を聞いてあげます。

 

そうすると、

「自分のことわかってくれてる!」

と心が安心するんです。

 

そう、話を聞くとは……

心が安心することなんです。

これでケンカは防げます。

 

心を否定する癖がついている

心の理屈の声って「正論」なんです。

 

  • 勉強しなくちゃダメ
  • 部屋はきれいにしないとダメ
  • 仕事はマジメに働かないとダメ

 

天使であり、良い子みたいなものです。

 

けど心は…

「勉強したくない!めんどくさい!」

って思っちゃったりしますよね。

 

すると良い子な天使に

「そんなことしちゃダメでしょ!?」

とお説教されちゃう。

 

つまり、心の考えたことを

やっちゃダメ!と押さえつけて…

お前の考えはダメ!と否定するんです。

 

これ、心の存在を…

完全否定しています。

 

「お前の考えはダメだ!」

なんて言われたら…

辛いですよね。悲しいですよね。

だから、心も怒って反発しだすのだと思います。

 

確かに、やっちゃダメなこともあります。

実際にやったら大変なことは多いと思います。

けど、心で思うことだけ

許しても良いんです。

 

それが、心の考えに耳を傾けること。

最初から聞く耳持たないのではなく、

話を聞いてあげる。

 

それだけで、心は満足します。

 

「お前の話を聞いてもムダ」と無視されるより…

聞いてくれると嬉しいですよね^^

 

だから、

「心のありのままの考え方」

の声を、ただ聞いてあげるだけが必要なのでした!

 

まとめ

心に理屈は通用しない。

ただ、心の話を聞いてあげよう!

というお話でした。

 

私も、今まで心をバカにしまくってきました。

「お前の考えは本当に幼稚だな!」

と、聞く耳持ちませんでした。

 

けど、心に寄り添うようになってくると…

少しずつ、心が楽になってきたんです。

 

今まで否定してきたぶんだけ…

心は、心を閉じているかもしれません。

少しずつ、少しずつ寄り添ってあげればと思います。

 

◆ネガティブ思考で苦しんでませんか?

アナタは毎日のようにくる

「自分のネガティブ思考が辛い」

「自己嫌悪で人生が息苦しい」

と感じていますか?

 

私なりに心が少し楽になる

考え方を集めてみました。

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

>>>【忙しい人向け】ショートバージョン

 

 

 

トップへ戻る