どす黒い自分ばかりのことを考えていると成功できない?おもてなしの心がwin-winの関係を作れる!

いきなりですが、私はぶっちゃけて申しますと…

お金が欲しくてネットビジネスを始めました。

 

だって、外で働いていると…

私のようなコミュ症で、自信がなくて、不器用でネガティブな奴だと…

とても息苦しいのです。

毎日ビクビクしていました。怒られないように、嫌われないように…。

 

そんな自分が、惨めで…情けなくて…怖くて…。

私は…逃げてしまいました…。

 

そこで、ネットビジネスに会いました。

外に出なくても、お金を稼ぐことができことができると。

外で働くことが難しいため、将来のお金の不安が消えるかもしれないと。

藁にもすがる思いでした。

 

ですが…どうもうまくいかないのです。

なぜうまくいかないのか?

それは…自分のことばかり考えていたから。

 

今回、私が勉強している未来型ドリームマーケティングの教材を読んで…

お客様が喜ぶことを提供すること、

そして恥ずかしながら、自分ばかりのことをして苦い経験をした話を語っていきます。

 

スポンサーリンク

お客さんのためじゃないと成功しない

成功に1番大事なこと…それは…

 

お客さんに幸せになってもらうこと

役立つことを提供して悩みを解決すること

 

そういった記事を書いていくことで、スキルが磨かれると。

お金を稼ぐことも大事だけど、まずは信念が大事だと。

そう、ドリームマーケティングの教材に書かれていたのです。

 

これを読んでいて私は…

ルイ
ルイ

私が求めていたものは、これだ!

と思いました。嬉しかったのです。

 

私がギラギラビジネスが苦手な理由

だって…ギラギラとしたネットビジネス系って…

端的に言うと、自己中なものが多い気がするのです。

表面には綺麗な言葉で着飾って出さないけど…

何か…どす黒いものを感じるのです。

 

自分さえよければいい、みたいな。

 

「客は金を支払ってくれる道具」

みたいな何かを、感じとってしまっていたのです。

「こんな風に書けば、お前は嬉しいんだろう?喜ぶんだろう?」

みたいな、上から目線と言うか…

 

そういったものを感じ取ってしまい、

私は…そういった教材を色々と買ってきたけど…

いくら儲かるとしても…うまく実行できないでいました。

(私の行動力のなさも、大いに関係しています)

 

ルイ
ルイ

それって人として…違うんじゃないかな?

って、心のどこかで引っかかっていたのです。

どうしても、割り切って考えられなかったのです…。

(「余裕があるんだな」「真剣さを感じられない」と怒られたこともあります…)

 

だから、

お客様のために、自分のために、お互いた幸せになる方法

といった、ドリームマーケティングの方針に、とても惹かれていたのでした。

 

数字が物を言う?

ここで、私が自分のことばかりを考えていて、苦い思いをした話をしていきます。

 

ご注意ください。どす黒い私の心情オンパレードです。

 

私は、パソコンを買い始めてからしたことは…

絵を描くのが好きなので、「イラストレーターになる!」といったことでした。

(生暖かい目で見守ってください)

ちょうど先生にも運良く出会え、先生の指示に従っていました。

 

イラストレーターに営業は必要不可欠?

当時私は、無料ブログのアメブロで活動していたんです。

アメブロでは「読者登録」といったシステムがありまして。

簡単に言うと、ブックマークの人数を目で見える形で表してくれていたのです。

つまり、読者がたくさんいるかどうか一目でわかるんです。

 

イラストを頼む側からしたら…

無名の新人より、読者登録数(ファン)がたくさんいる人に頼みたくものでしょう。

だから、そういった武器(肩書き)を作りましょう!と言った話でした。

 

そして、まずは自分の存在を知ってもらわないと、イラストを頼まれるわけがない。

「だから、存在を知ってもらうためにも、自分から声をかけましょう!」

「相手のブログの読者登録をしましょう !」

「相手のブログの記事を最低でも10記事読んでくださいね。

 『読みましたよ』とわかる内容のコメントもつけて、読者登録してくださいね」

と指示をもらいました。

 

ノルマは、読者登録数500人でした(最終的には1000人)。

それを聞いた私は…気が遠くなりました。

もう、営業ですね。

 

私に…

ルイ
ルイ

面倒くさい…怖い…

という気持ちが襲いかかってきました。

 

コミュ障が知らない人に声をかけるというのは…

ネットとはいえ、かなりハードルが高かったことなのです。

 

しかし私は、

ルイ
ルイ

イラストレーターになりたい!お金を稼ぎたい!

と思っていたので、頑張ることにしました。

 

自分の腐った人間性が出てくる

しかし…続ければ続けるほど…辛いのです。

ルイ
ルイ

相手の記事を10記事も読むなんて…めんどくさい…

と思ってしまったのです。

私は、適当に流すように読んでいました。

 

ルイ
ルイ

読者登録する時のコメントも、1~2行ぐらいのことしかブログの内容書かないんだから…

1記事だけ読むだけでいいんじゃないの?

と、最終的には1記事だけ読んで、

薄い内容のコメントを書いていました。

 

とにかく「面倒くさい作業だ…」と苦痛になっていました。

頑張って記事を読んで登録しても返してくれないと…

ルイ
ルイ

なんなんだよ!

一生懸命、時間を割いて記事を読んであげたのに!

読者登録してあげたのに!

こっちには返してくれないとか、何様だよ!

という感情が湧いていたのです。

 

そんな気持ちだったからでしょう。

読者数は、なかなか伸びませんでした。

 

ノルマの結果は…

しかし、いやいやながらも行動は続けていたので…

コツコツと人数を集め、ノルマの500人を達成させました。

(おそらく向こうも、読者人数が欲しいので登録を返してくれた?)

 

先生は「よく頑張りましたね!」と褒めてくれました。

けど私は…嬉しかったと言えば嬉しかったのですが…

心から素直に嬉しく思えない部分がありました。

つまり、あまり嬉しくありませんでした。

 

動けば動くほど辛くなる

全く相手に興味もないのに、

ルイ
ルイ

読者登録します!

なんて、なんて都合が良い話なんだと。

 

中には、

「登録読者登録してくれて、ありがとうございます!」

と丁寧にメッセージをくれる人もいました。

 

私は…作業的な流れとしか見ることができず…

ルイ
ルイ

はいはい

で終わっていました。

 

ルイ
ルイ

それより、さっさと次の読者を捕まえに行かないと!

ということしか頭に入ってなかったのです。

 

しかし同時に、罪悪感もありました。

ルイ
ルイ

私の数字獲得のために、読者登録してごめんなさい…

「私にイラストを頼めよ!、と上から目線で声をかけてごめんなさい…

 

自分がどんどん、機械のような、冷たい人間になっている気がしていました…。

 

ノルマの読者登録500人が達成できたので

「次は、1000人を目指しましょう!」と言われても…

私はもう…動くことができませんでした…。

 

これは本当に幸せなのか?

確かに、実績の読者数500人の数字は残すことができた。

でも…こんな空っぽの500人、意味があるのか?と…。

 

お互い「読者登録数がこんなにもいるよ!」という関係で、

お互い幸せかといえば、幸せなのかもしれないけど…

なんだか私は…心から幸せだとは思えなかったのです……。

 

数字だけを求めていても、何て虚しいんだと思った…苦い経験でした…。

結局、たぶん1000人ぐらいに声をかけたけど…

イラストの仕事は、1件しか取れない状態でした。

ルイ
ルイ

こんな上から目線の気持ちで声をかけて、1件取れただけも良かったと思うべきなのか…

 

心ある人間になりたい

教材を読んでいて、ふと、この事を思い出したんです。

やっぱり、お互い心から幸せになる方法が1番いいよねっと。

薄っぺらい表面だけの幸せではなく、本当に心から喜べる関係を作りたい。

私の苦い経験が、その思いを強くさせたのかもしれないと思ったのでした。

 

そしてやっぱり、

ルイ
ルイ

自分のことばかり考えてると、嫌な気分になるなぁ…

とも感じ取れました。

 

お金がたくさん増えたら、嬉しいには嬉しいけど…

心が空っぽ状態になりそうで怖くて。

 

どうしてもお金に余裕がない状態だと、

そんな気持ちは、無意識に出てしまうので仕方がないことなんだけど…

そのギラギラとしたい思いがある限り、ネットで稼ぐことは難しいんだろうなと。

今回の教材を読んで、改めて勉強したのでした。

 

今回の話のまとめ

長々と話したので、まとめます。

 

  1. 自分の利益だけではなく、お客さんも喜ぶことが幸せ
  2. 数字だけ取れても、虚しさがずっとついてくる

まぁ、結局はこの2つですね。

 

今まで、ネットビジネスはギラギラしたイメージだったんですけど…

こんな世界があるんだなって、視野が広がった瞬間です。

「ビジネスはきれいごとでは出来ない」っていうのが私の根底にあったから。

 

仕事っていうのは本来「相手に尽くすもの」ですよね。

「お客様は神様だろ!?」とか言う人は、とりあえず横においておいて…

相手を大切にする、おもてなしをするものだったんです。

 

もちろん、嫌な人にまでしなくていいです。

あなたが伝えたい相手に、伝えていってくださいね。

 

世間の常識がぶっ飛ぶこと、いろいろ学べます↓

未来型ドリーム+未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

気づき
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る