本を読んでも身にならない!挫折する!本を読んでも何故うまくいかないのか?考察してみた

私は今まで、色んな本を読んできました。

自己啓発や、メンタル系や、ビジネス系まで。

「本をたくさん読め」と耳がタコになるほど聞いていたので…

素直に読んでいたのです。

 

けど、それらの本はぶっちゃけ、殆ど覚えていません(汗)

 

多少は覚えているのかもしれませんが、正直…記憶が無いのです。

これじゃあ覚えているとは、いい難い気がしますよね?

 

  • アウトプットしていないから
  • 本に書かれたことを行動していないから

確かに、そのとおりだと思います。

 

じゃあ、なんでしないのでしょうか?

めんどくさいから

やろうと思えないないから

 

ん?なんか気になるワードが出ましたね?

 

今回の話では、「なぜ本を読んでも解決しないのか?」

そもそも、なんで行動しないのか?

それらを考察していきます。

 

スポンサーリンク

本の限界

ネットビジネスでも、マインド系でも、何か自分が習いたいことでも

なんでも通じることですが…

 

本には、限界があります。

つまずいた時、助けてくれないのです。

 

人は、特に初心者の頃は…

分からないことが少しでも出てしまうと、立ち止まってしまいます。

「わからない」と言ったことは、とても怖いからです。

その結果、分からないから挫折しちゃうんですよね…。

 

本の情報は濃厚!

本は確かに、基礎的なことは説明してくれています。

「こうやったら上達する!上手くいく!」

本になるぐらいだから、すっきりとまとめられています。

 

本を作るのって、大変なんです。

限られたページ数に、膨大な情報量の中で無駄を省いて(逆に水増しすることもある)

「どう簡潔にまとめるか?」試行錯誤されています。

 

読んで貰う人像が曖昧

しかし、それらの本は特定の誰かに書かれたものは少ないです。

本はお金をかけて作っているので、たくさん売れないと赤字になっちゃうんです。

だから、不特定多数の方に、なるべく手に取ってもらうように…

大勢の方が対象になっているんですね。

 

だから読んでいて、

自分に合わないやり方などが、書かれていることが結構あるんです。

 

例えば、コミュニケーションの練習をするには…

いきなり本番は難しいので、

「まずは、家族と話す練習をしてみましょう」と書かれていたとします。

 

けど、家族と仲が悪い人からすると、これって難しいですよね?

1人暮らしの人とかだったら、相手の都合もあり、簡単にはできそうにありません。

それに、「会話の練習のために付き合って!」って頼むのも…少し恥ずかしいです(笑)

 

人間は、初めてで、不慣れなことは避けがちです。

ただでさえ、新しいことを取り組むというストレスがあるのに…

こういうふうに、自分に合わない方法が出てくると…

 

あーなんかもう、この本自分と合ってないわー

 

と読むのをやめてしまうかもしれません。

 

こんなふうに、1人1人に向けて書いたものではないので

どうしても、自分と合わないところが出てくるんですよね。

 

人間は1人1人は、性格や環境が違うので仕方がないのですが…

これが本の限界ですね。

 

本を上手に使うには?

だから本1つで、自分の人生を何とかしようと思うと…

臨機応変な考え方が必要になってきます。

 

本で人生を変えようとする人って…

すでに自立した人じゃないと難しいだろうなぁ~と思ったのでした。

あるいは、自分の合う本を探し続けるとか。

合う本と出会えたら、ラッキーぐらいに思っていた方が良さそうです。

 

あと、全部を吸収しようとはせず、

「コレは自分にできそうだな」といったことを1つ実行するのが良さそうです。

 

全部やろうとすると「めんどくさい…」ってなっちゃいますから。

「1つだけなら、なんとかできそう!」と行動できるのが、1番ですね!

 

本日のまとめ

今回のお話のまとめです。

  • 人は「わからない」が出てしまうと、挫折しやすくなる
  • 本は沢山の人向きに作られているので、合わないこともよくある
  • 本は全部吸収するのではなく、1つためになることがあればOK

 

「本を読め」と漠然と言われても、

なーんかよくわからなかったんですよね。

せっかく、時間とお金をかけて読むのですから、どうせなら身になってほしいですよね。

 

本を読む読み方の本、とかあったら面白いなーと思います(笑)

まぁそれも、自分と合わなかったら結局は難しいのですが。

色々と試行錯誤しながら、自分に合う方法を探すしかないんだろうなぁ~と思ったのでした。

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

気づき
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る