駄菓子をたくさん買うと…?お金持ちになった気分になる?

神様とのおしゃべりって本を、図書館で借りまして。

で、そこにあった「500円で駄菓子を買いまくれ!」

ってのがあったので、やってみたのだが…

 

これ、恥ずかしくね!?

 

って状態に陥りましたw

いろいろ失敗して、ちょっと成功した話。

 

スポンサーリンク

神様とのおしゃべりを読んで…

「50円玉を10枚持って駄菓子で買いまくる」

って書いてあったのだけど…

なかなか勇気いることだよね?って行く前から思ってねw

 

というのも、恥ずかしい!って思っちゃうのだ。

そりゃ子供だったらいいですよ?

けど、いい年した大人が、50円玉ばかりで支払ったら…

 

「いい大人が、でかい銭も持ってないのか?」

 

と突っ込まれないかと思ってね(汗)

 

昔「お金がない」っていうドラマで、

貧乏な弟2人が、年の離れた兄のために1円ためまくって、

オール1円でネクタイ買うんだけど…

レジで店員に馬鹿にされるんだよね…。

 

ここまでは行かないけど、

(そもそもこれはドラマであって、こういう状況は皆無だろう)

なんかこれと通じるものを感じてね…。

 

ってか、500円玉でよくね?

なぜわざわざ50円玉を10枚?

と気になって仕方ないと言うか。

あれか、本がギャグだから、これもギャグなのだろうか?

 

ってか、50円玉10枚集めるのも大変だよね。

 

 

実際に行ったら想像以上に恥ずかしい

さて、50円玉はなくても、実際に買いに行くことに。

3.5回挑戦しましたw

0.5ってなんだよ?というツッコミは、まぁ読んだからわかります。

 

1回目:ドラッグストア

恥ずかしいので2個だけ買うことに。合計100円。

しかも1つは70円と、駄菓子にしてはお高めの品物。

やっぱりちょっと恥ずかしかったのです(汗)

 

2回目:スーパー

ここでは、大量に買いました。合計165円。

どれを買おうか悩んでいたときに、

「これ、意外と量が少なくて食べた気しないんだよなぁ…」

100円で買う方がボリュームあって得じゃね?と考えだす。

 

しかし、これは「たくさん買える!」と思うことが目的!

と自分に言い聞かせて、買うことに。

しかし…レジで買うときがこれまた恥ずかしい!

 

やっすい駄菓子だけを買ったわけですよ。

30円、10円、20円、とレジが声に出す。

いい大人が165円分の駄菓子を、クレジットで支払うんですよw

 

やめてくれ、これ拷問か。

 

2.5回目:ドン・●ホーテ

ドン・●ホーテでも駄菓子コーナーが有ったので行く。

 

しかし、

ここで最も大恥をかく(個人的に)。

 

駄菓子コーナー行くと、先客が。

ガキ共小学生低学年ぐらいのお子様が、いるんですよ。

私の前を、ウロウロ見ているわけですよ。邪魔で仕方ない。

 

これはダメだと、諦めて別のところを回って、

帰ってくると…

今度は中学生ぐらいのガキ坊ちゃま達がいるんですよ。

 

ここで思った。

いい年した大人が駄菓子で大量に買うってダサくね?

 

そうなんだよね、駄菓子って普通、

お金がない子供がやりくりして買う、憩いの場なわけで。

働けばもらえる立場の私が、何をしてんだと。

(半ニートだから余計に刺さる)

 

情けねぇ…と思いながらもレジに行くと…大行列。

なんでドン●っていつも行列なんだろう…。

なんか、たかが駄菓子を買うだけで並ぶのも悲しくなり、

諦めることにした…。

 

いや、何か他にも買えばいいんじゃないか?

って思うかもしれないけど、

この駄菓子のだけに余計なものを買うって、なんかちがくね?

絶対に必要なものだったらいいけどさ…。

 

3回目:スーパー

もうこれやめようかな…

と思った時、ふとセルフレジを思い出した。

そうだ、あのスーパーならセルフレジだ!と。

 

いつもこのPC作業で世話になる、あのスーパー。

距離的にも負担なく、レジの恥もない。

で、店内の通路も広いのでイライラせずに、

変えるかもしれない!!と。

 

でも高級スーパー路線なので、駄菓子扱ってないかも…

と思ったら、大量にあった。

しかも、今まで見たどの駄菓子コーナーよりも豊富に。

 

で、ガキおこさまも1人もいない。

むしろ年寄りしかいない(笑)

そして、支払いはセルフレジ。

 

最高か。

 

私はうきうきしながら、大量のお菓子を買った。

そしてセルフレジ。無人って素晴らしい…!

しかし、レジが自動読み上げだけはするので、

ムダに「20円、20円、20円」が気になるけどw

 

しかし、デメリットと言ったらこれぐらい。

それ以上にプラス要素が素晴らしすぎる!

 

ってなわけで、私は成功を収めたのであった。

 

 

おわりに

駄菓子買うだけで何してんだよw

というツッコミはごもっとも。

 

けどさ、逆に言うとさ、

駄菓子だけでこんなにネタができるんだよ?

おもしろくね?

 

日常の些細なこととが、面白いネタになったりするもんだよ。

そういうもんじゃない?生きるってさ。

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

怒り・劣等感
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る