「鎖につながれた象」から学ぶ無気力症候群の怖さ、治し方の最初の1歩

「鎖につながれた象」

って話を知っていますか?

スペインの絵本のお話です。

 

簡単に言うと

「自分には無理」

と最初から諦めてしまう話。

 

この話、1度聞いただけで…

未だに私の心に残っているのです。

 

これって

現代の無気力症候群だよね?

って思うのです。

 

今日は、ちょっとゆるりと

「なぜ人はすぐに動けないのか?」

のお話をしていきます。

 

スポンサーリンク

鎖に繋がれた象のざっくりあらすじ

ざっくりですが、あらすじを書きます。

詳しくは「鎖に繋がれた象」で検索してみてください。

 

 

子象がいました。

この子象は、サーカスで飼いならされます。

子象は鎖につながれ、逃げられません。

最初は抵抗していたのですが…

 

ここから逃げることは出来ないのだ

 

と考えだしてからは

子象は逃げることを諦めました。

 

もう「逃げられない」絶望を…

感じたくなかったんです。

 

 

そして数年がたち…

子象は、大人の像になりました。

力もあり、簡単に逃げ出すことも可能に。

 

しかし、逃げることはありません。

 

子象の頃から

「自分は逃げられないんだ」

と信じ切ってからは…

 

「ここから逃げられる」

 

といった考えは

消えてしまったのでした…

 

無気力症候群と子象

この話を見て…

ルイ
ルイ

無気力症候群じゃん!

と思ったんですね。

 

無気力症候群ってのは

とにかく「やる前からやる気ない」

ってやつです。

私がよくかかる病気です(汗)

 

人間、新しいことには

怖くなりがち

とはいいますけど…

 

これプラス

周りが恐怖を与えている

ってのが大きいと思う。

 

無気力症候群の英才教育

だって、生まれてすぐの赤ん坊は

「ああ、私には無理…」

って考えないじゃないですか?

 

子供は怖いもの知らずで

いろいろと挑戦するじゃないですか?

失敗しても、めげないじゃないですか?

 

けど気付いたらいつの間にか

「挑戦するとバカを見る」

みたいな思考になっちゃってる。

 

ってことは…

大きくなるうちに

恐怖を植え付けられている

ってことですよね?

 

ちょっと挑戦して、失敗しようものなら…

くすくすと笑われる。

仕事ならカンカンに怒られる。

 

「お前には無理だ」

と挑戦する前から止める親や周囲。

 

  • 挑戦して恥ずかしい思いをする
  • 挑戦する前から「無理」と言われる

 

こんなことが日常に起きていたら…

挑戦することが怖くなるのも当然では?

と思ったんですね。

 

サーカスの子象のように

小さい頃からこんなことを

私達は何度も、見たり・経験しています。

 

そりゃ、

そんな洗脳教育で大きくなったら…

「自分には無理」

ってなるのも当然じゃないかと。

 

何もしないは安全なのか?

だから、新しいことにも挑戦しない。

自分には無理だから…と決めつける。

 

それが安全だと信じているから

 

けど実はそれって…

自分は何も出来ない無力な人間だ

って自分に言い聞かせちゃってる。

 

自分で自分を

信じられなくなってる

 

この無気力症候群が悪化したのが…

うつ病なんじゃないかな?って思いました。

 

環境がちがうと全然ちがう

ちなみに、大手実業家は

娘に毎日こう質問するそうです。

「昨日は何を失敗した?」

 

失敗した=挑戦した

 

大手実業家は

「挑戦に失敗はつきもの」

としっています。

 

失敗を繰り返し、試行錯誤した結果

大手実業家になれました。

 

だから娘に毎日

「どれぐらい失敗(挑戦)したか?」

という質問をしているのですね。

 

挑戦すればするほど

人は成長すると知っているからです。

 

こういった人が周りに居たら…

私達も「挑戦に失敗はつきものだ」が

当たり前になっているのではないでしょうか?

安心して、挑戦して失敗しまくりますよね?

 

だって失敗すればするほど

「挑戦したんだな!頑張ったな!」

と褒められるんですから。

 

周囲の声ではなく自分を信じる

私達は今…

「挑戦するとバカを見る」

が当たり前になっています。

 

結果、「何もしない」を選択して…

嫌だけど、生活のために仕事に行くを…

何かしてみたいけど、しないことを…

同じことを繰り返します。

 

脱走をあきらめた、子象のように。

 

挑戦することって

かっこわるいんでしょうか?

私は、とてもかっこいいと思います。

 

昨日の自分よりも、1歩成長できるのだから。

 

もっと自分のこと、信じてみませんか?

周りがなんと言おうと、

自分だけは、自分を信じてあげるんです。

 

無気力で「自分はだめだ…」

を繰り返したいですか?

辛くないですか?

 

「周りの声なんて知るかー!」

と、今自分のできる1歩だけ先に挑戦して…

徐々に徐々にできるようになって

 

「あっ、私でもできたんだ…」

 

という実感を持って…

自分の自信を取り戻したくないですか?

 

自分を助けてあげられるのは…

自分だけです。

 

もっとあなたのこと…

 

誰よりもまず、

あなたがあなたを信じてあげてください。

 

これが、無気力症候群を抜ける

最初の1歩です。

 

 

ルイ
ルイ

それができたら苦労しないよ…

という考えも…

 

鎖に繋がれた象の罠かもしれませんよ?

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障が自分と向き合う
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る