ネガティブなニュースは見る必要ありますか?暗いニュースを見るのをやめると楽になった話

スポンサーリンク

他人が怒られているのに、自分が怒られている…

と感じてしまうルイです。

 

アナタは、

  • 暗いニュース
  • 他人のSNS

などを見て、気分がザワッとするタイプですか?

 

ぶっちゃけるとそれ、

見ないと楽になります。

私がそうだったんです。

 

なぜ暗いニュースは見ない方が良いのか?

といったことをお話していきます。

アナタの心も平穏を取り戻せるかもしれません。

 

スポンサーリンク

暗い情報は影響される

人の言動に敏感に反応する、

人と比較しやすいタイプなら…

 

TVやSNSなどは、

見ない方が幸せになります。

 

なぜなら、

心がざわつく原因がなくなるからです。

 

TVは刺激が強い

殺傷事件、謝罪会見、芸能人の不祥事…

こういったTVのニュースは刺激が強いです。

ネガティブの刺激が。

 

そして、事件を起こす人が叩かれがちです。

「悪いことをした奴は叩いても良い」

というルールでもあるかのように、叩かれます。

 

人が怒られている姿を見ると

なんだか自分まで怒られている

気がするタイプの方は…

 

怒りに影響されやすいので、

より見ない方が良いです。

 

冷たいように感じるかもしれませんが…

そもそもTVに写っている人は、アカの他人です。

 

自分に関係することでもないのに、

他人のごちゃごちゃで自分の心がすり減るのは…

なんだか、悲しくないでしょうか…?

 

ぼ~ッと見ているだけで

実はエネルギーは消耗されているんです。

 

SNSは良くも悪くも自慢が多い

SNSを見て凹んだり、イラっとするのなら…

「もう、それは見ない方が良いよ」

の合図なのかもしれません。

 

  • 他人・友人の幸せそうな姿
  • 「私、可哀想でしょ?」の不幸アピール

 

これらは、

  • 自分が惨めに感じる
  • かまってちゃんにイライラする

といった、負の感情が湧きやすいです。

 

もちろん、それらを見て

「(純粋に)楽しい♪」

と思えるのなら良いんです。

 

けど、見ていて

嫌な感情の方が湧きやすいのなら…

それは、アナタを不幸にするかもしれません。

 

「ダラダラ見てて、何やってんだろう…」

と、負の感情への時間の浪費に

虚しさを感じるかもしれません。

 

暗い気分になるSNSを見るより、

楽しい気持ちになるマンガや映画の方が

まだ見ていて楽しくないでしょうか…?

 

炎上・愚痴系サイトも注意

自分が辛く感じる状態だと…

  • 刺激の強い炎上系を野次馬根性で見たり…
  • 同じような意見で愚痴っている人を見たり…

ついつい、見ちゃうかもしれません。

 

けど、こういった場所も危険です。

「誰かを叩いて楽しんでいる」

状態だからです。

 

つまり、負の感情が強いんです。

 

私もつい、こういったところに

行きがちなんですが…

見に行って、いつも後悔するんです。

 

自分が嫌いになるから。

 

最初はなんか周りの雰囲気に流されて

「こいつバカだろ!」

とか、過激な考えになりがちな自分に…

嫌気が差してくるんですよね(汗)

 

「自分はそんなに素晴らしい存在なのか?」

って、いつも最後は凹みます。

 

なので、ついつい行きたくなったら…

「そこ見に行って、楽しい気持ちになる?」

と、ぐっと我慢しています。

 

自分を不幸にしないために

数分とか、適度に見るぐらいなら良いんです。

けど、加減ができずに…

長時間、毎日のように見るのは…

危険だと思います。

 

これらは、

ネガティブな感情が起きるスイッチ

とも言えると思います。

 

なので、

いっそ見ない方が良い

と提案したいんですね。

 

それが

アナタの心を平穏にする

ことだと思います。

 

まとめ

  • TVの暗いニュース、SNSなどはいっそ見ない!
  • なぜなら、それらが感情に振り回されるスイッチだから!
  • TV、SNSなどは他人のこと!無理に関わらない!

 

もし、自分が今つらいと思う状況なら。

 

他人のことより、

まずはアナタの心の状態を見てあげて

ほしいなと思います。

 

◆ネガティブ思考で苦しんでませんか?

アナタは毎日のようにくる

「自分のネガティブ思考が辛い」

「自己嫌悪で人生が息苦しい」

と感じていますか?

 

私なりに心が少し楽になる

考え方を集めてみました。

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

>>>【忙しい人向け】ショートバージョン

 

 

トップへ戻る