時間は有限!いい子ちゃんをやめて付き合う人を選ぶ

良い子ちゃんでいると、他人に振り回される。

 

今日、1人の人と縁を切りました(笑)

なんか私、都合のいい人間になってたなって。

今まではこんな考えすらなかったんですけどね。

 

ルイ
ルイ

頼ってくれているのに…

そんな態度したら失礼だよ…

ってのは建前で、

嫌われるのが怖いから、断らないんです。

人の顔色ばかりうかかがってたんです。

 

けど、

自分を大切にしていない

って気づいてしまいました。

 

今日は、そんなお話。

 

スポンサーリンク

ボランティアは心を滅ぼす

前の記事でも書いたのですが…

本当、利のないボランティアはしんどいです。

ドライと思いますか?

 

ドライって自分を守るために必要なんですよ。

 

まぁ、前回の流れを

さくっとお話をしますと…

 

前の職場の方から、

ネット回線の相談の電話が頻繁に来てたんです。

 

ルイ
ルイ

困ってるんだな…

と私は懇切丁寧に付き合ってたんです。

 

ここですでに私は間違ってた。

ぶっちゃけ、私はすんげー疲れてたんです。

 

けど、向こうはそんな事お構いなしに

質問ラッシュなんです。

 

ただただ、自分の苦を消したいがために。

 

私の事情なんて、お構いなしです。

まぁ多少はしてたけど…

「心配はしたよ?」的なものだと思う。

 

しかし、ちょっと意見したら

カチンと来たのか、音信不通になったのです。

毎日のように連絡してきたのに。

 

が、何事もなかったように1月後。

「また困ったから助けて~」

と電話かかってきたんです。

 

…都合よくない?

 

「そっち行くわ」

と無理やり約束を取り付けられ

家まで乗り込んできたら…

対応するしかありません。

 

やれやれ、やっと終わった…

と思ったら2ヶ月後。

また電話がかかってきた。

 

もう、でなかったんです。

するとメールが送られてきました。

「また困ったことあるから助けて~」と。

 

私はドラえもんか!

 

ここでやっと、私は気づいたのです。

 

ルイ
ルイ

もう、何かいいように利用されているな…

 

この人と縁を切らないと

お互いのためにならないと

 

私は時間・体力・精神を削られ

相手は、自分で考える力を養えない

(何でも「すぐに聞けばいいや」状態)

 

頼ってくれるのは嬉しいですが

あまりにも振り回されすぎました。

 

私は

「新しい仕事を初めて忙しいので、余裕がありません」

みたいな、短めの言葉と謝罪を入れて返信しました。

返事もなしに、音信不通です(笑)

 

けど、これでよかったのです。

 

不要な人付き合いはドライに

「サクッと書く!」

と言いながら結構~書きましたね(笑)

 

さて、ここからは私の反省です。

今回の出来事は、相手にも問題はありますが

私にも問題があったのです。

 

無駄に付き合ってあげるから

相手も依存的に言い寄ってきたわけです。

 

何でもかんでも相談に乗って、助言したから

「困ったら何でも助けてくれる~!」

って存在に私はなってしまったのです。

 

自分と相手の境界線を

ちゃんと決めなくちゃいけなかったんです。

境界線を超えすぎていたので、苦しくなったのです。

 

んで、なぜ境界線を超えてしまったのでしょうか?

答えは簡単です。

 

優越感と嫌われることが怖かった、です。

 

優越感に浸りたい!

「教える」って

立場的に上じゃないですか?

だから「私が教えてやってんだ!」

って考えが、どこかにあったんですよ。

 

ルイ
ルイ

私は人に教えることが出来る!すごい!

って変に

承認欲求を満たしていたのだと思います。

 

「認められたい!」という思いは

あっても良いのです、

人なら自然に出てくる思いだから。

 

でも私の場合は、歪んでました。

自信がないもので…

優越感に固執しちゃってたんです。

 

けど、それは自分を追い詰めてました。

応えることで、疲れてたんですから。

なんか、電話が来る度イライラしてたんです。

 

自分に自信がないので

優越感の自信に浸りたかったんですねー…。

 

嫌われたくない!

次に、嫌われる怖さ。

今回の出来事…

私からしたら勇気ある出来事だったんです。

 

だって、

「断る」って言葉

私の中には殆どなかったんです。

 

断ることによって

嫌われることが怖かったんです。

 

断るを選んで、

波風立てたくなかったんです。

 

だからなのでしょう。

自分なんて犠牲になって当たり前

って考えがでていたのです。

 

これがあると、我慢し続けてしまいます。

嫌われるぐらいなら

良い子ちゃんでいるほうが楽なんです。

ルイ
ルイ

いやー怖いですね…

 

相手が可哀想だし…

困っているのなら、助けたい…。

なんかついつい

相手に尽くしたくなるんです。

これがダメだった。

 

これで相手も

「頼ったら何でもやってくれる!」

って思わせちゃったんですね。

 

いわゆる、共依存ってやつです。

 

「困っていたら助けてあげる」

これは大事だけど…

何でもかんでも助けてあげるのは…

ちょっと違うんだなぁ~と。

 

相手に「考える」ってことを奪ってたと。

 

確かに、詳しい人に頼むのは良いです。

けど、物事には限度がある。

 

そしてやっぱり、

ギブアンドテイクが必要

だと思うんですよねぇ~。

 

一方的に相手だけが得するって…

なんか不公平に感じません?

時間と精神が、ガンガン削られるんです。

 

例えば、お金を払ってくれる

とかだとがんばれます。仕事です。

誰もがお金は好きですし(笑)

私は正義のヒーローじゃないんですよw

 

私が彼女の仕事関係の上司の立場だったら、教育しますけど…

なんとなくな関係だったので、今回は縁切りとなりました。

 

自分を大事にする

まとめますと…

  • 優越感に固執していた
  • 嫌われたくないから親切にしすぎた

これらがあるから、こじれました。

 

「断る」

という道を選べなかったんです。

 

実際、断ったときは…

すごい罪悪感みたいなのが襲ってました。

「ひどいことしてしまったかも…」って。

 

今まで言い子ちゃんだったから

すごい違和感あったんです。

とても怖かった。

 

けど、後悔はしていません。

(本当はまだ引きずってるw)

これでやっと自分を守れたんです。

 

今までは

ルイ
ルイ

自分なんて嫌な目にあったほうが良い

みたいな感じだったんですよ。

 

けど、

ルイ
ルイ

自分の時間を大切にしたい!

って選択ができたんです。

 

これって私にとっては

大きな成長だったわけです。

 

今までとは、違う選択をしたんですから。

「自分の意志を大事にする」って選択が。

 

今まで、いかに

他人に振り回されることを”選び続けて”いた

といったことを思い知りました。

 

時間は有限なんです。

付き合う人は、ちゃんと選ばなきゃいけません。

 

ルイ
ルイ

こんな私に付き合ってくれている…

じゃなくて

ルイ
ルイ

こんな人と付き合いたい!

って考えられるように。

 

「他人が望む私」じゃなく

「私が望む私」を目指しませんか?

 

他人じゃなく、まずは自分を助けよう!

 

コンプレックスの塊で毎日、将来が不安で辛くて仕方がないあなたへ!

・コミュ障、対人恐怖症、超ネガティブ!
・自信がなさすぎる、自己嫌悪の塊
・逃げぐせが強くて、何やっても続かない
・この苦しみをなんとかしたいけどわかんない!
・生きづらい、将来が不安でしょうがない
・社会不適合者で働くのが辛い…

な私が、外に1歩も出ずに家で稼げる方法を身に着けました。
毎日の不安が消える秘訣をお伝えします。
あなたもぜひ、こちらの世界に来ませんか?

マインド
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る