大人になるとはどんなことなのか?自分の感情を癒せる・責任を持てることだと思う

スポンサーリンク

責任放棄な人生送ってきた、ルイです。

 

※この記事は場合によっては

恐怖・凹みやすいかもしれません。

ですので、閲覧注意です。

 

 

「自分の感情が制御できない…」

「そんな自分が情けない…」

 

これ考え、実はするどい。

本質をついていると思います。

 

大人になるとは

自分の感情を自分で制御できる

ことが大人だと思うからです。

 

怖い・嫌だといった負の感情を

誰か・何かではなく自分の力で癒せる。

これが大人です。

 

 

「我慢せず、自由気ままに生きたい」

「思ったことを言える人が羨ましい」

 

今まで我慢してきた人からすると

自由な人がうらやましく感じる。

そうですね、私もそう思います。

 

けど、

「感情的で言いたい放題な自由」

は、正直コドモです。

 

「(私を不快にさせる)

アイツが悪い!傷ついた!!」

って叫んでいる人がいたら…

あまり関わりたくないですよね^^;

 

1度やり方を説明してもらって、

もし、間違えてしまったら…

「だから!さっき言ったじゃん!」

と怒る人も…近づきづらいですよね。

 

こういった人たちは、

「自分の怒りの感情」

を制御できていません。

 

  • 人を不快にさせる
  • やり方を間違えてしまう

な人たちが悪く見えがちですが…

受け取り側にも、問題はあります。

 

自分の感情に向き合わず

「他人・環境が全て悪い!」

と何かのせいにしています。

 

「〇〇くんが、あんなこといったから!」

と言い訳するコドモみたいですよね。

 

子供はまだ許されますけど、

残念ながら大人はそれは許されません。

 

だから大人は、

感情をなんとか自分の中で

上手に処理する必要がある。

 

自分を癒せる努力が必要。

自分の感情に責任を取れる。

これが、大人だと思います。

 

なかなかすぐには出来ない。

でも、意識してやっていけば…

かならず、光は見えてくる。

 

諦めずに自分と向き合うことが

大人になれる一歩です。

 

>>>自分を癒す考え方-もくじ-

 

トップへ戻る