やってはいけない?模写の失敗体験!モチベをぶっ壊すのは〇〇を選ぶことです!

スポンサーリンク
モチベの壊し方
ルイ
ルイ

こんにちは!ルイです!

 

「模写をしてみたけど…続かない…」

と言ったことになっていませんか?

 

私は、めっちゃくちゃなりました!!

 

めっちゃくちゃなったからこそ、

どーいったことが挫折につながっているのか?

見えてきました。

 

「どんなことをすると、モチベが下がるのか?」

私なりの挫折体験結果を見て、ぜひ反面教師にしてみてください~!

 

スポンサーリンク

模写で1番大事なのはモチベーション

別の記事で「模写の流れ」を書きましたが…

これだけを見ると、すっごくシンプルなんです。

けど実際には「モチベ(モチベーション)」によって、ゴールまでたどり着けるかどうか?が変わってきます。

 

「いかにストレスを減らして、続けられるか?」

というのが、模写の最大の試練なのです!

(模写だけじゃなくて、何かを続けること全般でね)

 

ってなわけで。

この先は「模写でのよくある挫折ポイント3つ」をお話していきます。

ここを気をつければ、模写ストレスが減るよ!

 

挫折1:モデル選びを失敗する

「イラストレーターを目指したい!」

という方は、クセのない絵柄をモデルにする方がいます。

(プロの世界では、クセのない大衆ウケがいい絵柄を採用される確率が高いから)

 

んが!

わくわく感情を後回しにして、理論・効率でモデルを選ぶと…

モチベ維持が苦手な方は高確率で挫折します。(私は腐るほどした)

 

あと、

  1. 自分の今の画力からめちゃめちゃかけ離れているモデル
  2. 理想イメージがめちゃくちゃ高い

という場合も、モチベダウンに大きく影響してくるかも…。

 

「上手い絵を模写したら、上達も早くなるはず!」とモデルを選んで描くと…

理想の自分の絵と、現実の自分の絵のギャップにショックを受けがちです…。

(後ほど話しますが、部分部分だけだったらこのモデル選びでもOK!)

 

そもそも、モチベが続かないと模写すらできません!

いくら理論的に得するモデルだとしても、描けなくちゃスタートラインにも立てないんですねぇ…。

ルイ
ルイ

なので、わくわくする絵をモデルにした方がいいと思うんです!

 

挫折2:デッサンの模写をしようとする

「人体デッサンを模写した方が良いのでは?基礎も勉強できて一石二鳥では?」

と思うかもしれません。

 

が、デッサンはモチベ維持のラスボスです。

デッサンが好きならいいけど、「勉強しなくちゃ…」精神だとただの苦行よッ!

 

私もやりました。

見事に挫折しました。

ルイ
ルイ

シンプルにおもしろくない

 

1ヶ月ぐらいでしょうか?

ノートや手が真っ黒になるまで、練習しましたよ。

けど、無味乾燥な無個性なデッサン人間を描いても、なんか完成した気がしないんですよ。

つまり、全然面白くないんですよ!!なんか成長も見られないし!

ブラックルイ
ブラックルイ

やってらんねぇ!!

 

ストイックに淡々と練習できる方や、リアルな絵を描きたい方なら…

デッサンを模写するのが1番の効率だと思います。

 

しかし、私の様にモチベーションに振り回され気味な方は…

デッサンの模写は、正直おすすめしません。

モチベが保てません。つまり……挫折します。

 

挫折3:いきなり全体を模写しようとする

模写って、普段の描き方とは違う、描き慣れていないことをするんです。

なので、模写はすっごくエネルギーを使っちゃう。

つまり、模写はちょっとずつ挑戦していくことが大事なんです。

 

けど、そんな普段から描き慣れていない状態なのに、全身図をいきなり始めると…

「顔もダメ、身体もダメ、手もダメ、ポーズもだめ、ああ~~~ダメばかりぃ~!」

と自分の無力感を思い知らされて、メンタルが豆腐な方は挫折する可能性が高いです…。

 

ここまでダメを突きつけられると…

最悪、模写する気が失せます。(私のあるある話)

 

「早く上手く描けるようになりたい!」と思って、いきなりハードルを上げると…

1番最悪な結末「挫折」になりやすいんですよ…。

 

ルイ
ルイ

焦りは禁物!

最初はまず、ハードル下げましょうや!

確実に1つずつスキルをマスターしてから、次の課題に進めば良いんです。

コレが結果的に、上達への1番の近道です♪

 

私の模写失敗体験談

実際に私が挫折した模写経験を書いておきますね。

 

模写って実際に描いてみると、高確率でモデルと全く似てない絵が完成します(汗)

上手く描けない自分の絵に「おめぇ下手なんだよ!」と、まるで声に出して言われているような気がし…

ルイ
ルイ

この不慣れな作業に

頑張って取り組んだ努力は…時間は…

一体、何だったのだ……

現実に絶望して、さらにストレスは溜まる溜まる。

「こんな思いをするのなら、もう2度と模写したくない…」状態になってました。

 

完成できたら、まだいい方です。

途中でズレまくっていることが嫌になりすぎて…

つい楽に戻りたくなり、自分の絵柄に戻るなんて模写ではあるあるです。

見事に、模写失敗です。

 

こんなことを、何度も何度も繰り返してました。

 

大事なことなので2回言います「モチベ維持は大事です!」

ぶっちゃけ、模写はストレスたまることです。

慣れてないことをするから。

その、慣れないストレスを1mmでも減らすことが、好きな絵柄を模写することなのです。

 

全然興味がない絵柄を見続けて描くよりも…

興味のある絵柄をずっと見つめる方が良いですよね?

 

さらに完成させてみると、上手く描けなかったとしても、完成されたプロの絵がそこあります。

デッサン人間の練習にはない、「完成絵が完成した!」という達成感があります。

なんか、1歩前に進めた気がします。

ルイ
ルイ

なんかデッサン絵は、

「あくまで練習した絵が完成した」

って感じでモチベ上がらないんですよね

 

「わくわく・達成感」

これらは、モチベにお~~~~きく影響します!

 

続けるためにも
モチベ維持は
何よりも大事です。

諦めたらそこで試合終了ですからね。ね?安西先生?

 

まとめ

  • 挫折1:モデル選びを失敗する
  • 挫折2:デッサンの模写をしようとする
  • 挫折3:いきなり全体を模写しようとする

まぁつまりですね、「モチベを減らさない努力は鬼大事!」という話をしてきました。

 

シンプルにモチベが減る状況を言うと、

「感情じゃなくて、理論・効率を優先してしまう」

近道一択を選ぼうとする、ということです。

 

  • 近道だけど、危険がいっぱいで挫折者が90%の茨道
  • 遠回りだけど、安全でゆったりとした成功者が90%の道

こう文章にしてみて見ると、一目瞭然だと思います。

 

「100%近道が悪い!」というわけでもありません。

「遠回りが100%正解!」というわけでもありません。

「〇〇の方が良い!」はぶっちゃけ、かたよった見方じゃないかな?と思います~。

要は、お互いのいい部分をバランスよく通れれば、ベストじゃないかな?

 

ルイ
ルイ

ご参考まで!

 

イラスト・創作をもっと楽しみたいアナタへ!

このブログでは、

  • もっとイラストの道を極めたい!
  • イラストを使って遊び(動かすなど)たい!
  • イラストでいろんな創作をしたい!

といったことを、

初心者さんもわかるようにご紹介しています!

 

イラスト関係の色んな役立ち記事

がありますので、

ぜひ、楽しんでいってくださいね♪

 

トップへ戻る