アクセスアップの鍵!ブログを読まれるにはタイトルで決まっている -skypeコンサル10回目・4-

月に1回のアフィリエイトサポートしてくださっている、

はるさんとのskypeコンサル10回目その4。

 

今回は、

「タイトルの重要性」

といったことについて話していきます。

 

スポンサーリンク

興味深いタイトルをつける

ブログにとってタイトルは超大事です!

 

記事を読んでもらえるか?

読んでもらえないか?

はタイトルに関わっているからです。

 

例えば、ヤフーのトップページ

大量に見出し(タイトル)がありますね。

 

この膨大な情報量の中を

一瞬で注目してもらうには大変です。

「どうすればクリックしてもらえるか?」

と言ったことを、みんな試行錯誤しています。

 

いわゆる、

キャッチコピーともいわれます。

 

「今日食べたもの」

というタイトルだったら…

芸能人などのファンじゃない限り

押したいと思いませんよね?

 

せっかく良い記事を書いていても…

クリックしてもらえないと

記事を読んでもらえないのです。

ルイ
ルイ

悲しい…

 

タイトルに

「こっちにおもしろい情報があるよ~!」

と呼び込みが必要なのです。

 

試行錯誤が大事

ここでは

具体的なタイトルの付け方は

書きませんが…

 

1発で素晴らしいタイトルをつける!

と思わなくても大丈夫。

というか、その方が難しいので。

 

要は、

トライ&エラーです。

 

1発でうまくいくことなんて

めっっったにありません。

 

まずはこの文章を選んでみて…

アクセスがイマイチだったな~

と思ったら、また違う文章を試していく…

と言った試行錯誤が大事なんですね。

 

1度やってみて

ルイ
ルイ

ダメだった…

で終わってしまう人が多いのですが…

(私です)

 

「これはダメだった」

がわかったんです。

 

じゃあ次は

どんな方法にしたらいいのかな?

 

といった思考転換ができれば

どんどん前に進むことができますよ!

 

挑戦したこと自体が素晴らしい

まず、

挑戦したこと自体が

素晴らしいですからね!

 

挑戦したからこそ

ルイ
ルイ

ダメだったって…

思ったわけですから。

 

何も挑戦しなかったら

「ダメだった…」

という思いすらしませんから。

 

結果は、あくまでおまけ。

ルイ
ルイ

上手く行けたらラッキー!

ぐらいに思っておいた方が楽です。

 

ブログは失敗しても、誰も責められません。

(中傷は無視!存在を消しましょう)

 

失敗してからが、スタートラインなのです。

「今度はこうしてみよう!」

と繰り返していくと…

 

明るい未来が必ず見えます。

 

脱、完璧主義です~!

 

 

あと、現状(2019/8)では

タイトルは、

32文字以内に重要なキーワードを入れる

といいです。

 

Googleとかで検索すると、

32文字までしか表示されないからです。

こういったちょっとした知識も

アクセスアップにつながっていきます~!

 

 

とにかく

タイトルが大事!

と言ったことが伝われば幸いです。

 

休憩

お疲れ様でした。

 

今回の話のまとめとしては…

  • タイトルは超重要!お客さんを呼び込む入り口
  • 1発では良いタイトルは見つからない、トライ&エラー

といったことでした。

 

常日頃、ニュースサイトなどで

「どんな言葉だったらクリックするか?」

と言ったことを研究するのも大事です。

 

他にもネットで検索してもらうためには

「お客さんに検索してもらえる言葉」

を探し当てる必要があります。

いわゆる、SEOってやつですね。

 

ルイ
ルイ

ライバルが居て、なかなか見つからない…

って場合は、ツールを使うのもありです。

時短にもなるし、ライバルが居ないキーワードがすぐに見つかっちゃたりします。

モチベアップにもつながるので、こういう選択肢もありです。

キーワードスカウターST

 

キーワードは奥が深いです。

じっくりコツコツ、学んでいきましょう!

 

skypeコンサルまとめ

 

 

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

Skypeコンサル
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る