dropboxのスクリーンショットを解除!自動保存しない方法

クラウド型保存ツール「Dropbox」。

こちらのツールを使っていて、スクリーンショット(prt sc)を撮ると…

右下の通知領域に「スクショ保存したよ!」的なお知らせが出たことはないでしょうか?

 

実はこれ、スクショした画像をDropboxが自動的に保存しているのです。

 

左下の「保存しない」を押すと大丈夫なのですが…

右下の「スクリーンショットをDropboxに保存」を押すと

Dropboxに、勝手にスクショした画像が増えていきます。

 

「保存画像を勝手に増やしたくない!」

「なんとかできないの!?」

と言った方のために、解除方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

スクリーンショットを解除する方法

解除方法は簡単です。

 

  1. パソコン画面の右下にある通知領域のDropboxアイコンをクリック
  2. 右上の(自分の名前)アイコンをクリック

 

  1. 「インポート」タブをクリック
  2. スクリーンショットの「Dropboxでスクリーンショットを共有」のチェックを外す
  3. 右下の適用をクリック
  4. OKをクリック

※OKだけでもいけるかもしれませんが、適用を押してからOKだと確実です

 

以上です。

ちょっとしたことで、ストレスから開放されるので、

ぜひおためしください♪

 

おまけ「Dropbox内のデータを間違えて消してしまった」

間違って、Dropboxの中のデータを消してしまうこともあると思います。

あわてなくて大丈夫!30日以内なら、データは残っています!

 

  1. まず、Dropbox.comにアクセスし、自分のアカウントでログインします。
  2. 左側のサイドバーに「ファイル」があるので、クリック
  3. 同じく左側のサイドバーに、「削除したファイル」があるのでクリック
  4. 消してしまったデータを探して、データ名の左側のチェックボックスを入れて「復元」を押します。

 

これでデータが復旧されますよ^^

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

作業効率化
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る