skypeコンサル4回目・6:「なんとなく好き」は「大好き!!」なライバルに勝てない?

月に1回のアフィリエイトサポートしてくださっている、

はるさんとのskypeコンサル。

 

前回のまとめとしては…

  • 批判と批評は違う!根底に「好き」があると言い方で変わってくる!
  • アフィリエイト商品はいまいちな点を入れるとより売れる!

といったことでした。

前回の記事

 

今回は、好きなことに対しての熱意の悩みです。

 

スポンサーリンク

アニメを仕事として見てしまい純粋に楽しめない

私はアニメブログの方で、アニメを見た感想を書いているのですが…

だからこそ、純粋にアニメを楽しめなくなっていました。

 

アニメを見ていると…

ルイ
ルイ

この感想の記事を書かなくっちゃ…

って思い始めちゃうんですよね。

そう、思っちゃうとなんか妙に意識してしまって…

 

 

ルイ
ルイ

このアニメの面白いところを見つけなくっちゃ!

面白く書くにはどうすればいいだろう!?

 

とか、そういう風に考えること自体は良いのでしょうが…

普通に「面白いなあ~」と感じることが難しくなってしまっていたのです。

 

どこか、かっこをつけていたんでしょうね。

いい記事を書かないといけない!って。

 

そんなプレッシャーを感じながら、アニメを見るものなのですから…

そのアニメ見るを見ること自体が苦痛になっていました。

 

好きだと思っていたものが、好きではないと思う瞬間

そうなってくると…

ルイ
ルイ

私はアニメを見るのが好きではないのでは?

と思い始めてしまったんですね。

そうなってくると、色々ゆらついてきました。

 

 

ルイ
ルイ

そんなに好きではないものを、アニメのブログとして立ち上げてしまっている…

イマイチなものを書き続けてきたのか、私は?

 

みたいな。

 

1つ崩れだすと、全てが色あせて見えてきて。

アニメニュースなどを最近は見ていたのですが…

なんか面白くないなーとか思っていたり。

 

そうなってくると、私何やったんだろう?って。

ルイ
ルイ

好きでもないことに対して、何してんだろ?

そんな悩みを抱き始めていました。

 

毎日ブログを更新しているからこそ、そんな気持ちが漂ってきたんですね。

(これは、挑戦したからこそ出たの悩みでもありますね)

 

そのことも、はるさんに相談してみました。

「ここまでアニメ記事を書かれているということは、アニメが好きなことは間違いないです!」と。そして「好きな度合いは人それぞれ」だと言ってくれたのです。

 

私の勘違い「好きの度合い」

「とにかく、アニメが好きで好きでしょうがない!!」

と思いが溢れまくっている文章の人を見ると、私はどうも引け目を感じていたんです…。

ルイ
ルイ

私そこまで熱意がない…

って思っちゃって。

 

こうやって、熱意がある人が本来はアニメブログを立ち上げるべきなんじゃないかって。

そういう愛がいっぱいこもった人だからこそ、人気が出るんじゃないかって。

 

ルイ
ルイ

それに比べて私は、熱がないのにアニメブログ立ち上げちゃって…

って思ってしまっていたんですよね(汗)

頑張ってそこになろうと思っても、どうしてもそこまで熱意がなくて。

「なんとなく好き」みたいな感じだったんですよね。

 

しかし、「ここの存在にならなくていい」と言ってくれたのです。

じっくりと、じわじわ楽しむのが私流だと。

それを聞いて少し安心したのでした。

 

中途半端な私が、アニメ記事って書いてもいいんだろうかって。

ずっと心に引っかかっていたのです。

どうも私は、一流のプロじゃないと仕事をしてはいけない!みたいな感覚になっていたのでしょうね。

 

そのプレッシャーが、「アニメが楽しくない。私アニメが好きではないかも?」といった考えに入ってしまったのかもしれません。

 

私らしくてよかったんです。

 

同じアニメを書いていても、私の感想があるからこそ他の人と違っていると。

私にしか書けない文章。私らしさ。

それでいいんだと教えてくれました。

 

大好きな人に敵わないんじゃ…

ライバルは気にしなくていいと!

逆に、ライバルがいてくれるからこそ、アニメの記事が盛り上がる。

なので、ライバルはありがたい存在だというのです。

 

私は、ずっとライバルに怯えていたのかもしれません。

ルイ
ルイ

そんな熱意ある人と、こんなゆるゆるな私とは勝負にならない…

そんな勝負にならない世界で、私は一体何をしているのか?と。

 

ルイ
ルイ

中途半端にぶら下がっていて、やっている意味あるの!?

って思っていたのかもしれません。

 

しかし、私流で進めばいいというのです。

逆にライバルがいるからこそ盛り上がるジャンルというのは、需要があるジャンルって事ですよね。人が少ない場所だと、それはそれで大変です(汗)

実際、アニメが好きな人って多いです。

 

「自分らしく書くことで、オンリーワンの存在になります!」

という名言をはるさんに頂けました!

 

休憩

ここで一旦休憩です!

 

今回のまとめとしては…

  • アニメが好きと思っていたけど好きじゃないかも?⇒ここまで続けていたら好きの証拠!
  • 熱意のあるファンにならないくていい、自分らしい好きを!
  • ライバルは気にしなくていい、自分らしさで勝負して!

といったところでした。

 

焦ったら、ついつい出てくる悩みだったと思います。

 

次回に続きます!

 

skypeコンサルまとめ

 

毎日不安で生きづらいあなたへ

・コミュ障、対人恐怖症、超ネガティブ!
・自信がなさすぎる、自己嫌悪の塊
・逃げぐせが強くて、何やっても続かない
・この苦しみをなんとかしたいけどわかんない!
・生きづらい、将来が不安でしょうがない
・働きたくないでござる!

な私が、家で稼げる方法を身に着けました。
あなたもぜひ、こちらの世界に来ませんか?

Skypeコンサル
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る