紙とペンじゃダメなの?結局アナログとデジタルどっちがいいの?【これから絵を描き始める人へ】【デジタルが気になっている人へ】

スポンサーリンク
ルイ
ルイ

こんにちは!ルイです!

「アナログ(紙とペン)で描くのはダメなの?」
「絵の初心者がいきなりデジタルなんて…」
「デジタルイラスト(機械で絵を描く)が気になるんだけど、あれって難しくないの?」
「使いこなせるかわからないから、買うまではちょっと…」

 

など、色々な不安が出てくると、興味はあってもなかなか手を出せない…ということもあると思います。

 

一言で「デジタルが良いのか?アナログが良いのか?」の答えをいうと…

絵に1番何を求めているのか?

で変わってくると思います。

 

この記事では、デジタル・アナログのメリットデメリットを書いていきます。

ルイ
ルイ

各メリット・デメリットも見てみることで、「デジタルがいいのか?アナログがいいのか?」を選ぶ判断基準が出来上がると思います。

ご参考まで!

 

スポンサーリンク

アナログ

まずは、アナログから。

アナログは、ペンと紙、色鉛筆や絵の具などで描いていくことですね。

さっそく、こちらのメリット・デメリットを書いていきます!

 

メリット

  • 紙とペンがあればすぐにでも描ける
  • 子供の頃から触り慣れているペンと紙なので、特に抵抗感なく描ける
  • デジタルに比べると、初期の材料を安く揃えられる
  • 簡単にコピーできない、1点もののイラストなのでレア感がある
  • 簡単に描き直しできないので、緊張感を持って絵を描ける
  • あたたかみ・味がある

デメリット

  • 描き直しが簡単にできないので、失敗したら気軽に修正できない
  • 鉛筆などで最後まで完成させず、らくがきで終わるので上達しないことが多い(かつての私)
  • 絵の具などを使う場合、準備・片付けが面倒
  • 漫画でトーンを使いたい場合、1枚1枚が割高かつ、売っているところが最近は少ない

 

ルイ
ルイ

1番のメリットは、気軽に描くことが出来る

1番のデメリットは、簡単に描き直しが出来ない

といったところでしょうか?

 

デジタル

次は、デジタルです。

デジタルは、スマホ・タブレット・パソコン(板タブ・液タブ)など、色々なもので描けます。

今度は、こちらのメリット・デメリットを書いていきます!

 

メリット

  • 何度でも描き直しが出来る
  • 手が汚れない、消しカスが出ない
  • アナログでらくがきしか描いたことがない場合、簡単にカラーを描けて感動する
  • データの簡単な受け渡し、コピー、仕上げなど色んな意味で効率的
  • 絵の具とかを使っていた人は、機材一つあればそれ以外はいらない
  • 漫画を描く場合、トーンは何枚でも簡単に貼り放題、3Dなどで簡単に背景が描けたりも

デメリット

  • ペン・ソフトなど、使い方を覚えるまでちょっと大変
  • アナログに慣れている人は、勝手が違うデジタルに最初は違和感があるかも
  • たまに機器類が壊れて、今まで描いていたデータが吹っ飛ぶことがある(ソフトによってはある程度復元できる)
  • 最初お金がかかる(5,000円~10,000円などピンからキリ)
  • 何度でも描き直しが出来るので、やりなおしすぎて前に進めなくなることもある
  • アナログにはない、電気代が多少かかる
  • 視力がちょっと悪くなるかも

 

ルイ
ルイ

1番のメリットは「何度でも描き直しが出来る」

1番のデメリットは「初期費用が高い」

といったところでしょうか?

 

参考までにどっちがオススメ?

これらのメリット・デメリットを見ても、ちょっとイメージがわかないかもしれません。

実際に触ってみないと、ちょっと分かりづらいところもあると思いますので。

他にも、デメリットと天秤してみると、やっぱりデジタルは無理かも…など色々あると思います。

 

なので、あらためてシンプルに答えます。

 

私は「アナログ・デジタル」それぞれの特徴は…

アナログ・・・お金をかけずに、手軽に描ける
デジタル・・・最初にお金かかるけど、きれいな絵が描ける

だと思っています。

 

なので、「絵に何を求めているか?」で変わってくると思うのです。

 

「上手な絵とかあんまり求めない!らくがき程度でいい!描いて楽しければそれで十分!

というのなら、紙とペンで描けるアナログでも十分楽しめます。

わざわざデジタルにしなくても、カラーなら色鉛筆でも美しく、楽しく塗れます。

(もちろん、アナログでも十分上達を狙えます)

 

「どうせ描くのなら、きれいな絵を描いていきたい!上達していきたい!」

というのなら、最初からデジタルに挑戦していってはどうかな?と思います。

「上手くなりたい!」という熱意があるのなら、初心者でもいきなりデジタルで全然OKです。

 

「ものすごい熱意はないけど、絵はどうせなら上手くなりたい…。デジタルにもちょっと興味があるけど、お金かけて上手く行かなかったら…」

というのなら、まずはアナログから始めてみてはどうでしょうか。

そして描くのが楽しくなってきたら、今の時代はなんとスマホがあればペイントソフトのアプリで描けます。しかも無料です。

それで、デジタルの雰囲気を楽しむのも良いんじゃないかな?と思います。

 

ちなみに漫画を描く方は、デジタルを強くおすすめします。

マジで色々と楽です。私はデジタルでしか漫画はもう描けません(笑)

 

ルイ
ルイ

私はデジタルの便利さを知ってしまったので、もうアナログの世界には戻れません…!

 

おまけ:らくがきばかりでデジタルを迷っている方へ

私の話をさせてもらいますと…

私はアナログでは、紙とペンで落描き程度のことしかしたことがありませんでした。

「最後まできれいに完成させる」ってことが、ほぼなかったんですね。

なので、デジタルとかのきれいなカラーイラストとかに憧れを持っていました。

 

ルイ
ルイ

けど、デジタルとか難しそうだけど…使いこなせるのかな~?

と思いながらも…

カラーイラストを描いてみたかったので、勢いでデジタルを買いました。

 

色々と試行錯誤しながらも、そのときに描いたのがこちら↓

ルイ
ルイ

もう、感動したんですよ!

今まで鉛筆でらくがきしかしてこなかったので…

「完成した絵」というものが楽しくて楽しくて!毎日描きまくっていました。

ルイ
ルイ

もっと色んな絵を描いてみたい!

という気持ちがぶわっと湧いて、やり方とか自主的に調べて色々と試しましたねぇ…。

やっぱり、らくがきよりも、最後まで完成させたカラー絵ってテンション上がる。

 

なので、私みたいに「らくがきばっかりで完成絵がほぼない」って方なら。

デジタルをめちゃくちゃオススメします。ぜひ最後まで完成させてみてください。

ルイ
ルイ

絵を描くの、もっと楽しくなりますよ

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

イラスト関連
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る