「人を描くのって楽しいね!」の冒頭を読んでいたらなぜか泣いていた話

絵を描くのが上手になりたい。

いろいろ試行錯誤してきたつもりだが、全然うまくならない。

 

あるブログで、やっぱり地道な努力が大事と改めて知る。

紹介されていた本を買う。

「人を描くのって楽しいね」という、有名な本だ。

 

その冒頭のちょっとした物語に、ボロボロ泣く自分がいて。

いい意味での涙だ。

 

今日はちょっと、そのことについて書いていく。

 

スポンサーリンク

「やさしい絵の教本」

まさか、

絵を教えてもらう本で、

メンタルに響く出来事があろうとは。

 

この「人を描くのって楽しいね」という本、

一言で言うと、

「とにかく絵を描くことを楽しもう」

というものに溢れかえっている。

 

そして、とても雰囲気がやわらかい。

 

かたっ苦しい教科書のような言葉が殆ど無い。

「~しようね」とか、

「~だよ」とか、

語尾が優しく話しかけれてくれるような文面である。

 

「~しましょう」という終わり方もあるけど、

全体的にやさしい雰囲気で文章が成り立っている。

小学生でもきっと、とてもわかりやすい言葉。

文字数も少なく、すっと頭に入ってくるシンプルさ。

 

ルーミス先生の本

ここで比較に出すのは少し申し訳ないが、

絵の基礎本で有名なルーミス先生の本とか、

やたらと字が多くて長い。

 

そして、海外の方の書いた本なので、

翻訳されている文章が??な文脈なのが多いw

しかも冒頭から超小さい字で、2~3ページとかざら。

 

よく読んでみたら、

すごく良いことが書かれているのだけれど、

正直、読む気にならないw

 

だって私は、絵を教えてもらいたくて買ったわけで。

いきなり絵に対しての、うんたらぬんたら~って言われても、

いやまず描いてみないとヨクわからんwってパターンが多いw

 

ゆとり世代には辛いわww

 

なので、冒頭からやる気が削がれるという暴挙に。

私みたいな中途半端な覚悟のやつが読むには、ハードルが高すぎた…。

 

けど、いつか必ず理解できるようになりたいものだ。

 

 

最初からやる気が出てくる言葉

そして、人を描くのって楽しいね!の方は、全くの逆。

 

冒頭から、すごくやる気が出てくるのだ。

 

まず、読みやすい。

イラストがたくさんあり、文章も少ない。

 

しかも文章も本当にシンプルに

「絵を描くと楽しいよ!だから描こう!」

とうったえてくる。

もうとにかく、問答無用に描こう!と。

 

そして頻繁に休憩を求めてくる。

「そろそろお茶にしようよ!」と。

 

焦らずに、楽しく進めよう♪

といった雰囲気がバリバリ伝わってくる。

 

「なんで絵を描きたかったんだっけ?」

ということを、思い出させてくれる。

 

苦手な人は極端に苦手だろうけど、

私はこういう雰囲気がすごく安心しちゃって。

 

「あっ、この人についていきたい」

と自然と思ってたのでした。

 

鉛筆の持ち方で号泣

鉛筆の持ちからの説明が書かれていて、

「ええ~!?そこから!?」とびびったんですよ。

 

でさ、私いわゆる握りペンなんだわ。

ちゃんとしたペンの持ち方じゃないんですよね…。

これが地味にコンプレックスで。

 

というのも、昔、

絵の専門学校の体験学習に行った時にね…

「握りペンだね。…まぁ別にいいんだけど」

と突っ込まれてね…地味に刺さってんのね。

 

だから、

「はぁ、またコレで注意を受けるのか…やっぱり直さなきゃなのか…」

とテンションがだだ下がりだったわけよ。

 

そしたらさ、びっくり。

すぐその下に

「今の持ち方も大事にしよう」

って書かれているの。

 

  • 握りペンで描いてきた人はその持ち方が一番うまく描けるはず
  • ネガティブになる必要はない
  • 矯正しないし、絶対にしないほうが良い

 

もう、ぼろぼろ泣いてるのよ、これが

 

びっくりした、超ビックリした。

何泣いてんの?ってぐらいぼろぼろ泣いた。

今でも泣きそうだわ。

 

直さなくても良いのか…

と思うと、すごく心が楽になったんだ。

てっきり私は、否定のことがやってくるのと思ってた。

 

「この持ち方が良いので、絶対に直してください!」

と、直したほうが良いメリットを淡々と語られて、

今に現状がいかにダメかと思い知らされる。

 

こうなると、

メンタル激弱&天の邪鬼の私は、

超絶やる気が失せる。

 

「もうなんかいいや…」

と、やる前から諦める。

 

このパターンかと思ってた。

 

むしろ逆に、

全肯定してくれているのよ。

 

その持ち方が一番上手に描けるはず。

大丈夫、落ち込まないで、

それで今まで頑張ってきたんだ!

無理に矯正しない方が良いよ!

 

って言ってくれているわけですよ。

予想外過ぎたんですよ。

 

けど、それで終わらない。

握りペンを維持しつつ、

最初の5分だけ、正しい持ち方で描いてみてと。

2通りの描き方ができると、強い武器になると。

 

再び号泣。

 

「わかった、最初の5分だけ描いてみる!」

って素直に言うことを聞いてんですよ。

 

あれだけ、

「正しい持ち方なんかで、描きたくなんか無い!」

って思っていたのに、

自主的に「この描き方を頑張ってみる!」

となっている。

 

やっていることは同じ。

やる気の引き出し方だけが違うだけ。

 

 

つまり私は、

  • 否定されると(されていると思いこむ)動かない
  • 肯定されると、動く可能性が高い

 

こうなっているんじゃないか?

 

ってかね、よくある自己啓発系で、

「そのままの自分で大丈夫」って言われてもさ、

「なわけねーだろwww」って全力否定していたわけ。

 

意外と、受け入れると…変われるのかも知れない。

とか思った。

 

この本で上手なのは、

「そのままで終わらせない」ってところだと思う。

 

やっぱり、正しい持ち方の方が良いと言えばいい。

けど、今までのやり方も否定せずに、ゆっくりと覚えてもらう。

そういった意図を感じる。

 

うまいなぁ~と思った。

 

とにかく、頑張って続けてみようと思います!

 

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

イラスト関連
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る