skypeコンサル3回目・3:将来のイメージ(ゴール)を考えてみよう!

スポンサーリンク

月に1回のアフィリエイトサポートしてくださっている、

はるさんとのskypeコンサル。

 

今回で3回目です。

前回は、

  1. 押し売りではなく「おすすめ!よかったら見てみて♪」ぐらいで勧める
  2. 一瞬で稼げるPVは下がるのも一瞬
  3. PVはゆっくりコツコツ上がっていく

と言った話をしました。

前回の話

 

今回はどちらかというと、私の話が多いですが…

私の部分を、「あなた」で置き換えてみると参考になるかと思います。

一緒に学んでいきましょう♪

 

スポンサーリンク

アクセスが上がらなかったら方向性を変える?

「アクセスがあまり変化しない…」と思っていた私は、

「ブログの方向性を変えた方が良いのではないか?」と思っていました。

 

しかし、思っているだけで、

実際に何かをするとは…具体的に考えたことはない(汗)

そして、「絶対にこれをやりたい!」というテーマもない。

そんな感じで質問してみたのですが…

 

アニメブログの方ですが、

「すでにテンプレ化しているので、前よりも記事更新の速度が上がっているはず。

効率化もできているので、そのままでもいいのではないでしょうか?」

とアドバイスもらいました。

 

たっ、確かに、無理して書いて続かなかったら…水の泡ですもんね(汗)

せっかくリズムもついてきたことですし、まずは、しっかりと土台をした方がいいのかも?と思いました。

マンネリって駄目かな?と思っていたんですけども、そういった恩恵もあったのですね。

新たな視点でした!

 

3年後はどうなっていたい?

「将来的にはどうなりたいですか?」とはるさんに質問されたのですが…

私は、言葉に詰まってしまいました。

 

理想を叶えるためには、まず障害が出てきて…

その障害があるため、「理想は無理かも…」となってしまう私。

 

例えば私は、絵を描くことが好きなので、

「絵を教えることができればいいなぁ」と漠然と思っていました。

 

しかし、それには大きな障害があったのです。

私は人見知りが激しいので、人前で喋るということができないのです…。

単純に、頭が真っ白になるので、喋ることが怖いのです。

 

「そんな状態で人に絵を教えるということが、できるはずなんてない…」

となってしまうのです。

そうなってしまうと、「人様に絵を教えることなんて無理だ」と諦めちゃうんですね。

 

私は絵を教えることをやりたいのか?

何をしたいのか、はっきりとはわからないのですが、何でもすぐに諦めてしまう私。

その中で唯一続いているのが「絵を描くこと」なのですね?

だから、絵を描くことに対して思い入れが強いのかな?と感じています。

 

それで「絵に関することで食べていきたい」ことというと、

「絵の先生になることかな?」と思いついたのです。

 

「教えることは良いことです!教えることで、自分自身も成長ができますからね!」

とはるさんも応援してくれました!

 

「教える」ということは、まず自分が理解する必要があるんですね?

だからそのために、自然と教える対象を理解している必要があるんです。

 

そして教えるって、なかなか難しいんですよね。

相手に違う解釈をされたりすることって、日常の会話でもよくある話だと思います。

「そのズレがないように教えていく」ということが、必要になってきますね。

難しいですが、やりがいもあるのでしょうね!

 

こうして、私は「絵に関連した仕事をしたい!」と決めたのでした。

 

休憩

お疲れ様でした。

 

今回のまとめとしては、

  • ブログの方向性は無理に変える必要はない
  • 将来的なイメージ(ゴール)を漠然とでも考えてみる

と言ったお話でした。

あまり学びはないかもしれませんが、

ゴールを決めるのは大切なことなので、ぜひ実行して頂ければと思います!

 

次回に続きます!

 

skypeコンサルまとめ

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

Skypeコンサル
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る