「イラストレーターや絵の仕事にするか?」「趣味でとまっておくか?」絵・イラストを描くが好きだけどどっちがいいか簡単な判断基準をご紹介!

ルイ
ルイ

どうも~!ルイです!

イラストを描くのが好きな人からすると「イラストの仕事をしてみたい」と思うかもしれません。

ルイ
ルイ

かくいう私も、そう思ってイラストレーターのなり方などを調べ回り、先生に実際に教えてもらった時期もあります。

実際に、色々イラストの仕事を受けてみたり、大手企業さんから週1の頻度で連載4コマの仕事を請け負ったこともあります。

 

そんな体験をした私だから言える、「イラストを趣味にするか?仕事にするか?」の判断基準をお伝えしていこうと思います。

この記事を読んで、「う~ん、自分は趣味のままの方が良いな…」「やっぱり仕事にしたい!」と参考にしていただければ!

 

会社に所属などではなく、フリーランスでやっていく場合です

 

スポンサーリンク

イラストの仕事をする上で大事なこと一覧

まずは、サラッと一覧をご紹介。

 

  1. 時間管理はしっかりしている?
  2. レスポンス(対応)は早くできるか?
  3. 修正に耐えられる?
  4. お金をもらうことに抵抗はないか?
  5. マーケティングを勉強していけるか?
  6. 事務管理ができるか?
  7. 全てのことに自分で責任を取れるか?

 

絵を描けることは当然のこと、マーケティング・事務管理ができることも大事です。

なにせ、フリーランスは全部自分でやっていくことが必要ですからね。

(お金を払って任せることも、できるには出来ますが…)

 

もしかしたら、この一覧を見ただけで「うっ!私には絵を仕事にするのは無理な気がする…」と思ってしまったかもしれません。

けど、それはそれでいいと私は思っています。趣味でも全然いいと思うんです。無理にはじめて嫌な目にあったら、好きな絵が嫌いになってしまうリスクも有るにはありますからね…。

実際私は、たま~~に仕事にするぐらいで、絵はほとんど趣味です(笑)

 

ルイ
ルイ

「それでもイラストを仕事にしたい!」という方のために。

軽い触り程度ですが、ひとつひとつ見ていきましょう~!

 

(1)時間管理をしっかりしよう!

イラストの受注は、当たり前ですが締切厳守です!!

 

なので、日頃のスケジュール管理がしっかり出来ていないと…

ルイ
ルイ

わ~!締切だ~!

間に合わない~!!

と依頼主に迷惑をかける事になります^^;

 

最悪の場合、もう2度と仕事をいただけない事になりかねませんので、ご注意を……。

フリーランスは信用第一です!スケジュール管理はしっかりしましょう!

 

(2)レスポンス(対応)はお早めに!

絵の完成はもちろん、連絡の速さも重要なスキルです。

最低でも、24時間以内には返信を心がけてください。もちろん、早ければ早いほど好印象です。

どうしても時間がかかるのなら、そういった事情を一旦連絡することも必要です。マメな連絡が大事ですね。

ルイ
ルイ

音信不通がいっちばんアウト!相手に大変迷惑をかけます!これだけは絶対に避けてください!!

 

(3)修正に耐えられる?

イラスト作成に修正はつきものです。1発で通ることの方が奇跡です。

なので、下手したら何度も修正が重なることにもありえます。

 

絵師さんは、自分の絵にこだわりを割と持っていて、修正が嫌な方も多いのですが…(私も抵抗がすごかったです)

残念ながら、絵を「お仕事」にする上ではそれは通りません!

イラストの仕事をするということは、「依頼主がほしい絵を描いていく」ということです。「自分の描きたい絵を描ける」というワケではないことを、忘れないでくださいね。

 

(4)お金をもらうことに抵抗はない?

当たり前ですが、絵を仕事にするには報酬としてお金を貰う必要があります。

けど、絵を描く人に結構多いのが、「お金をもらうことに抵抗がある」ということ。

中には、「あまりにも安すぎる値段」で受けてしまっている方もいらっしゃいます。

 

けど、実はコレは色々と危険です。

そもそも、少額ではあなたの生活が出来ないし、安すぎる値段はイラスト作成の相場に悪く影響を与えます。「こんな安い金でイラストを頼めるのか」と勘違いさせちゃうのです。

アナタだけではなく、そんなつもりはなくても他のイラスト作成者の方にも迷惑をかける事になりますので注意してくださいね。

ルイ
ルイ

最初は安い値段だったとしても、だんだん値上げしていきましょう!

あまりにも安い値段を言われたら、交渉する or 断る勇気も大事です!

 

(5)マーケティングを勉強していこう!

会社に所属するならともかく、フリーでやっていくにはマーケティングが必須です。

マーケティングは色々な説明がありますが(詳しくは調べてください)、要は「イラストで仕事をやっていく流れ」のことです。

「絵の仕事をもらうための宣伝活動」「アフターフォロー」もここに大きく含まれています。待っていても仕事は来ないので、自分からお仕事を貰うためのアピールは大事です。

ルイ
ルイ

イラストで仕事をする、ということは「ただ、絵を描ければいい」ってことじゃないってことですねぇ…大変だ!

 

(6)事務管理をしっかりと!

フリーでやっていく場合は、事務管理は必須です!

売上管理、請求書の作成、確定申告、連絡のやり取り…全部、自分でやっていく必要があります。

ルイ
ルイ

大変ですがココは避けて通れない道です!

一生懸命、勉強してくださいね!

 

(7)全てのことに自分で責任を取ろう!

「全責任」と聞くと、なんだか怖く感じるかもしれませんが…。

フリーでやっていくということは、「最後に頼れるのは自分」なんです。

(先生とか、仲間とかは作れますけどね)

 

会社に所属すると、とりあえず毎月固定給はもらえたりします。

(今は「不況・AIの進化が早い時代」なので、この先どうなるかはわかりませんが…)

フリーはそう言ってられないですよね。売上に波が出てしまうことは、仕方がありません。

 

  • 自分の力で稼いでいく力を身につけて、自由なフリーランスでやっていくか?
  • あまり責任がない、とりあえず今は固定給がもらえる会社員でやっていくか?
ルイ
ルイ

どちらにも、必ずリスクはつきものです

アナタは、どちらがいいですか?

 

まとめ

「イラストで仕事をしていこう!」と思ったら…

  1. 時間管理はしっかりしている?
  2. レスポンス(対応)は早くできるか?
  3. 修正に耐えられる?
  4. お金をもらうことに抵抗はないか?
  5. マーケティングを勉強していけるか?
  6. 事務管理ができるか?
  7. 全てのことに自分で責任を取れるか?

まずは、「これらをやっていけるかな?」と自分と相談することが大事かと思います。

 

簡単にイラストだけの基準でまとめると…

  • 「人(依頼主・お客さん)が求める絵」を描ける ⇒ イラストの仕事
  • 自分の好きな絵を描きたい ⇒ 趣味、同人誌など

が良いかな?と思います。

 

ルイ
ルイ

「絵を仕事にするにはコレが全て!」というわけではないです。

あくまで「参考程度」にしていただければ幸いです!

それでは~!

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

役立ち情報
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る