skypeコンサル3回目・4:思い込みを違う視点から見てみよう!

月に1回のアフィリエイトサポートしてくださっている、

はるさんとのskypeコンサル。

 

前回は、

  • ブログの方向性は無理に変える必要はない
  • 将来的なイメージ(ゴール)を漠然とでも考えてみる

といったことを話しました。

前回の詳しい話

 

今回は少し長めです。

「おもいこみ」

という今回も大事な話なので、じっくりとお付き合いください。

 

スポンサーリンク

絵を教える=必ずしゃべる必要がある?

私は「絵のことを教える」というイメージは、

  • どこかで会場を借りて
  • 人を集め
  • 前に立って教える

ということが「絵を教える」ということだと思っていました。

しかし現代では、便利なネットがあります。

 

なので、

「対面ではなくても、絵の教室を開くことも可能です!」

と、はるさんからアドバイスをもらったのです。

 

オンラインでも教えることはできる!

これは盲点でした!

確かに今ではネットでSkypeを使って、教えることも可能です。

Skypeって、画像の共有もできちゃったりするんですよ!

 

その共有を使って「こうやって描くんですよ!」って実際に教えることもできるんですね。

なので、家で絵を教えるというお仕事も可能なんですね!

 

実はこの他にも、

  • YouTubeで私が描いているところアップして教える
  • オンライン講座を開く
  • メルマガなどで発信する
  • ↑をまとめることで教材として販売する

などなど、いろいろな方法があるとアドバイスも。

 

教材だけではわからない人には、メールサポートして教えることも出来ます。

もっと詳しく知りたいという人は、先ほど挙げたSkypeを使って教えることもできる。

skypeで画面共有をすると、自分が描いているところ見てもらえますからね!

 

同時に、お客さんの画面を見ることも可能。

言葉で伝えづらいことも、一瞬で画像共有で伝えることが出来ますね!

 

ネットで色々解決方法があったんですね。

正直びっくりしました。こんなにもたくさん他の道があったなんて。

 

なのでまずは、

「最初は、オンラインで教えるという形がいいんじゃないですか?」

とアドバイスをもらいました。

 

私は「外に出て、人様の前で教えないといけない!」

と思い込んでいたようなのです。

 

私レベルで教えてもいいの?

「絵を教えたいです!」とは言ったものの、

私は、そこまで言うほど絵が上手いとも言えません(笑)

全く描けない人からしたら、まぁ描けるかなぁとは思うのですが…。

 

そんな状態で、

「私が人様に教えるなんてことを、してもいいのだろうか?」

という不安がありました。

 

「絵を教えたい!」と言いながらも、

「私なんかのレベルで…」という障害もあったのですね。

 

しかしそこは、はるさんから「大丈夫!」という心強い返事を頂きました。

「アンさん(私)だから教えてもいい、アンさんだから教えてもらいたい人がいます!」と。

 

そうなのですか!?

今はまだ信じられないのですが…

はるさんの言うことを信じてみようと思います。

 

コツコツと行動で自信をつけよう!

それにはまず、

「ブログで、情報発信で教えることを始めるのがいい」とアドバイスも。

 

例えばブログの作り方。

描き方絵を描くことが好きな人に、

「絵を描くと自分らしいブログになる!」ということを、教えることもできますよね!っと。

なるほど…そういうことでよかったのですね。

 

そして

  • バナーの作り方
  • アイキャッチの作り方
  • live2Dの使い方

など、そういったこともサポートしますよーと。

そして、サポート料金を書いておくといいと。

 

正直、この話を聞いた時…

ものすごくハードルが高いなと思いました(汗)

 

どうしても、お金が関わってくると…

「私なんかが、お金をもらってもいいのだろうか?」

と思ってしまうんですよね…。

どうしても、自分の行動に自信が持てなくて(汗)

 

しかしそれでも、はるさんは続けます。

アニメブログの方で、吹き出しにハムスターの絵を描いているのですが、それもいけると。

  • ふきだしアイコンの描き方&吹き出しにする方法
  • 自分のイラストをネット上にアップする方法
  • バナー代行作業(動くバナーは料金高め)

という言葉を聞いて、ビビる私(笑)

 

「まずは、自分ができることから教えていくことが大事」

これを聞いた時、私はビビっときました。

 

「そうか、私ができることからで良かったんだ!」と。

またここで私は、ハードルを上げていたんだなと感じました。

 

まずは自分ができることから

すぐに始められる、教えられることをすると、

私が自信を持つことができるというです。

 

ここでも私は勘違い。

「自信があるから、やっと始められる!」と思っていたんですね。

そうじゃなくて。

 

まずは

「自分ができることをやってみて、そしてその行動が自信につながる」

ということだったのですね!

 

最初は何事も、全くできなくて嫌になっちゃいますよね。

でも毎日やっていると徐々に徐々に覚えて、最終的にはできるようになってますよね。

それでようやく自信になりますもんね。

 

昔体験した話から…

そういえば、これは私の話なのですが…

昔、スーパーでPOPを専門に作る仕事をしていたことがあったんですね。

それをやるまではPOPなんて全く作ったことがありません。

 

しかもそこでは、POPをPCで作るのですが…私は高校でPCを触ったのが最後な状態(笑)

自宅にPCなんてありませんなので、PCを触る機会なんてなかったのに…

私はそこに面接に行ったんですよ(笑)

 

それでも、徐々に徐々に覚えて、最終的にはできるようになるんですよ。

そこでよく色々な人に聞かれたのが「こういう仕事を前にしてたの?」でした。

「いえ、全くのゼロからです(笑)」と言うと、みんな驚いていました。

 

そうですよね、経験があるからその仕事を選んだって思っちゃいますよね。

今考えると、私は無謀なことしてたんだなと思うんですけども…

当時は、勢いで面接を受けたので、勢いも大事だなって思いました。

若い(よくわかってない)って、使い所によっては最強です(笑)

 

休憩

お疲れさまでした。

 

今回のまとめとしては、

  • 外で教室を開かなくてもネットでも教えることは可能!
  • 私レベルの良いのか?→私だから教えて欲しい人が必ずいる!
  • 自分ができるところから行動して、こつこつ自信につなげよう!

といったお話でした。

思い込みが覆されること満載でした。

 

皆さんにも身近にあることじゃないかな?

自分ではなかなか気づけないものなんですよね、思い込みって。

そして「もう私はだめだ…」って諦めちゃう。

 

けど、違う道もあるんですよね。

「道は1つではない」私のマイブームです。

 

それではまた次回。

またお会いしましょう!^^

 

skypeコンサルまとめ

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

生きづらくて、人生詰みかけて辛かった私が…
自分を好きになり、かつ残酷な世界で戦える方法を伝えています。

Skypeコンサル
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る