絵が下手で辛い!悔しい!イライラする!「自分の絵、下手!」 とやる気を失った時は?

スポンサーリンク
ルイ
ルイ

こんにちは!ルイです!

このページを開いてくださった、ということは…

あなたは今「自分の絵は下手だ!」と感じて苦しくなってるのかもしれません。

  • 「思い描いていた絵」
  • 「実際に自分の描いた絵」

に差がありすぎると…嫌になってしまいますよね。

私も何度も経験しています。

 

でも正直、その状態でずぅ~っといるのって辛いですよね…。

その状態から解決するためには、つらい状態を客観的に見てみることが大事。

そうすることで、自分の絵を責めることを止められます。

 

では一緒に、客観的に見てみましょう!

 

スポンサーリンク

絵の練習で1番なりたくない未来

このページを開いてくださった、ということは…

あなたは今「自分の絵は下手だ!」と感じて苦しくなってるのかもしれません。

  • 「思い描いていた絵」
  • 「実際に自分の描いた絵」

に差がありすぎると…嫌になってしまいますよね。

「自分の絵、へたすぎ!!」

と思わず、口に出してしまいたくなるかもしれません。

私も何度も経験しています。地獄ですよね(涙)

「絵が下手で嫌になる!」の後の展開は、あなたも想像がつくかもしれません。

やる気を失ってしまい、絵を描くことが嫌になる…

現実逃避したくなる…

私の場合、現実逃避すると「また逃げた…」とさらに自己嫌悪しました(汗)

これは、1番悲しい結果になるのではないでしょうか…?

「自分の絵が下手!」は実は怖い?

実はこういった「自分の絵が下手すぎる」と思ってしまうことって…

無意識に自分のハードルを上げている可能性が高いんです。

学校のテストで言うところの「100点満点を目指している」状態なんですね。

「100点満点を目指して頑張る!」という点では素晴らしいのです。

ですが、それが過度なプレッシャーになってしまうと…

逆効果になってしまうこともありえます。

そう、やる気を失うのです…。

Aくんと「完璧主義」なお母さんのお話

例えば、あるAくんと、Aくんのお母さんがいるとします。

A君はテストで100点を取るために、頑張って勉強したのですが…

実際にテストを受けると80点でした。

80点は十分すごいと思うのですが…

Aくんのお母さんは「100点じゃないと認めない人」でした。

80点のテスト用紙を見て、

「80点は0点と同じ」とガッカリした顔でため息をついています。

Aくんは、そんながっかりしたお母さんの姿を見て…

「ボクは何でこんなにバカなんだ!  
自分のやった勉強なんて意味がなかった!ムダだったんだ!!」

と、凹んでモチベーションが下がりまくり…

「もう勉強したくない!」と勉強をしなくなってしまいました…。

Aくんはなぜ「いい点数」を取りたかったの?

あなたは気づかれたかもしれませんが、このAくんのお母さんの態度…

「自分の絵へたすぎ!」と思うことに、リンクしています。

  • 「100点満点」『取れなかった……』
  • 「理想通りの絵」『描けなかった……』 がっかり……

といった、無意識に「やる気を失うスイッチ」を押しちゃっているんですね。

Aくんのお母さんは、上を目指す向上心のある人です。

だから、「80点で満足するんじゃありません!」とがっかりしたのかもしれません。

でも、「もっとAくんが頑張ってもらうために!」と思っての行動が、まさかの裏目に出てしまっていました。

Aくんが本当に欲しかったのは…

「頑張ったね」という言葉だけだったんです。

「超地獄」と「地獄」どっちがマシ?

絵は1~2回描いただけでは、すぐには上手く描けませんよね。

何度も何度も描くことで、ちょっとずつちょっとずつ上手になっていく。

短距離走ではなく、長距離走みたいなものです。

「息切れせず(やる気を失わず)に走り続けられるかどうか?」

が、絵が上手くなるには大切な事なんですね!

けど例えば、「1/10」を走り終えた時に

「まだ1/10しか走ってないの?もっと早く走りなよ…(ため息)」

なんて言われたら…すごくモチベーションが下がりませんか?

「自分は運動オンチだ…」と走ることをやめてしまうかもしれません。

なので、無意識に出てしまうこのネガティブの声をいかに小さくできるか?

が大事になってくるかな?と思います。

無理やり「1/10も走れたね♪」とポジティブになる必要はありません。

例えば、一言「頑張ったな」でも良いと思います。

「責めまくりよりはマシ」と天秤にかけるのが良いかなと思います。

「結果」<<<「過程」

ついつい結果ばかりを見てしまうかもしれません。

けど、結果にたどり着くにはかな~~~~~り時間がかかりますよね。

「それまで1秒も認めない!自分を許さない!甘やかさない!」

は、鋼のメンタルの持ち主でも、続けるのは辛いです(汗)

なので、たとえ満足できない絵を描けなくて嫌な気持ちになったら…

「描けた」という「事実」だけは受け止めてほしいです。

「たったそれだけのことで…」と思うかもしれません。

けど、「自分は絵が下手なんで…」とペンすら持てない人は多いのです。

「何かをする」というのは、それほどエネルギーが要ることなんです。

「うまく描けなかった結果」だけに目を向けるのではなく…

同時に「頑張って描いてみた過程」にも注目してあげてほしい。

(今は)理想通りに上手く描けない自分も、少しずつ受け止めてあげてくださると、私は嬉しいです。

きっとそれが、絵を描き続けるモチベーションにつながって、絵が少しずつ上達していく未来につながっていきますから^^

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

お絵かきマインド
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る