「デッサンを鍛えるVS色を鍛える」イラストはどっちを優先した方がいい?上達が早くなる?

スポンサーリンク
ルイ
ルイ

こんにちは!ルイです!

  • デッサンを鍛えて基礎を鍛えていくか?
  • 色を鍛えて完成度を高めていくか?

 

アナタはどっちを「絵の上達のため」に優先をしますか?

 

私は結果論になりますが、色を優先させたら絵を描くのが楽しくなりました。

デッサンはとにかく…つまらん!(笑)

けど、色は「完成」できるから、すごくモチベが上がる!

 

ルイ
ルイ

楽しくないと続かない…

という私みたいなタイプは、色を鍛えることをオススメします。

まぁ~、私の体験談を聞いてみてください。

この理由がわかる…はず!

 

スポンサーリンク

デッサンを頑張るが…

「絵の上手さは結局、デッサンがしっかりしているかどうか」

っていうじゃないですか。

だから私も、人体のデッサン頑張ってみたんですよ。

ルイ
ルイ

デッサンが整った、美しくてかっちょいい絵を描きたいんですよ!

 

けどまぁ~
つまらないから続きません。

 

続いても、頑張って1ヶ月ぐらいだったかなぁ…。

飽きっぽいし、成長を感じにくいので、嫌になっちゃう。

為になる教本とか買っても身にならない。なぜなら続かないから。

ルイ
ルイ

宝の持ち腐れだぜ…

 

デッサンをまずは鍛える人は、とにかく根気との戦いだと思います。

けど乗り越えたら、すばらしい世界が広がっています。

乗り越えられたら…ね。

 

ルイ
ルイ

正直、独学は厳しいと思います。

学校に通っているとか、強制された環境じゃないと…ね

あとは、超絶ストイックな鋼の精神の持ち主

(私は挫折した…)

 

色を鍛えるのはけっこう楽しい

では次は、色を鍛える。

個人的に、デッサンに比べると色は「ハードルが低い割には見返りが大きい」と思います。

 

オススメ1:色はとにかく映える

色がきれいに塗れたら、デッサンがイマイチでも割と映える。

 

デッサンって、とにかく鉛筆で描く~がほとんどじゃないですか。

上手く描けないから、変な線だけが大量に発生してしまう。

なので、全然映えないんですよ。

けど、色はカラフル。もうこれだけで映える。

 

しかも色を塗るとなると、最後まで絵が完成できている。

デッサンはなんていうか…下描きがどんどん溜まっていく感じだけど、色は完成品が出来上がってくる。

 

練習の結果よりも、最後まで完成させた方が、なんというか達成感がある。

ルイ
ルイ

なんか、色がついたら…

割とデッサンはごまかせそうな気がするw

 

オススメ2:色はテクニックが強め

色はデッサンに比べると、割と短期間で習得できると思います。

 

デッサンはとにかく、ごまかし不要な職人のストイックな世界なんですが…

色は結構、理論(知識)でなんとかなる可能性が高い。

知識だから、やってみたらうまくいきやすいので、結果も早く出やすいのだッ!

ルイ
ルイ

特に「透明感を意識した塗り方」をしたら、すごく映えていい感じになります!

 

私は最初、色の勉強はせず「とりあえず塗る」ってことをしてましたけど…

色の塗り方をちゃんと学んで塗ったら、だんだんキレイになってきてテンション上がりました。

 

オススメ3:色でデッサンをごまかせる

ここまで何度か言っていますが…

色で映えると、割とデッサンごまかせます(笑)

 

試しに、これは↓昔私が描いた絵なのですが…

色々とデッサンやら、すごい感じになっています。

色もまだ初心者の頃なので、あまり映えません。

ルイ
ルイ

当時の私はこれで頑張ったんだよ…!!

 

しかし、全く同じ線画で、これに色だけ映えさせる(ごまかす)と…?

ルイ
ルイ

色が映えて、デッサンごまかせません!?

 

全く同じ線画(デッサン)なんですよ!?

ルイ
ルイ

色の雰囲気に流されて、なんかいい感じの絵に見えません?(笑)

 

色で映えさせて、デッサンをごまかそう!(爆)

 

まとめ

どうだったでしょうか?

デッサンより、色を鍛えた方がなんか…楽しそうじゃなかったですか?

良い感じに映える様に塗れたら、デッサンごまかせますw

 

もちろん、最終的に上手くなりたいのなら、デッサンは必須スキルです。

デッサンが上達してくると、神絵師に近づけます。

ルイ
ルイ

神絵師になりたかったら…

辛いけどお互いデッサン頑張っていきましょう…!

私も神絵師になりてぇ!

 

でもそもそも、

  1. 絵が下手!上手くなりたい!だからデッサンを鍛える!
  2. けど、デッサンが嫌になって絵を描くのが楽しくなくなる…

ってのは、本末転倒だと思うんですよ。

 

それよりも、

  1. まだ習得が早めな色を鍛える
  2. それからデッサンに挑戦する

って流れもいいんじゃないかなと。

 

ルイ
ルイ

デッサンで上手く行かなくても…

自分にはきれいに塗れる技術がある!

と思えたら、絵の上達への挫折する可能性も低く…なると思うんですよねぇ。

なんというか、心の保険・安定剤になると言うか。

 

ご参考までに試してみてください~!

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

イラスト役立ち情報
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る