「あやうく一生懸命生きるところだった」を読んだ感想!マジメすぎる人ほど読んだほうがいい

あやうく一生懸命生きるところだった

どうやらマジメな部類に入るらしい、ルイでございます。

 

この本は、「人生、なんだか息苦しい…」という全ての人におすすめできる本。

ただし、読んでいたらなんか…腹が立つかもしれません。

「努力・根性は美しい!」と自分に厳しく、真面目すぎる人ほど。

 

この本は、その「マジメな常識」をぶっ壊すための本です。

この「がんばるは本当に正しいのか?」ということを考えさせられます。

その常識の壁をぶち壊せれば…きっと生きやすくなる。

 

そんな内容の本の感想を、ゆるっと語っていきます~。

※ネタバレはほぼ入ってないよ!ってかあんまりネタバレらしいネタバレがないw

 

全体的にどんな内容?

とにかく「頑張ることをやめた」本。

本っていうかブログっていうか…、愚痴を聞いているみたいです(笑)

 

約300ページ近くあるけど、サラッと読めるので読みやすい部類です。

だって私、本を買っても読むのが面倒で読むのやめるけど(特にビジネス・自己啓発系)、これはサラッと読めましたからね。

 

「前向きに!向上心を持って!弱点を改善しよう!」

とか、意識高い系の言葉なんて、一切書かれていない。

 

むしろ、その逆を言っている。

世間一般的に言われている「ダメ」を肯定している。

 

例えば、「何事も早く動け!早く出世しろ!」な社会風潮だけど…

作者はあえて逆を貫いている。

 

これだけは警告しておく。

号砲が鳴っても、僕はむちゃくちゃゆっくり歩く。

想像を絶する遅さだぞ。

そんな僕を気楽に受け入れてほしい。

僕自信も深く考えないから

アドバイスはお断り

とか書いている(笑)

 

自己紹介文だって…

ごろごろしてはビールを飲むことだけが日課になった。

特技は、何かと言い訳をつけて仕事を断ること。貯金の食いつぶし、昼ビール堪能など。

書籍へのイラスト提供や、自作の絵本も1冊あるが、詳細は公開していない。

こんな内容で締められている。

一言でいうと、ヤバイことが書かれている(笑)

普通の人なら、全力で隠したいことを堂々と言っている。

全く真逆の行動をとっている。

 

他人の世界じゃなくて、自分の世界を貫こうと「努力」している。

とにかく世間の常識とかけ離れた、肩の力を抜いて幸せそうに生きている人の話。そんな本。

 

めっちゃゆるく生きている姿にどこか惹かれる

ぶっちゃけ、世間的な常識で言わせてもらうと…

この作者のハ・ワンさんは「ダメ人間」と言われるんだと思う。

仕事もしていない、しようともしていない。

それだけで、多くの「頑張っている人たち」に批難されると思う。

 

けど、「僕は不幸だ~!」ってただ嘆くんじゃなくて。

なんか…納得のいく言葉を色々言ってんですよね。

 

例えば、

「お隣の〇〇ちゃんは大企業に就職して…」

みたいな「比較」をされたって話があったけど…

小さなことから大きなことまで比較ネタは尽きない。

自分を比べて、子どもを比べて、その次は孫を比べて……。

たぶん死ぬまでやめられないのだろう。

もしかして人間は、人生の大切な時間を、自分の幸せな理由を探すより、不幸な理由を探すことに費やしているのかも。

とか書かれていたりする。

ゆるい文章だけど、なかなか本質を捉えたことをたくさん書かれている。

 

なんというか…

「自分が悪いと思っていたけれども、自分だけの問題じゃないのかも?」

って考えされられることが多い。

 

みんな心の奥底では思っているけど、言わないことを言っていることも多い。

言ったら「頑張っている人たち」に怒られちゃうから。だから言わない。言えない。

 

そんな「言いたくても言えないこと」をズバッと言っちゃっているのがこの本。

だから、言いたくても言えない、主に真面目な人はすっごく惹かれる本なんだと思う。

収入もなく、学も技術も人脈も権力も若さも特にない。

お先真っ暗な人生、けど、自分の心のバッテリーをガンガン回復できる人生。

 

不安しかないけど、自由でいいなぁ~とどっか憧れる。

というか、「自由に生きていても、生きていけるんだ!」っていう、物語の主人公みたいな一発逆転ホームランが起きてほしいと、密かに応援したくなる。

そんなところが、色々惹かれるんだと思います。はい。

 

まとめ

「息苦しい社会の常識なんてクソくらえ!」

そんなことを、直接言葉には出さないけど、ひっそりと理論的?に話している本。

海に向かって「バカやろー!」と叫びたいけど、そんなの恥ずかしくて叫べない…って人に響く本かもしれない(何だそのたとえw)

 

「アナタの人生ってそこまで不幸?」

って、なんかゆる~~~~く問いかけられているっていうか…。

 

「頑張れって言われるけど、一生懸命生きたくない。

そもそも、何でそこまで頑張らなくちゃいけないの?」

そういった価値観を持っている方は、共感できる部分が色々あると思います。

興味が出たら、ぜひ読んでみてね。

 

 

◇こちらの本もおすすめ

 

トップへ戻る