失敗が怖くて動けない!!完璧主義で動けなくて苦しい!逃げてしまう!!を乗り越えたきっかけ話からもらったヒント -skypeコンサル5回目・7-

月に1回のアフィリエイトサポートしてくださっている、

はるさんとのskypeコンサル5回目その7。

 

前回の話のまとめとしては…

  • 過去の自分のためにブログを書く
  • コミュ障らしく生きる

といったことでした。

前回の詳しい話

 

今回は、

「楽しんで生きている人のきっかけからヒントを貰う」といった

について話していきます。

 

スポンサーリンク

はるさんのお仕事からヒントをもらう

私は、何かをしたいとは思うんですけれども…

何をすればいいのか、実はよくわかっていなくて。

 

そのヒントをもらうために

「やりたいこと」を実際にしているはるさんに

「なぜコンサルを始めたのか?」

質問してしみました。

 

こういった

「人の行動にきっかけになる話」

を聞くのが私は好きなんです。

映画とか、漫画を見ている感じで。

 

答えとしては…

とても人間らしい動機でした。

 

そんなはるさんの話を聞いているうちに

色々なヒントが見えてきました。

 

最初は誰でも不安

はるさんも最初は

「自分にはサポートはできるはずがない」

と思っていたそうなんです。

やりたいとも思っていなかったと。

 

しかし先生である竹川さんからは

「早くやりなさい」

と言われていたそうです。

 

この状況の気持ち、ものすごくわかります。

 

新しいことを始めるのは難しいです。

しかも「人様からお金を頂く」ということ。

お金はみんな大好きです。

そんな大好きなものを奪うような気がして…。

 

なので、

「お金をいただく」ということは

とてもハードルが高く感じちゃって。

 

「そんな怖い思いをするのなら、やりたくない!」

と思うのは当然だと思います。

私も同じ状況なら、必ず同じことを思います(笑)

 

はじめる転機

しかしある時、転機があったそうで。

同期の方が、サポートの仕事を始めたみたいなんです。

しかも、とても楽しんでいたと。

 

実際に

お客さんと楽しそうに話している姿を見ると

とても悔しかったそうです。

 

そうなんです。

サポート始めるきっかけは

「悔しい!」という

負けず嫌いに火がついたからだったんですね。

 

この話も、ものすごくわかります!

 

特に私は劣等感が強いので

「負けたくないという気持ち」

は人1倍強いです。

こればかりは自信があります(笑)

 

しかも

同期が楽しそうに仕事をしているとなると…

余計にそうなるはずです。

 

行動力に火がついた!

ここで行動できたのが

はるさんのすごいところ。

 

私だったら

ふてくされて…

ひねくれて…

「どうせ私はだめですよ!!」

って自分の中に引きこもりますから(笑)

 

でも、私も似たような経験があります。

後先のことなんて考えず

「とにかく動いてやる!(見返してやる)」

と言った気持ちは、とても大切なものですよね。

 

うじうじ考えているよりも

遥かに良いことだと思います。

 

なぜ動けなかったのか?

そしてはるさんは

「自分の中に思い込みがたくさんあった」

と気づかれたそうです。

 

「ものすごく成果を出していないと

 サポートはできない!」

と思っていたと。

 

10万円稼いでいたりとか

1万PVいっていたりとか…

 

とにかく

「目に見えてすごい実績がないと

 サポートなんてできるはずがない!」

って思っていたみたいなんです。

 

これも恐ろしく分かります。

もし私が、教えてもらう立場だったら…

やっぱり実績のある人がいいなぁと思っちゃいますし。

 

なので、その気持ちすごくわかるなって。

 

自分のことを過小評価してしまう

「とにかく、実績を積み重ねてから始めた方がいいよね」

とか思うんですけれども…

そもそも、やらないと実績つかないんですよね。

なんという矛盾。

 

その時のはるさんは

YouTubeで20万再生された実績持ちです。

 

20万再生ってすごいことですよ!?

私は昔、ハムスターの動画をアップしたのですが…

25再生ぐらいで終わりましたからね(笑)

(そのうち5回は自分のカウント・笑)

 

はるさんは

そんなすごい数字を叩き出したとしても

「大したことはない」

と思っていたみたいなんです。

 

自分のことは

どうしても過小評価してしまうんですよね。

私もそうです。

 

何と言うか…

すごい人と比べてしまうっていうか。

 

自分とお客さんとの価値観の違い

でも、お客さんからしたら

自分のエゴだったり…

プライドだったり…

そんなことは、どうでもいいことだった

と気づかれたそうなんです。

 

確かに私も

「かっこいいと思われたい!」

という気持ちが強くて

「恥をかきたくない!」

と、行動できないのかもしれません。

 

でもお客さんからしたら

そういった部分よりも…

共感する部分だったり

親近感があることが大事!だと。

 

お客さんとの距離感

そうなんですよね。

どうしても人って「出来る」ようになってくると

初心の頃の気持ちを忘れてしまいがちなんです。

 

そうすると

レベルの高い存在になってしまい…

初心者からすると、近づきづらくなるっていうか。

「こんなこと聞いちゃダメだ」って思うっていうか。

 

教えてもらう立場からすると

それはそれで、ちょっと問題な気もします。

緊張が先走ってしまって

「恥ずかしい、怖い」に意識が集中するって言うか。

 

けど親近感がある人だと

質問とか、しやすくなっちゃうじゃないですか?

「ちょっと気軽に聞いてみようかな?」って。

ちょっと先輩みたいな立場っていうか。

 

初心者の悩みに親身になれる

私も仕事で経験があります。

お局の人がいたんですけれども

その人には、とても聞きづらかったです。

(怖い人だったというのもある・笑)

 

それよりも

私より少し先に入った先輩に聞いた方が

聞きやすかったんですね。

 

それに

悩んでいた新鮮な気持ちも

つい最近感じていたことなんですよね。

その思いが新鮮なんです。

 

最初から完璧は居ない

とにかく

「全て完璧にできないとサポートができない!」

というわけでもなく。

 

サポートの仕事をするにも

誰でも最初は初心者のはずです。

最初から完璧じゃなくていいんです。

 

と言うか、最初から完璧の人なんて存在しません。

経験を積み重ねて

徐々に徐々に成長していくんですよね。

 

はるさんの話を聞いていて…

とても大切なことを学べました。

 

話を聞いて気づけたこと

とにかく怖い思いをしながらでも

経験を積み重ねていくことが大切

ビシッと決まったかっこいい講師じゃなくてもいい

と言ったことを教えてもらえました。

 

実はサポートを始めるきっかけ、気になってたんです。

話を聞いてみて良かったです。

私の道のヒントをもらえました。

 

休憩

お疲れ様でした。

 

今回は、私がいつもお世話になっている

はるさんのサポートを始めるきっかけのお話でした。

 

今回の話のまとめとしては…

  • 完璧主義が行動力を鈍らせる
  • 実績がないとしてはいけないと思いこんでいた
  • 自分とお客さんとの求めていることは意外と違う
  • ライバルが居ると行動力が増える
  • 怖い思いをしながらでも動いていこう!

といったことでした。

 

何かに挑戦する時の問題って

大体がこういうことなのかも知れません。

「プライド・恐怖が働いて動けない」

ということに。

 

わーわー文句を言いながらでも

「わかったわかった!」と

なだめながら背中を押し進めると…

違った世界が見えてくるかも知れませんね!

 

次回は、

「ブログを書くって甘くないんだけど…それ以上のなにかがある」

といったことをお話していきます。

 

私がお世話になっている、はるさんの成功曲線が学べる方法?!

skypeコンサルまとめ

 

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

生きづらくて、人生詰みかけて辛かった私が…
自分を好きになり、かつ残酷な世界で戦える方法を伝えています。

Skypeコンサル
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る