自分の個性は消さなくてはいけないの?個性があなたの強みなのに? -skypeコンサル10回目・7-

月に1回のアフィリエイトサポートしてくださっている、

はるさんとのskypeコンサル10回目その7。

 

今回は、

ちょっとゆるっとしたお話

をしていきます。

 

スポンサーリンク

私の絵なんて需要がありません…

私はずっと

ルイ
ルイ

自分の絵はダメだ…

と思い続けてきました。

 

前にスパルタ先生に教えてもらった時に

「お前の絵には需要がない」

とはっきり言われてしまいました。

 

沢山の人を売り出した経験のある

教育をした人の意見だったので

より信憑性があり…

ルイ
ルイ

私はもうダメだ

って信じてしまったんです。

 

完璧じゃなくていい

けどはるさん曰く

はる先生
はる先生

ブログでは

自分の絵が大事です!

と教えてくれました。

 

個性というものは

会社ではNGなんです。

型にはまっていないといけないんです。

じゃないと売れませんからね。

 

でも自分で発信する側では

自分なりの絵を表現する方がいいのです!

 

そうすることで、

お客さんは共感してくれるんです。

 

下手でもいいので

描いてネットにアップするんです。

自分の好きな絵で。

 

そうすることで

気持ち的にはとても楽になります。

人によっては、応援してくれるかも?

 

人生は選択の連続

「売れる絵を描かなくてはいけない!」

って思いながら描いちゃうと…

  • プレッシャーになる
  • 面白くない

ってつまらなくなってしますからね。

それだと、絵を描くこと自体楽しくない。

 

私たち絵かきって、

そりゃ超売れる作品ができたら良いですけど…

ただ「売れる」だけを求めてないんですよね。

(もちろん、お金はほしいですが)

 

絵も別に、プロじゃなくてもいいんですよ。

(純粋に上達が目的だと意識は大事です)

それ以外の道、選択肢はあるんです。

自分の絵を殺さなくてもよかった。

 

はる先生
はる先生

こういった

スパルタ先生の体験談を

語っても面白いですよ!

ともアドバイス頂けました。

同じように苦しみを感じた人にとって

とても共感できることだと思います。

 

人は、同じよう経験した人じゃないと

同じ苦しみを理解できません。

 

同じような苦しみを経験した人には

優しく接することが出来ます。

 

よく成功者とか話しますよね?

昔はいじめられてしんどかった、とか。

のちのち、こういったネタにもなります。

当時は苦しいですけどね。

 

絶対に漫画家になるには、

出版社だけじゃなくて良いんです。

今の時代、ネットもありますしね。

 

他にも

ソフトの使い方とか

自分の絵を動かすことができるlive2Dの記事とか

 

とにかく、

自分の絵や知識をアピールするは

いろいろあるんです。

 

道は1つじゃなかったんですね。

 

特に現代はネットが発達しましたので、

表現できる場が、色々と活用方法があります。

それを考えてみるのも、手ですよ。

 

無理やり型にはまらなくても、大丈夫ですからね。

個性、大事にしてくださいね。

(ただし、基礎は大事です!!)

 

休憩

お疲れ様でした。

 

今回の話のまとめとしては…

  • 無理に自分の感性を殺さなくていい
  • やり方は1つじゃない、いろいろある
  • 個性は大事にして!

といったことでした。

 

skypeコンサルまとめ

 

 

◆コミュ障でも、頑張ってます。

アフィリエイト活動記録

 

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

・コミュ障・協調性なし社会不適合者
・毎日、自己嫌悪の時間が多い
・とにかくネガティブで生きづらい…
・とにかく自信がない
・完璧主義でなかなか動けない
・いい子ちゃんで人と会うと疲れる
・クズな性格でガラスメンタル
・承認欲求の塊
・好きなこと以外で動きたくない!
・働きたくないでござる!

「私はまじめに働けないダメ人間…」
と凹んでいたけど、今は家で1人黙々とネットで稼げる時代になっていました。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

Skypeコンサル
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る