絵の上達のために勉強したり描かなくちゃいけないのに描けない…を解消する方法

スポンサーリンク
30秒だけがんばる
ルイ
ルイ

こんにちは!ルイです!

 

「もっと絵がうまくなりたい!」

「けど、そのための勉強がしんどい…」

「勉強しても、実際に絵を描くのがめんどう…」

 

こういうこと、あるあるですよね。

今回はその、めんどうを克服する「私なりの方法」をお伝えしていこうかと思いまっす!

これを実践すると、絵をたくさん描けるようになっちゃうかも!?

 

スポンサーリンク

結論:毎日30秒でいいから描いてみる

はい、もう本当30秒だけでも良いから

「毎日30秒だけ描いてみる」ってことを試してみてください。

30秒だけじゃなくて、1秒でも良いです。

 

超絶短い時間

だけ挑戦するってことが大事なんです。

 

もう、たったそれだけで、描く習慣につながってくる。

習慣になってきたら、描く辛さがぐ~~~~んと減っちゃうのです。

 

長時間描かなくてOK!

そもそも、なぜ絵が描けなくなっちゃうのでしょうか?

勉強するのがしんどいとか、絵を描くのが面倒とか、色々あると思うのですが…

 

しんどい、つらい

が大きな原因だと思うのです。

 

なんでしんどい・つらいって思っちゃうのか?

「(慣れないことを)長い時間作業する」

って考えがあるからだと思うのですよ。

 

イヤですよね、長い時間取り組むのって。

 

じゃあその、長い時間を和らげる方法って…

「毎日30秒だけでいいから描いてみる」

描く時間・勉強を極端に減らし、さらに「楽勝」だと思わせることだと思うんですよね。

 

30秒だけなら…

なんとかできそうじゃないですか?

 

「それなら、なんとかできそう…」

この考え方が大事なんです。

 

絵の勉強は二の次。

「絵を描く習慣を身につける練習」をするのです。

 

(考えすぎちゃう人用)そんなの意味がない?

けど、もしかしたら、頭からこんな声が聞こえるかもしれません。

「たった30秒だけやって、なんの意味があるんだ!何も描けないじゃないか!」

 

はい、そうだと思います。

 

大事なことをいいます。

その頭の声を否定する必要はありません。

 

「そんなことないよ、30秒でも1歩ずつ進んでいるじゃないか!」

とか、心にもないことを、無理やりポジティブに考える必要はありません。

(その考えを、ゴリ押しじゃなくて、素直に受け入れられるのならOK!)

 

けど、心にも思えないのなら…

それは、自分を都合よくごまかしているだけです。

 

「なにが1歩ずつ前進だ!良い子ぶりやがって!」って反発してケンカになるだけです。

余計にガンコになって、こじれるのがオチ。

ルイ
ルイ

ポジティブ言葉がケンカの原因になるのなら…

いっそ言わない方がマシです…

 

なので、「たった30秒~」とか頭の中の声が色々言ってきたら…

「そう思っているんだね」って肯定してあげてください。

黙って気が済むまで聞いてあげてください。

決して「そんなこと思っちゃダメだよ!」とか否定しないでください。

 

そうすれば少なくとも、反発してくる確率はかな~~~り低くなると思います。

 

たぶん、その声が出てくる原因は…

「早く上手く描けるようになりたい!」という焦りからくる声だと思います。

だから、「たった30秒で前に進めている気がしない!」と思うのかもしれません。

 

「あ~焦ってんだな~」

って、頭の声を理解してあげるだけで全然違います。

 

習慣になったらすごいよ!

もう一度言いますが、これは「絵を描く習慣を身につける練習」なんです。

習慣になってきたら、絵を描く腰の重さがだ~いぶ和らいでくるもんなんです。

 

絵のことじゃないですが、実際に習慣化できて「良い流れ」になった話をします。

 

昔、小説を一気に買ったのはいいのですが…

読まずにホコリかぶってたんです。

目に入る度に「読まなくちゃ…」で、ず~っともやもやしてました。

 

それを解決したのは…毎日少しずつ読むでした。

毎日10ページぐらいだけ読む。

 

ぶっちゃけ、それだけでも大変でした。

けど、毎日読む習慣がだんだん身についていきました。

 

そして、気づいたのですが…

読み始めると、けっこう続けて読めてるんですよね。

読み始めるまでが、いちばん大変なんだって思ったんですね。

 

んで、毎日10ページだけ読む習慣が身につき始めていたら…当然、読み終えたページの量が増えますよね。

そうなると…ニヤけるニヤける(笑)

さらに、「なんか、この調子で読み終えられそう!?」って無理やりじゃなくて自然と思える。

「いつか読まなくちゃ」で放置して、罪悪感?で見たくなかった小説の束が、自主的に見たくなっちゃう。

 

その結果。

買って1年経っても1ページも読んでいなかった小説が、1ヶ月程度ですべて読み終えられました。

面白かったし、積み小説を解消できて、も~超絶スッキリ♪

 

きっと、絵の練習もこんな感じで…

少しずつ描く習慣を身に付けて、「気づいたら少しずつ上達して行ってた…!」っていうのができると思うのです。

 

だから、「毎日30秒だけでも描く習慣を身につける」が大事だと思うのでした。

 

まとめ

  • 長時間「描く」は避けがち。長時間じゃなくて短時間で勝負!
  • 習慣化できたら、「描くのが当たり前」になってどんどん描けるようになる!?
  • 毎日30秒だけでも良いから描いてみよう!

 

ルイ
ルイ

よかったら、試してみてね♪

 

▶【関連記事】お絵かきで落ち込んじゃうアナタへ

 

トップへ戻る