才能がないと絵は上達しない?私は絵を描くのが好きな人はみんな才能を持っていると思うんだ

ルイ
ルイ

どうも~!ルイです!

 

「私には絵の才能がない、だから上手くならないんだ…」

という方が、(私を含めて)すっごく多いんだけど…本当にそうなのでしょうか?

 

「絵を描くことが好き」って方は、みんな才能を持っていると思うのです。

 

スポンサーリンク

才能とはなにか?

 

才能とは!「1%のひらめきと99%の努力である!!」と、某有名なトーマス・エジソン大先生はおっしゃった。

「そうですね、才能ってやつは持って生まれたスキルってわけじゃないんですね、先生!」

って思うかもしれないけど……ちょっとそうじゃないと私は思うんですね。

 

確かに、生まれ持った天賦(てんぷ)の才能を持つ人は存在する。

けど私が言いたいのは、そういう事ではなく…

 

好きなこと=才能

 

だと思うんですよ。

 

好きだから「自然と」うまくなっていく

 

好きって気持ちはすごいと思う。

絵を描くのが「好き」だから、もっと絵を描きたいと思うじゃないですか?

 

そう、好きだから続く。

もっともっと上達したくなって試行錯誤したくなる。

だから必然的に絵も上達していく。

 

その結果、「あの人すげー!才能あるんだよ!」的に周りが言い出す。

けど当の本人は、別に才能があるとは思っていないことが多かったりする。(いや、思っている人もいるでしょうけど)

 

ただ好きでやっているだけだから、あんまり努力したとか感覚がないと思うんですよ。

その、試行錯誤の過程ですら楽しめるっていうか。

耐えながら、努力したっていうか…「楽しいからやめられない!」みたいな感じ。

 

つまり、好きだからこそ続く。

好きだからこそ続いて上達していく。

上達した結果、「あの人すげー!才能がある!」となってくる。

 

だから、「好き=才能」と思うのだけど…あなたはどう思うだろうか?

 

絵を描くことが好きな人は、きっとみんな「絵の才能のタネ」を持っているはずなんだ。

これを読んでいるあなたもきっと、絵を描くことが好きなんでしょう。

「好き」というだけでじゅ~ぶん、「才能のタネ」は持っているのです。

 

けど、その芽をつぶす出来事があるから…芽が発芽しないと思うんだよね。

 

このお話のまとめ

  • 好きなこと=才能
  • 好き⇒続く⇒上達してく⇒才能だー!

 

次 >>>「絵を描くのが楽しくない!」才能の芽をつぶすこわ~い考え方!

 

「苦労して描いても全然上達なんてしない」絵を上達させるために大事な考え方

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

楽しくお絵かきするには?
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る