Live2Dを作るためのパソコンの動作環境とか自分のパソコンのスペックを知る方法とかわかんない!という方のための救済ページ!

スポンサーリンク
ルイ
ルイ

こんにちは!ルイです!

「Live2Dで自分の絵を動かしてみたい」と思ったんだけど…

自分のパソコンでも大丈夫なの?公式ページの動作環境とか見たけどよくわかんない…。

といった方のための救済ページです!

 

難しいことは言いません、1つ1つ順番に見てもらえばパソコンが苦手な方でもきっとわかります!

一緒に見ていきましょう~!

スポンサーリンク

最低限の「動作環境」の見方

Live2Dで絵を動かすには、最低限のパソコンのスペックが必要になってきます。

最低限のスペックを満たしていないと、ソフトがまともに動かせません(汗)

 

なので、最低限のパソコンスペックを知ろうと思うのですが…??

↓↓↓↓

Live2D公式サイトより

※最新版を見たい方はこちら

 

ルイ
ルイ

こんなの見ても、よくわかんない!

パソコンとか詳しくないんだけど!?

と言う方は、ずらずら~といろいろ書かれていて、びっくりするかもしれません。

 

んが…見る場所はシンプルです!

「CPU」「メモリ」

の2つに注目しましょう!

 

  • CPU  ⇒ Core i5以上
  • メモリ ⇒ 4GB以上

とりあえず、これが満たされていたら何とか(快適は諦めてください)動きます。

 

快適な環境で作業したい場合は、

  • CPU  ⇒ Core i7以上
  • メモリ ⇒ 8GB以上

が望ましいです。

 

ここ2~3年以内に買ったパソコンなら、だいたいは条件を満たしていると思います。

ただ、デスクトップパソコンは大丈夫かと思いますが、ノートパソコンはもしかしたら厳しいかもしれません…。

ルイ
ルイ

一度、あなたのパソコンの説明書を見てみてください。

必ず「CPU」「メモリ」が書かれています。

 

「説明書が見つからない!自分のPCスペックがわからん!」方へ

「説明書がどこにいったのかわからん~!」「説明書を探すのメンドクサイ!」という場合は。

パソコンから、CPUとメモリを知ることができます!

 

「Windows10」の場合のPCのスペック確認方法を書きますね。

それ以外の「OS(win8.1)」「Mac」の場合は、「メモリ 調べ方 〇〇」とかで検索してみてください…!

 

【Windows10でPCスペックの調べ方】

  1. キーボードの「Windowsボタン(左下のCtrlボタンの右にある■が4つ並んだやつ)」を押しながら「X」ボタンを押す
  2. ぺろっとズラズラ書かれた何かが出るので、「システム」をクリック
  3. 「バージョン情報」とかいうウインドウが開きます
  4. その中の「デバイスの仕様」を見てみてください。アナタのPCスペックが分かります↓

ルイ
ルイ

私のPCは

  • CPU「core i5」
  • メモリ「16GB」

ってことですね

 

  • CPU  ⇒ Core i5以上(Core i7だとよりよし)
  • メモリ ⇒ 4GB以上(推奨は8GB以上)

なら動きますので、ご確認ください~。

 

条件を満たしていれば、無事にLive2Dのソフトを使えます!

ソフトのダウンロード方法はこちらでご説明しています!

 

条件を満たしていない場合は…

お金がかかりますが条件を満たしているパソコンをご購入ください…!(汗)

 

「やっぱりよくわかんない!」という方へ

「読んでみたけど、やっぱりわかんない!なんか色々メンドクサイ!」という場合は。

もう、ソフトをインストールして実際に動かしてみましょう。

 

  • 普通に動けば、あなたのパソコンは条件を満たしていたということ。
  • なんか動きがおかしい・カックカクになる場合は、あなたのパソコンは条件を満たしていなかったということ。

 

ぶっつけ本番でちょっと怖いですが、シンプルにすぐ分かる方法です。

ルイ
ルイ

ぶっつけ本番は、「最初は動いていたけど、途中でなんかおかしくなってきた…」ってトラブルもあるかもなので、自己責任でお願いしますね^^;

ソフトのダウンロード方法はこちらでご説明しています!

 

 

以上、パソコンスペックの見方のご紹介でした!

ルイ
ルイ

快適なLive2D制作を応援しております!

 

▼超初心者でもわかりやすい!「live2D講座 -もくじ-」

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

live2D
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る