【メリット編】ノベルゲームデビューをして約1ヶ月!「楽しかったこと・おぅ、おう…だったこと」

スポンサーリンク
ノベルゲーム楽しい
ルイ
ルイ

こんにちは!ルイです!

 

私は2022年8月の下旬に、ノベルゲームデビューをしました。

それまでは「気にはなっていたけど、実際には動けない」状態だったのですが…

勢いで始めて約1ヶ月経ったので、メリット・デメリットを話していこうかと!

 

※長くなるので、今回は「メリット編」をお送りします!

デメリット編はこちら

 

私みたいに

ルイ
ルイ

ノベルゲームデビューしてみたいけど…

実際やってみたら、どうなんだろう?

と気になる方の参考になれば、幸いです!

 

スポンサーリンク

ノベルゲームを作りたかった理由

はい、メリットを語る前に、「ノベルゲームデビューに期待していたこと」をまずはさらっと一覧にします。興味ない人は、スルーしてね!

 

【作りたかった理由の一覧】

  • 自分の妄想を形にしたかった
  • ふわっとした設定じゃなく、1つの作品を完成させたかった
  • 自分の作った作品の反応をもらいたかった
  • 漫画が良いけど鬼大変!ノベルゲーなら行けるんじゃね?
  • ゲームが好きなので、自分で作ってみたかった
  • なんか面白そう、楽しそう
  • 世界に自分が生きた証を残す!ww

 

つまり、「妄想を形にしたい」が大きな理由です。

そしてあわよくば、良い意味で評価してほしいと(笑)

 

では、妄想止まりではなく、実際に作ったらどうなったか…?

メリットをお話していきますよぉ~!

 

ノベルゲームデビューした『メリット』

ではさっそく、4つのメリットをガシガシ語っていきますよ~!

 

(1)作品が形になって完成する

正直、コレが一番のメリットかもしれません(笑)

 

先程も話しましたが、とにかく妄想だけで終わらせたくなかった。

私は小学生ぐらい?から自分の脳内に、別の世界を作っていたのですが…

これがもう、連載漫画レベルの規模になってましてね(笑)

 

脳内で勝手に、

ルイ
ルイ

これめっちゃ神展開!

ルイ
ルイ

泣ける…!

と1人で盛り上がっていたわけです(笑)

 

「いつか漫画にして形にしたいな~!」とは思っていたけど…

漫画を実際に描いたら、めっちゃ大変で(笑)

頭の中で自由に動かすって、楽だったんだなと思い知りましたw

 

けどそんな時に、

「プログラミングの知識無しで、簡単にノベルゲームが作れる!」

という情報を知ってしまいましてね…。

 

勢いで、作っちゃいましたよね…。

完成したら、感動しましたよね…。

 

脳内だけじゃなく、現実に形にする感動。

これは間違いなく「ノベルゲームデビューして嬉しいこと」の大きな部分でした。ええ。

 

(2)反応を見られる

純粋に、反応がもらえるってのはやっぱり嬉しいものです!

遊んでくれて、さらに感想とか書いてくれたら…

 

マジで嬉しいのですよ!!

 

最初は、1人楽しく作ってただけで満足だったの。

けど、脳内でふわっと展開していた作品が、しっかりとした形になって再現できた。

こうなったら、他の人にも見てほしくなってきましてね…。

 

フリーゲームを公開しているサイトに、出したわけですよ!

ルイ
ルイ

まさか、

自分がその場に参加するとは…

思いもしませんでしたよ…!

 

そしたらね、優しい人がね、コメントを書いてくれたりするの!

  • 「面白かったです!」
  • 「イラスト好きです!」
  • 「心に来ました…!」

とか言ってくれたらね…

 

それ書いてくれた人に、全力でぶんぶん握手して

ルイ
ルイ

あ”り”がどぉ~~~~~!!

って、鼻水たらしながら、ブッサイクな顔で喜びを表現したくなるのよ!

 

「んな、大げさな!」って思うかもしれないけど…

実際に貰ってみてくださいよ…

 

マジで感動するから。

 

思いを伝えるのって、マジで大事だなって思います。はい。

(ネガティブな思いは、オブラートに過剰包装しないと痛い目を見ます。取り扱い注意)

 

あと、コメントだけじゃなく、

遊んでくれた回数も喜びにつながります!

 

私は「ノベコレ」というところで投稿しています。

こちらは「どれだけゲームを、ダウンロードされたのか?」がわかるようになっているのですよ!

※プレミアム会員は細かく表示されるけど、非会員は100単位の数字だけです「例:100ダウンロード、200ダウンロード、など」

 

ルイ
ルイ

コメント、数字などは、すっごく嬉しい!

けど、そればかりに執着しちゃうと、辛くなっちゃうので…

(「コメントがない…」「ダウンロードされない…」など)

ほどほどに受け取るのが、精神的にもちょうどいいと思います♪

 

スポンサーリンク

 

(3)ゲーム実況してもらえる

これ、実はノベルゲームデビューで期待していたことでした(笑)

マジでね、自分が作った作品を遊んで、さらに生の声で感想を言ってもらえると…

 

嬉しさの臨場感がすごいです!

 

私、ゲーム実況を見るのが好きなんですよ。

なので、「自分が作ったゲームを実況してもらう」、これはノベルゲームデビューでの野望でした。

で、実際に実況してもらえたらね…

 

なんか、恥ずかしい!!(笑)

なんか、怖い!!(苦笑)

 

口にだすのが苦手だから手紙に思いを書いて、それを目の前で読まれるような感覚。

そんな感じがして、実況されたのは嬉しいけど、再生するのが怖かった(汗)

 

だって、私が作ったゲームを朗読されちゃうんですよ?

声に出して、感想を言われちゃうんですよ?

 

怖くて、こっ恥ずかしすぎるわ!!

 

けどね、世界観に入り込んでくれて、素敵な感想を声に出して言ってくれるとね…

嬉しさがエッグイ!!

 

ルイ
ルイ

私は、これを、

これを求めていたのだぁ~~~~!!

って、すっごいカタルシスですよ。

何回も動画を再生して、見ちゃいましたよ(笑)

 

まぁ、中には、

「いや、そういうことじゃないんだけど…」といった思いや…

「この人、ゲームプレイしてくれるのは良いけど、反応が薄い…面白くないのかな?」

と不安になったりすることもあります。

 

こればかりは、「人の価値観・受け取り方」は、人それぞれなので仕方がありません。

「もっと面白くプレイしろよ!」

と、製作者は、親バカになっちゃうかもしれませんが…

実況者さんの意思の尊重も、大事だと思います。(ただの誹謗中傷は、通報した方がいいと思うけど)

 

「楽しく実況プレイしてくれたたら、ラッキー!」

ぐらいで、受け止めた方が精神的にも良いのかもしれません。

 

あっ、あと、実際にプレイしているところを見ると、改善点が見つかったりします。

  • 「ここ、分かりづらいんだな!」
  • 「やべっ、誤字脱字が見つかった!」
  • 「ここ、テンポ悪いからカットした方が良いな!」
  • 「ここはもっとこうした方がエモい!」

などなど…

作っている時には気づけなかった発見が、見つかります。

 

私は人に注意されたら「ムカッ」っとするタイプなのですが(笑)…

実況してもらえることで「自分で気づける」ので、そういう意味でも実況はありがたかったりします。

どんどん製作技術も上がりますしね!

 

(4)イラストを描くのが楽しくなる!?

これは、ゲーム内のイラストを、自分で絵を描く人だけに関することですが…

イラストのエモさが上達する気がします。

 

ノベルゲームって、1枚絵があるじゃないですか?

基本はテキストベースだけど、「ここぞ!」という時にはイラストが入りますよね?

あれを描くとね、なんか…すごくいい絵に見えるのよ。

 

1枚のイラストだけだと、綺麗なイラストとかだったらまぁ「すごく綺麗~!」とは思うと思うのですが…

ノベルゲームの途中で入るイラストは、世界観に感情移入している時に見るイラストなので…

感情が動くイラストになるわけです。

 

これ、普通に描いた1枚絵では、なかなか難しいことだと思うのです。

普通の1枚絵って人でいうと、「初対面」みたいなものに感じます。

初対面の1枚のニコッと笑顔のイラストだと、「いい笑顔だな~」とは思うと思います。

 

けど、ノベルゲームの1枚絵の場合は「その人のことをすでに色々知っている」状態が多い。

例えば、人に裏切られて苦労してきて人生で、人に対して心を閉ざしてしまった。

けど、信頼できる人と出会えて、徐々に心を開いていき、ココぞという場面で笑顔の1枚絵が出てきたら…

 

エモくないですか?!

 

あんまりイラストが得意じゃない場合でも、そんなシーンで笑顔の1枚絵が出てきたら、絵の上手さとか関係なく、エモいんですよ!

「良いイラストだ…!」って心が動くことが多いんですよ!

 

なので、ノベルゲームのイラストは、良いイラストになるので…

描いている分にも、なんかテンション上がって楽しくなります(笑)

ルイ
ルイ

んもっとぉ!

んもっとぉぉぉぉ~~!!

とか、ムダにテンション上がって描いている自分が居ますw

 

ノベルゲームデビュー「メリット」まとめ

ムダにテンション上がって書いてきましたが、最後にメリットをまとめます。

(1)作品が形になって完成する
(2)反応を見られる
(3)ゲーム実況してもらえる
(4)イラストの上達につながる!?

この他にもあったりしますが、とりあえず今はコレぐらいで!

 

ノベルゲームデビューしている方、これからも一緒に楽しんで作っていきましょう!

気になるけどまだノベルゲームデビューしていない方、天国も地獄も味わえる世界(笑)へ、一歩足を踏み出してみないかい!?

遊ぶ・見る専門の方、マジでありがとう…!!糧になる…!!良いコメント拡散してくれたら、より嬉しい!(欲張り)

 

ルイ
ルイ

なんだかんだ言って、

ノベルゲーム制作は楽しいよ!!

 

【地獄!?】ノベルデビューをしたデメリット編

 

ノベル制作お役立ち記事

ルイが作った「オリジナルノベル」一覧

 

 

トップへ戻る