ノベルゲーム制作を「楽しく作ること」「遊んでもらうため」どっち優先するか?

スポンサーリンク
楽しい優先・数字を優先
スポンサーリンク
ルイ
ルイ

こんにちは!ルイです!

 

「フリーゲームで、ノベルゲームを作りたい!」

と思うアナタに、質問します。

 

  • 純粋に楽しんで作りたいか?
  • 沢山の人に遊んでもらいたいか?

どっちを優先させますか?

 

この優先度によって、今後ノベルゲーム制作で…

  • 楽しいか?楽しくないか?
  • プレイ数が伸びるか?伸びないか?

が、大きく変わっていくと思います。

ルイ
ルイ

私がそうだったから…

 

この記事では、

「楽しんで作る」「たくさん遊んでもらうために作る」

のメリット・デメリットについてお話していきます。

※あくまで、私が体験したことで感じたメリット・デメリットです

 

この2つを見て、

「アナタはどっち寄りか?」

「どっちの方を優先させたいか?」

の判断にしていただければと思います!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単な結論

まずはサクッと、2つのメリットとデメリットを書きますね。

メリットデメリット
楽しく作る
  • とにかく楽しい!
  • どんどん筆が進む!
  • あまり遊んでもらえないかもしれない…
  • プレイした人によっては、あまり良くない反応をもらうかも…
数字優先で作る
  • プレイ数が伸びる!
  • 作品の質がどんどん上がる!
  • とにかく勉強(努力)が必要
  • 自分が作りたいものじゃない可能性が出てきて、制作が純粋に楽しくないかも…

 

どっちかが「良い!」「悪い!」というわけではなく…

どちらにも、メリット・デメリットがあります。

 

「どっちも取りたい!」というのは正直…

「運」「才能」が大きく絡まってくるんじゃないかな?と私は思います。

(努力である程度はいけると思うけど、茨の道は覚悟してください…)

 

それでは、上記のメリット・デメリットを、わかりやすくするために、もう少し詳しくお話していきますね。

 

楽しく作る

「楽しく作る」と言うのは、そのままの意味です。

自分が作りたい~!と思った情熱を、ただただ叩き込む!!

コレだけです。

 

メリット1:とにかく楽しい♪

「楽しく作る」の最大限のメリットは、ここです。

 

純粋に、制作が楽しい!!

 

どんな特殊な性癖をぶち込んでもOK!ワクワクするパッションをただただ叩き込める!

何も考えずに、制限なく自由に作れるのって、すっごく楽しいのです!

 

フリーゲームには、ルールや制限が(ほぼ)ない!どう作ろうが制作者の自由!

これが、楽しい以外に何があるだろうか!?

ルイ
ルイ

これがフリーゲームの、とてもいい部分だと思います!

 

メリット2:どんどん筆が進む!

楽しいと、誰かに言われなくても勝手に物語を考え出しちゃう!

「制限なしに、ワクワクすることを好きに書いていいよ?」

って言われたら、楽しくて仕方がないのですよ!

 

商業ゲームだと「売れるゲーム」を作る必要が出てくるので、色々制限が出てきます。

そうなると、「やらなくちゃいけないんだけど、なかなか出来ない…」になりがちです。

けど「純粋に楽しんで作る」は、そんな制限は一切ないのです!

 

けど、売れない、面白くないゲームなんて自己満足?

 

それがなんですか!

 

自己満足、上等ですよ!!

むしろ、楽しく作るは自己満足以外、何者でもない!

 

けど、それでいいのです!!

 

なんせ楽しく作るは、それが目的なんですから!!

心がワクワクして、勝手に筆が進む!

性癖が合致して、着いてきてくれる人は、着いてきてくれる!

そしたら、また作りたくなっちゃう!!

ルイ
ルイ

良い循環じゃないですか!

 

デメリット1:プレイ数が少ない?

アナタの作りたいジャンルとか、技術力によりますが…

もしかしたら、「あまり他の方に遊んでもらえない」ことになるかもしれません。

 

例えば私の場合、ダークな世界が好きなのでそういった作品ばかり作っちゃうのですが…

やっぱりダーク系って人を選ぶ作品だから、めちゃくちゃ遊んでもらえる!ってわけじゃないんですね(笑)

 

つまり、一般的にはあまりウケの良いジャンルではないのです。

「その結果、遊んでくださる人が限られる=プレイ数が減る」という流れ。

※ジャンルだけがプレイ数に関わってくるわけじゃないです、他にも見せ方とか色々あるので!

 

「別にプレイ数とか関係ない!好きに楽しく作れればそれでOK!」

というのなら、このデメリットは消えます♪

プレイしてくれる人が少なくても、楽しんで遊んでくださるのならありがたいのです♪

ルイ
ルイ

「これは趣味!」と割り切る!

それが精神安定的にも、楽しいです!

 

デメリット2:批判の可能性あり!?

コレも先程のデメリットに通じるものがありますが、一般受けしないジャンル作品だと、良くない批判の対象になるかもしれません。

実際、私も重くてテーマが難しい作品を作ったのですが、「主人公に共感できない」という意見がありました…。

 

また、「楽しく作る!」と勢いで始めてみたものの…

フリーのノベルゲームを作る方は、シナリオ作成は初心者の方が多いと思います。

そうなると、どうしても上手なシナリオを作る人は…限られてくると思うんですね。

なので、上手く伝えられずに、「意味がわからん」と心無い意見をもらってしまうことがあるかもしれません。

 

私の対策としては、そういった意見を見に行かない(エゴサしない)方法を取っています。

そうじゃないと、「一般受けジャンルを作らないと!」「上手にシナリオを書かないと!」みたいな、「〇〇しないといけない」にとらわれて、楽しくゲーム制作ができなくなるから。

 

向上心がある方は、シナリオ制作などを学んだりするのもアリかと思います。

が、勉強しているうちに面倒になって、作る気力が失えば…元も子もありません。

ルイ
ルイ

楽しい気持ちは水物です!

その時の「楽しい勢いで動く」も大事かと思います!

 

せっかくの自由な「フリー」ゲームなので、好きに作っても良いのではないでしょうか?

 

数字優先で作る

数字優先で作るは、自分の作りたいものは後回しにして「他人が喜ぶゲームを作る」です。

商業向けゲームは、ほぼこれを意識して作られています。

(お金稼げないと、生活できないですもんね)

 

メリット1:プレイ数が伸びる!

シナリオ・宣伝法などを勉強することで、純粋に質が高い作品&認知度が上がるので、プレイ数が伸びやすくなります!

面白そうな作品・面白そうな伝え方があると、誰でも手を出したくなるものです!

たくさんの人がプレイしてくれたら、やっぱり嬉しいもの!モチベもきっと上がると思います♪

 

メリット2:作品の質がどんどん上がる!

シナリオ・ビジュアル(イラスト・演出)・音楽などを極めれば、どんどん作品のクオリティが上がります!

クオリティが高いと「すごい!」「おもしろい!」と褒めてくれる人も、きっと増えてくるでしょう!褒められたら、次も頑張ろう!と意欲も湧くと思います♪

 

デメリット1:とにかく努力が必要

クオリティが高い作品は、やっぱり努力が必要です。

シナリオ、素材(キャライラスト・背景・キャラボイス(外注方法を知る)・音楽など)などの勉強はもちろん、コツコツとしっかりと実践して極める必要が出てきます。

または、各スキルを持っている人に頼む外注もアリです!

 

言葉にするのは簡単ですが、なかなか簡単にたどり着ける領域ではありません。

嫌になって、途中で挫折することもあると思います。

常に自分(怠け)との戦いです。

 

また、作品のクオリティを上げるだけではなく、宣伝方法も大事です。

どれだけ良い作品を作っていても、遊んでくれる人が居ないと意味がないですよね…(涙)

なので、「どうすれば目に止まって、遊んでもらえるか?」を学んで、何度も実践し続けていく事(テスト)が大事になります。

会社の役職で言うところの「営業・広報」、ビジネス用語で言うと、マーケティングですね。

ルイ
ルイ

ぶっちゃけ、大変です。

私は自分で書いていて、げっそりしました(笑)

楽しさはいったん横に置いて、割り切りも大事かな?と思います

 

デメリット2:楽しくない?

数字を優先=他人が優先なので、自分の気持ちは横に置く必要が出てきます。

つまり、自分が「コレは面白い!」と感じることは封印して、「これは人が楽しめるのかどうか?」を第一に考える必要が出てきます。

自分が作りたいジャンルではなく、ウケるジャンルを作る必要も出てきます。

その結果、「数字は伸びるけど、自分が作りたいものじゃないからなんか楽しくない…」となってしまうかもしれません。

 

ルイ
ルイ

自分が好きなジャンルと他人が好きなジャンル・展開が重なっている人は、ラッキー!

 

まとめ

最後に、もう一度まとめておきますね。

メリットデメリット
楽しく作る
  • とにかく楽しい!
  • どんどん筆が進む!
  • あまり遊んでもらえないかもしれない…
  • プレイした人によっては、あまり良くない反応をもらうかも…
数字優先で作る
  • プレイ数が伸びる!
  • 作品の質がどんどん上がる!
  • とにかく勉強(努力)が必要
  • 自分が作りたいものじゃない可能性が出てきて、制作が純粋に楽しくないかも…

 

「自分はなぜ、フリーゲームを作るのか?」

を最初に見つけるのが大事かな?と思います。

 

  • とにかく自分の作品を作ってみたい!
  • たくさんの人にプレイしてもらいたい!

など、色々あるかと思います。

 

とりあえず作るは、「作れたら満足!」で楽しめますよね。

「楽しむために作る」が原動力だと思います。

 

逆に、沢山の人にプレイしてもらうには、努力が必要です。

「努力はイヤ!とにかく楽しく作りたいの!」と言う人にとっては地獄だと思います。

(私はこっちなので、数字は諦めることにしています)

 

極端にまとめると、

  • 「自分のため」にフリーゲームを作るのか?(趣味思考)
  • 「他人のため」にフリーゲームを作るのか?(ビジネス思考)

になってくるかな?と。

(あくまで極端な例だよ!本当は複雑にいろんなことが混じっているよ!)

 

理想としては、

  1. 最初は楽しんで作る
  2. 途中で勉強していく
  3. 「楽しんで作れて、さらに他人にとっても良い作品を作る」

になれたら、最強だと思います。

(かなり大変だと思いますが)

 

ルイ
ルイ

どっちが正解というものはありません!

アナタらしく、ゲーム制作をしてくださると幸いです♪

 

知識0から作る!初心者のためのノベルゲーム制作【もくじ】

ティラノビルダーお役立ち知識

ルイが作った「オリジナルノベル」一覧

 

トップへ戻る