まだ絵が下手だから漫画が描けない!最後まで描けない!な私がはじめて漫画を描けるようになった時

私はずぅ~っと

ルイ
ルイ

いつか漫画を描きたいなぁ~

って思ってたんですね。

 

思ってたんですけど…

描く日は、何年経っても来ませんでした(汗)

 

でも、1度描ける日があったんです。

最後まで完成させたことがあるんです。

で、完成させて思ったんです。

 

ルイ
ルイ

「いつか上手くなったら描こう!」

って思ってたけど…

実際に描かないと、上手に描けないわ!

ということに気づいたのです。

 

スポンサーリンク

私が描きたくない!と思う原因

私はずっと

「いつか漫画を描きたい!」

と思いながらも、なぜ描かなかったのか?

理由は大きく分けて2つありました。

 

  • めんどくさい
  • 描く自信がない

 

めんどくさい

そのまんまです。

漫画って、描くのに超時間がかかるんですよ。

超めんどくさいんですよw

 

で、長時間がかかる割に、上手く描けなかったりすると…

なんかすんごいモチベが下がるんですよ…。

ルイ
ルイ

こんな面白くない漫画

完成させて意味あるの?

とか考え出しちゃうんですよ…。

 

めんどくさい。

上手く描けない、おもしろくない。

 

ルイ
ルイ

…ゲームでもしてた方が面白いや~!

ってなっちゃうのです。

これで、漫画が描けない私が完成ですよ!(涙)

 

描く自信がない

これはさっきも描いたけど、

上手く漫画を描けないんですよ、私!

 

人物も、背景も、ストーリーも、セリフも、コマ割りも、構図も!

漫画の要素の何もかも!!

 

完璧主義なところもあり

さらに、ベジータ並みにプライドも高いので…

 

ルイ
ルイ

だっさい漫画なんて描きたくない

ってなっててですね…。

 

ブラックルイ
ブラックルイ

かっこ悪い漫画を

完成させるぐらいなら…

いっそ最初から描きたくない!

って選択肢に行っちゃってたわけです。

 

だから私は、漫画を描けなかった。

というよりも、描こうとしなかった。

 

ベジータはえらいですよ。

「おのれ、カカロットォ…!」とかいいながらも

強くなる努力をしていたんですから。

 

けど私は、全く努力してこなかった。

これが私とベジータの大きな違い。

(なぜこんなにも、ベジータを引き合いに出してんだろw)

 

漫画が最後まで描けた日

けど、それは突然起こりました。

 

話は考えれるけど、絵が描けないので
誰か漫画を描いてくれませんか?

 

「という人がいるので、描いてあげてくれませんか?」

と、お世話になっている方から、話を持ちかけられたのです。

 

ルイ
ルイ

ええ~!

ろくに漫画を描いたこと無いのに…

無理ですよぉ~!

って速攻、思いました。

 

思ったんですけど…

「これはチャンスじゃないか?」とも思ったんですね。

 

だって、ストーリーは考えなくていい。

しかも、ネームも作ってくれている。

セリフも、コマ割りも、構図も考えなくていい。

あとは、そのとおりに…絵だけを描けばいいのです。

 

1から漫画を描くハードルが、下がってたんですよ。

 

私はろくに漫画を、最後まで完成させたことがなかったので…

「これは最後まで完成させるチャンス!」と思ったんですね。

私は勇気を出して、引き受けてみることにしました。

 

んが、実際に描いてみると…

超大変で(汗)

 

20ページ漫画だったのですが…

描けないんですよ…。

あまりにも描けずに、逃げそうになりました…。

 

で、話を持ちかけてくださった方に相談すると…

「まずは8ページとか、短編で練習させてもらってはどうですか?」

ってアドバイスもらいまして。

 

私は、話を考えてくださった方に、

「8ページの漫画にしてもらえないでしょうか…?」

と相談すると、快諾。

 

1週間後、なんと3本のネームがおくられてきた。

しかも、全部違うジャンル。面白いし。

「好きなのを選んでください」と。

 

ルイ
ルイ

えっ、この短期間で、

3本も話を考えちゃったの…?

私は1つの話も考えるの大変だぞ…?

 

天才なのか?

と思いましたよ。

(慣れたら出来るみたい。何事も慣れですな)

 

で、わからないところは調べまくったりとか、

色々苦労しながら、超頑張って1ヶ月続けた結果…

 

完成したんですよ…!!

 

ルイ
ルイ

感動しましたよ…!!

 

で、完成してみて思った。

 

「描けない!」

って言っててもいつまでも描けない。

けど、実際に漫画を描き出したら

描けるようになるのか…と。

 

実際に漫画を描いてみて、

もう、わからない事だらけだったんですよね。

何度「うわーーー!もう嫌だーーー!!」ってなったことか。

 

けど、

「あっなるほど、こう描けばいいのか!」

「ソフトはこう使えばいいんだ!」

とか、いろ~んな知識と経験が積めて…

 

「漫画が描ける自分」が居たんですよね。

本を読んで勉強するだけとは、全く違う世界がありました。

 

まぁけど同時に…

ルイ
ルイ

漫画を描くのって

こんなに大変なのか…

なんかもう、描けなくてもいいや…

とかも思ったりしたんですがw

 

これも、慣れですね。

なんでも最初は慣れなくて、覚えるまではしんどいものです。

 

描かないと上達できない

前に「漫画の描き方」の本を読んで、

すごく印象に残ってたシーンがあったんです。

その本、ストーリー形式だったんですね。

 

私みたいに

「まだ漫画を描けるほど上手くないので、まだ描けません!」

って女の子が、絵の描き方を習いに来てたんです。

ずっとそのセリフを言ってるんですよ。

 

けど、先生は言うんです。

 

「あなたは『まだ腕がないから漫画を描けない』って何度も言うけど…

描かないと上達しないよ?

みたいなことを言ってたんですよ。

(はっきり覚えてないけど、たしかこんなニュアンス)

 

その女の子とは別にもうひとり

正直ド素人な絵だけど、ちょっと漫画に興味があって、

一緒に習いに来ていた男の子がいたんですが…

 

先生に教えてもらいながら、

その子、ヘタなりに一生懸命に描いてたんです。

全身図とか描いたこと無いけど…挑戦してみようって。

すると、まだ拙いながらも全身図が描けていたんです。

 

女の子は、それを見てびっくりしてたんです。

自分よりも下手だと思ってたのに…私でも描けない全身図を描いている!

しかも、明らかにうまくなっている!って。

 

ここで彼女も、ようやく気づいたんです。

そうか、「描けないから、描かない」じゃなく

「描けないから、描けるようになるため」に描くんだ!って。

 

私もまさしく、彼女と同じことを繰り返してたんだな~って。

「描けないから、描けるようになるために描く!」

って考えが必要だったんだんと。

ルイ
ルイ

マジで大事です、この考え方

 

最後に・・・

もし私みたいに、

「漫画を描けないから、描けない…」と思っていたら。

 

「1度、漫画を最後まで描いてみること」

をおすすめします。

 

超下手でもいいです。

面白くなくてもいいです。

超時間かかってもいいです。

つまづきまくってもいいです。

 

今回の私みたいに、誰かに話を考えてもらってもいいです。

探してみたら、結構そういう方います。

待っている相手がいるので、逃げずに完成しやすいです(笑)

 

なんなら、「小説家になろう!」とか、

小説を書いている方の話を、勝手に漫画にしてもいいでしょう。

誰にも公開せずに、ひっそり描いてたらOKだと思います。

本人に許可を取るのもいいかも。描いてくれたら嬉しいだろうし。

 

どうしても居なかったら、私に連絡ください。

私が全力で話を考えましょう!(笑)

 

まずは、

「描こうと挑戦すること」

何よりも大事です。

 

完璧を目指さなくていいです。

ハードルを下げて、ちょびっとやってみてください。

 

何よりも、最後まで描けたら…

嬉しいものですよ^^

 

 

毎日不安で生きづらいあなたへ

・コミュ障、対人恐怖症、超ネガティブ!
・自信がなさすぎる、自己嫌悪の塊
・逃げぐせが強くて、何やっても続かない
・この苦しみをなんとかしたいけどわかんない!
・生きづらい、将来が不安でしょうがない
・働きたくないでござる!

な私が、家で稼げる方法を身に着けました。
あなたもぜひ、こちらの世界に来ませんか?

イラスト上達法
スポンサーリンク
引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る