お客さんが望むことは何?データを取りながら改善していこう! -skypeコンサル11回目・6-

月に1回のアフィリエイトサポートしてくださっている、

はるさんとのskypeコンサル11回目その6。

 

今回は、

「どんどん修正しながら進もう!」

といったことについて話していきます。

 

スポンサーリンク

いい言葉をどんどん作る

オファーするときは

  • 商品を買うことで
  • サービスを受けることで

どんなにメリットが起こるのか?

をどんどん伝える必要があります。

 

映画でも、マンガでも、食事でも…

みんな、

「幸せを得たい!」

と思うのでお金を使いますよね。

 

そのためには

ステップメールの階段を登ることが必要

だと教えてもらいました。

 

ゆっくり信頼してもらう

いきなり最初から

「買ってください!」

って見知らぬ誰かに言われても…

買ってくれる人は、ほぼいませんよね。

 

「なぜ私が、お前を幸せにするために貢ぐのだ?」

と思われるのが、関の山です。

 

だから徐々に徐々に

階段を上るような感じで…

少しずつ少しずつ

メリットを感じてもらうことが大事です。

 

いきなりメリットをどばどばーー!

と言われても…

なんかだ逆に、怪しく感じてしまいます。

だから、ゆっくりがいいんです。

 

反応がないと凹む…?

ルイ
ルイ

ゆっくりメリットを伝えたけど…

うまくいかなかった…

やっぱり、自分の文章なんて…

と、もし上手く行かなくて

落ち込まなくても大丈夫!

 

もし反応がなかったら

修正すればOKなのです!

最初から良い文章を作るというのは

難しいことです。

 

このやり方では

反応がいまいちなんだなぁ

と、いうことがわかってんですね!

 

最初から「これが正解!」

というのは、ないんです。

挑戦しながら、わかってくるものなんです。

 

なので、反応がない…

という思いは

誰もが最初は通る道なんです!

 

やってみてから

「これっていまいちだったんだな」

ということにも気づけるんですよね。

やらないと、気づくことすらできませんから。

 

アンケートを設置してみよう!

反応がないときの対処法として

アンケートを取ってみるのもありです。

 

飲食店でもアンケート用紙ってありますよね?

あれって、お店がより良くするために

置かれている用紙なんですよね。

 

アンケートを書いてもらうことで

自分達が気づけない

お客様目線の悩みを教えてもらえます。

 

飲食店などのアンケート用紙って

「そのことを教えてください!」

っていう用紙なんですよ。

ただ紙を置いてるだけじゃないんですね。

 

あるお店では

「クレームを教えてくれたら1回200円」

といった意欲的な挑戦をしているお店もあります。

 

アンケート用紙といっても

「いくら匿名でも不満点を書くのは…」

って人もいますからね。

お金を渡すことで、本音を引き出す作戦ですね(笑)

 

そのクレームを改善すれば

良いお店になる!って事ですから。

お店側としてのメリットも大きいのです。

聞いてみないと、わからないことって多いんです。

 

メルマガでのアンケート方法

そしてメルマガのアンケートには

  • どの記事が参考になったのか?
  • なぜメルマガ登録をしようと思ったのか?

などと言ったことを聞くといいですよ

とアドバイスもらえました。

 

「どの記事が参考になったか?」は

1人が「参考になる」と教えてくれたことは

他の人の参考になる可能性が高い!

ということなんですね。

 

つまり、需要のあることがわかります。

 

「なぜメルマガを登録したのか」は

何かの思いがあったから登録したはずです。

何も思い入れがないのに「メルマガ登録しよう!」

とは…思わないですよね?

 

その登録した時の思いを教えてもらえることで

それについて、もっとお話を書くことができます。

そうすることで、より魅力的なメルマガになります。

 

だから、そういったことを知るためにも

アンケートって大事なんですね。

 

アンケートのハードルを下げる

ちなみに

アンケートを書いてもらうのは

結構ハードルが高いです。

 

なので、

ワンクリックで終わるアンケート

だと、応えて貰える確率が高いです。

ハードルが低いですからね。

 

だけどデメリットとしては

具体的な内容がわからない、ということです。

あとは、適当にクリックされている可能性も…。

 

だから

「文章で教えてもらう」

のがいいのですが…

 

「文章を書いてもらう」

となると、書いてくれる人は減ります。

「自分の文章を書く」

ってなかなかハードル高いので。

 

それに、

「どれがいい記事?よくわからない…」

「なぜメルマガを登録したのか?…何でだろ?」

って迷わせちゃったりしますしね。

 

そのハードルを低くするためには

書いてもらうためのお礼として

「特典を作る」と言ったことが効果的だと。

 

読者「特典が欲しくて、アンケートを書く」

自分「意見が欲しくて、アンケートを書いてもらう」

これで、お互いにとって良い流れですね!

 

休憩

お疲れ様でした。

 

今回の話のまとめとしては…

  • コレを買ったらどう幸せなことが起こる?メリットを伝える
  • いきなりメリット押しではなく、ゆっくりと伝える
  • 反応がなくても大丈夫!別の方法を試してみよう!
  • お客さんから改善のために率直なご意見をもらおう
  • アンケートを書いてもらうにはまずはこちらから特典をプレゼント!

といったことでした。

長かったですね。

 

ようは、

  1. 商品を買うメリットをゆっくり伝える
  2. 反応なかったら、別の方法で試す!
  3. 特典を上げて、ご意見をもらって、改善していく

でOKです。

 

1つずつこなしていきましょう~!

 

skypeコンサルまとめ

 

 

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

Skypeコンサル
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る