えっ、その口癖ダメなの…!?マンガを描き出したら描けるようになってた話

スポンサーリンク
漫画を描けない
スポンサーリンク
ルイ
ルイ

ども、ルイさんです!

 

「漫画が描けない」が口癖だったのですが。

実はこれ、恐ろしいことが私の中で起きていたのです!

 

何がどう恐ろしいのか?

どうしたら、漫画が描けるようになってくるのか?

私の体験談から、お答えしていきます~!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

描けないと思うと描けなくなる!?

ちょっと???なことを言いますね。

「漫画を描けない…」って思ったり、言っちゃうことは。

実は、漫画が描けなくなっちゃいます!!Σ(゚д゚;)

 

「漫画を描けない」と言い続けていたけど…?

私ね、長年ずぅ~~~~~~と

「マンガを描いてみたい」

って思ってたんですね。

 

けど、

「マンガを描けないから、描けない」

って思って、描かなかったんですね。

 

なんですけど。

あるきっかけで漫画を描くことになって…

血反吐を吐きながらも、何とか完成したのですよ。

 

そこで思ったのです。

あれ、描けないと思ってたけど

描けてるじゃないか、と。

 

ルイ
ルイ

「描けない」って言い続けることで

描けない自分が完成してたのか…

って、めちゃくちゃ

「自分で自分に暗示をかけている」

気づいてしまったのです。

 

「描けない」という魔法の言葉

「マンガを描けない!」

って言葉、実は怖いのです。

自分を「本当に描けない人」にしちゃうから。

 

私は、

ルイ
ルイ

漫画が描けない…

ってずっと思い続けていたので、本当に描けませんでした。

「私は描けない」と思っていたから、動かなかったのです。

 

勇気出してちょっと描いてみても…

すぐにつまづくんですよ。

すると、自分の「描けない」が怒ってくるの。

 

ブラックルイ
ブラックルイ

ほ~ら!

お前は漫画が描けないんだよ!

やめとけ、やめとけ!

って、「お前は描けないんだ」って念を押してくる。

「描けない」ってことが強化される。

 

勇気出して頑張ったのに…。

そりゃ、アンタあんまりだぜ…。

 

こうやって見て見ると…

「マンガが描けない」

って言葉、怖く感じませんか?

 

漫画が描けないことが怖いのか。

「漫画が描けない」って言われるのが怖いのか。

もう、訳わからなくなってたわけですよ。

 

描けないは自分を守ってた?!

けどこうやって文章にしてみると…

「漫画が描けない」

って自分の声に、私は怯えていたんだと思う。

 

「描けない」って思っていれば、描かなくて済む。

面倒な思いからも逃げられるし…

「面白くない下手くそな絵のマンガ」

という現実を見なくて済むかもしれない(汗)

 

実際に描かないことで、

「けど、描いてみたら、もしかしたら描けるかもしれない」

って希望にすがれる気もする。

 

その他にも、

色々と何かが出てくる出てくる…

 

この声を聞きたくないから、

ずっとマンガを描きたくなかったのかも…しれない。

 

心の声が味方になったら…!?

私はこの「マンガを描けない」という声に対して…

「上手な返事」がわからなかったんですよ。

 

本当は「マンガを描けない」という声に対して…

「きっと描けるようになるよ!応援してるよ!」

って言ってほしかったのかも…しれません…。

 

そうしたら、もっと早くマンガを描けるように…

なっていたのかもしれない。

 

描かないと上達できないんだって!

前に「漫画の描き方」の本を読んで、

すごく印象に残ってたシーンがあったんです。

 

私みたいに

「まだ漫画を描けるほど上手くないので、まだ描けません!」

って女の子が、絵の描き方を習いに来てたんです。

ずっとそのセリフ、先生に言ってるんですよ。

 

けど、先生は言うんです。

 

「あなたは『まだ腕がないから漫画を描けない』って何度も言うけど…

描かないと上達しないよ?

と返したのです。

 

その女の子とは別にもうひとり

正直ド素人な絵だけど、ちょっと漫画に興味があって、

一緒に習いに来ていた男の子がいたんですが…

 

先生に教えてもらいながら、

その子、ヘタなりに一生懸命に描いてたんです。

全身図とか描いたこと無いけど…挑戦してみようって。

すると、まだ拙いながらも全身図が描けていたんです。

 

女の子は、それを見てびっくりしてたんです。

自分よりも下手だと思ってたのに…私でも描けない全身図を描いている!

しかも、明らかにうまくなっている!って。

 

ここで彼女も、ようやく気づいたんです。

そうか、「描けないから、描かない」じゃなく

「描けないから、描けるようになるため」に描くんだ!って。

 

私もまさしく、彼女と同じことを繰り返してたんだな~って。

「描けないから、描けるようになるために描く!」

って考えが必要だったのだなぁと。

ルイ
ルイ

マジで大事です、この考え方

 

挑戦してみたらどうなる?

私も、↑の彼女みたいに、

あーだこーだ言い訳を言い続けて

漫画を描くことから逃げ続けてきたけど。

 

実際に漫画を描き出したら

描けるようになっていたのですよね。

 

漫画を描いてみて、

もう、わからない事だらけだったんですよね。

何度「うわーーー!もう嫌だーーー!!」ってなったことか。

 

けど、

「あっなるほど、こう描けばいいのか!」

「ソフトはこう使えばいいんだ!」

とか、いろ~んな知識と経験が積めて…

 

「漫画が描ける自分」が居たんですよね。

本を読んで勉強するだけとは、全く違う世界がありました。

 

「描けないから、描かない…」

「描けるようになったら描こう…」

 

じゃなくて。

「描けないから、描こう!」

描き始めたら、描けるようになってくるんですね。

これが、描ける道筋だったのですねぇ~。

 

慣れると「描ける」ようになるよ!

完成したけどね、まぁけど同時に…

ルイ
ルイ

漫画を描くのって

こんなに大変なのか…

なんかもう、描けなくてもいいや…

とかも思ったりしたんですがw

 

これも、慣れですね。

なんでも最初は慣れなくて、覚えるまではしんどい。

これも「描けないハードルの一つ」なんだと思う。

 

描くハードルを下げてみよう!

だからね。

描けるまでのハードルを、下げていけばいいんじゃないかな~?

って思います。

 

例えば、「話が考えられない!」というのなら。

今回の私は、別の方に話を考えてもらったんですね。

なので、そんな方が居たら、誰かに話を考えてもらってもいいです。

 

「そんな人、居ない!」

とがっかりするかもしれませんが…

探してみたら、結構そういう方いますよ!

 

あと一人だと、ど~しても逃げたくなっちゃうけど…

待っている相手がいるので、逃げずに完成しやすくなるメリット?も(笑)

 

なんなら、「小説家になろう!」とか、

小説を書いている方の話を、勝手に漫画にしてもいいと思います。

誰にも公開せずに、ひっそり描いてたらOKだと思います。

本人に許可を取るのもいいかも。描いてくれたら嬉しいだろうし。

 

こんな感じで、各ハードルを少しずつ下げていけば…

マンガを描けるように、少しずつなってくるんじゃないかな~?

って私は思います。

 

まとめ

  • 「マンガが描けない」は本当に描けなくなっちゃう魔法?の言葉
  • 描けないから、描けるようになるために描いてみよう!
  • 漫画を描くハードルを下げて挑戦してみよう!

 

ルイ
ルイ

マンガが描ける一歩を踏み出せたら、幸いです!

マンガ制作の関連記事

【クリップスタジオで漫画を描く方法】

もくじ

 

【マンガ制作の技術】

 

【「挫折せずに最後まで描く!」ための心構え】

 

【ルイの体験談】

 

トップへ戻る