自転車に乗って、バイクと衝突しかけて注意された時の心境を見てみた

今日さ、自転車で外出したのね?

そしたら、バイクのおっちゃんと少し衝突しかけてね。

 

「自転車は左側で走って」とツッコまれる。

 

人見知りコミュ障の私の中で、色んな感情が巡ったので、

何がどうなっているのか?整理してみようと思う。

 

 

スポンサーリンク

当時の状況

簡単に言うと、こんな流れ↓

  1. 自転車で外出
  2. バイクに乗ったおっちゃんに出会う
  3. 「左側走って」とツッコまれる
  4. 謝る
  5. 解散

 

では、詳しく事の顛末を話していきましょう。

 

私は今日、自転車が外出していました。

すると、右側の曲がり角からおっちゃんが乗ったバイク登場。

おっちゃんはスピードを止め、私に話しかけます。

 

道を聞きたいのかな?と思っていたら、

よく聞いてみると、注意であった。

 

「自転車は左側を走って」と。

 

最初、人見知りスキルが発揮して、

「道案内じゃないこと喋られたぞ!」

と、予想外の言葉に、思考がフリーズしかけ、

頭が「?」と真っ白だったのだが、ふと気づいた。

 

免許を持っていない、自転車のルールに詳しくない人は、

意味がわからないかもしれないが、

実は、バイクや車は、左側を走るルールがあるのだ。

なので、お互いぶつからないような仕組みになっている。

 

 

つまり、私が右側走行、

おっちゃんは右から曲がって左側走行なので、

衝突する可能性があるのだ。

 

だから、おっちゃんは、

「衝突する可能性があるから、左側を走ってくれ」

と言いたかったのだ。

 

意味がつながり、私が悪いとわかったので、

「はい」と答えた。

 

おっちゃんは、キョトンとした顔をして、

少し間が空いた。

予想外の反応だったのかもしれない。

 

すると、笑顔になり、

「ぶつかって、危ないことになっちゃうからね」

と説明してくれた。

 

私も笑顔で「ありがとうござまいます」と答えた。

 

こうして、特に事を起こさず終わった。

 

 

しかし、コレで終わるはずがない。

根性が腐った私が、

こんな美談で終わるわけがないのだよ!!

 

私は、ことが終わった後に、イラつき出すことになる。

 

 

いらいらを愚痴ってみる

では、これからはハイパーディスりタイムである。

さっきの美談どこ言った?でお送りする。

 

いや、おっさん何様だよ!?

親なの?保護者なの?先生なの?

誰だよお前!!

 

こんな人通りの少ない道でぶつかる?

可能性としては、超絶低いだろうがよ!!

 

自転車は左側を走れ?

はぁ~~~~~!!?

 

んなこと聞いたことねーし!!

乗り方を教えてもらった、親からも聞いたことねーよ!

その親ですらも、左側走行にこだわってねーよ!

 

当時は規制が緩かった?はぁ?

なら、現代の教育に問題もあるな。

小学校の授業にでも、

強制カリキュラム入れるように、申請でもしろよ!!

 

それか、TV局にでも流してもらえるように頼めば?

なんなら、自転車販売所に説明の義務付けでもしろよ。

 

大体、免許を持っているあんたらは、

授業受けて当たり前だろうが、

自転車のってる人は、左側走行をほぼ知らないからな?

自転車だけ乗っているの人が、出来ている人どれぐらい居る?

 

実際、おっさんと別れて自転車を走ると、

みんな右側とか左側とか真ん中とか、めちゃくちゃだからね?

「なんでオレだけ、律儀に守らなきゃいけねーんだよ!」

って、守れてない人を見て、イライラしたからな?

 

なんでオレだけ怒られるんだよ、

なんて不公平なんだよ!!

 

キョトンとした顔も、ワロタwww

なに?反論してくると思ってたの?

それとも勢いで言って、どう話を続けようと迷った?

だっせ、マジだっせ!

 

オレは礼まで言ったぜ?えらくね?

ってか、なんで怒られて、

礼まで言わなくちゃいけねーんだよ。

 

 

冷静に見てみよう

はい、ツッコミ所も多々あるでしょうが、

当時の時を思ったままに書きました。

 

さて、怒りも全力で吐き出して1mm落ち着いたので、

(1mm収まっただけでも、私にしては大成長)

ここからは、冷静に観察してみましょう。

 

自転車の左側通行ってみんな知ってる?

まぁ、今回の場合は、

私が自転車の左走行の知識が今回はあったから、

なんとかうまく言ったんですよね。

 

意味もわからず、

「自転車は左側を走って」と言われても、

 

「はっ?なんでおめぇに、

 オレが走る場所、決められなきゃいけねぇんだよ?」

 

ってブチ切れてただろうからね。

まぁ、チキンだから正面立ってはキレないけど。

でも抵抗して、顔には出てたと思う。

 

なので、交通ルールとしては正しいのですよ。

けど問題は、自転車の左側走行のルールの浸透度ですよね。

 

実際、愚痴りでも書きましたが、

ほとんどの人が、左側走行を守っていません。

 

TVで自転車のルール強化も、最近よく聞くようになりました。

若い子が多かったのですが、

現在の教育にも、そんなカリキュラムはなさそうです。

この調子だと、自転車屋販売での説明もなさそうですね。

 

ってかね、あってもね、

聞かない人って多いんじゃないか?

って私は予測する。

 

注意されて素直に聞く?

これから初めて自転車にのる人だったら、

おそらく素直に聞くと思います。

自転車ってそういうものなんだ、って思うだろうから。

 

けどさ、今まで自由に乗っていた人が今更聞くと思う?

 

今まで良かったのに、なんでだよ!

と逆ギレする人が多いんじゃないかな?

ってか、私はした。

実際、注意された後、左側走行を守らなかった(笑)

 

でね、実際知っていたとしても、

自由に走る人多いと思うんだよね。

事実、私は知っていたのに自由に走ってた(笑)

 

なんかさ、人からの注意って、

なかなか素直に聞かなくない?

どれだけ正論でも、意固地になっちゃう。

 

ってかね、注意ってぶっちゃけ否定なんだよね。

「あなたは間違っています」って言ってるようなもの。

本人は、そういうつもりじゃないかもしれない。

けど受け取りてからしたら「私のこと否定された!」と取る。

 

全員ではないだろうけど、

ニートやコミュ障には多いと思う。

健常者には、理解不能かもしれない。

けど自信が超絶ないコミュ障には、素直に聞けない。

 

言い方の問題?

今回、おっちゃんはたぶん、勢いで注意したんだと思う。

いやもしかしたら、注意するぐらいだから、

普段からしているのかもしれない。

 

で、もしかしたら、

注意されて不愉快になり、怒る人も多いのかも?

私が「はい」とあっさり応えて、

きょとん、としてたのがそう思わせるんだよね。

 

今回は私が偶然「自転車も左側走行」って知識があったから、

すんなりと終わったんだよね。

知らない人はといきなり「自転車は左側走って」って言われても、

それこそ、愚痴のところもでも書いたが「は?お前何様」ってなるよ。

 

なので、言い方に工夫が必要だったのでは?

例えば「自転車って左側に走るんだけど、知ってるかな?」って聞くとかさ。

見知らぬ人にいきなり「左側走って」って言われると、

まるで命令されている!と感じて「はぁ!?」ってなるわけ。

 

注意するならするで、言葉に責任持たないとね。

けど、現代で注意する人は珍しいと思うよ。

ただ現代では、いきなりキレる人もいるから注意(心の中の私です)

 

本当に伝えたいこと

おっちゃんは私の「はい」にきょとん、としていましたが、

その後に、なぜ左側走行が必要なのか?と説明しました。

お互いぶつかって、危ないからですね。

おっちゃんがいいたいのは、それだったのですよ。

 

別に、攻撃したくていったわけではないんです。

「お前!右側を走るなよ!非常識だろうがよ!!」

って攻めたいんじゃないんですよね?

それどころか、心配して言ってくれている感じ。

 

私はついつい、そう受け取ってしまうのです。

攻撃された!!いじめられた!否定された!と。

だから、キレるんだと思う。

 

キレて、馬鹿にするな!!と、

必死に自分を守っている。

 

善意も、ただの攻撃としか、

受け止められないんですね?

 

かなしいけど、コレが今の私なんですよ。

ってか、そうなんだね。

 

記事にして書いてみると、

「そうなんだ」って思っている自分がいる(笑)

 

つまり、自分に自信がないから、

「ダメなやつ」と受け取ってしまい、

なんだと!ってキレるんだと思う。

 

受け取り方の問題なんだと思う。

自信がない限り、何を言われても素直に受け取れない。

この思考、頑張って改善を試みていこう?

 

 

おわりに

うん、ただイライラしているだけでは、

悲しいかな、何も解決しないんだよね。

 

いったん、理不尽、ツッコミどころ満載だろうが、

怒りをぶちまけてから、

1mmでも考えているって大事かもね?

 

こうやって、改善点が見えたりするだろうから。

一歩ずつでも、自分のペースで頑張ろう?

 

今回は素直におっちゃんの言うことを聞けた。

つまり、素直に聞ければうまくいくんだよね?

単純におっちゃんは、善意で言ってくれているんだから。

(まぁ…なかには、あてつけも居るが)

 

それを、無理矢理ではなく、

自然と自分も納得できるようになれば最高だね。

 

あとね、親も左側走ってねーよ!

と思ったけど、聞いてみたら走ってたらしいです(汗)

自分都合の思い込みも、きびしいね。

ゆっくり、ほどいていこう?

 

無気力で居場所が無くて毎日つらいあなたへ

生きづらくて、人生詰みかけて辛かった私が、自分を好きになり、かつ残酷な世界で戦える方法を伝えています。

引きこもりながらお仕事しませんか?

コミュ障のせいで、人間関係も上手くいかず、働くのが辛い!苦しい!
この先、ずっとコミュ障に悩まされないといけないの!?将来が不安だ!!
「コミュ障なんかじゃなかったら…!!」
と考えたことはないでしょうか?

実はそのコミュ障、ネットのお仕事では大きな武器になるんです!
新しいあなたらしい働き方、見つけてみませんか?

怒り・劣等感
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。
トップへ戻る