Live2DをFaceRig(フェイスリグ)で動かそう!VTuberになるために必要な知識&道具を丁寧に説明します!

スポンサーリンク
ルイ
ルイ

どうも~!ルイです!

 

「Live2Dを使って、VTuberになりたい!」

そのためには、「FaceRig(フェイスリグ)」を使った方法が一般的です。

実際にVTuberになるための必要な「全体像」をお話していきますね!

 

「VTuber」とはいいますが、この記事はあくまでLive2DをFacerigに使う方法」をお伝えしていきます。実際にVTuberとしての配信する方法は含まれていませんので、ご了承くださいませ。

 

スポンサーリンク

そもそも「FaceRig」ってなに?

まずそもそも、FaceRigとはなんぞや?って感じですよね。

(すでに知っている方は、読み飛ばしてもらってOKです)

 

言葉よりも、実際に見てもらった方が早いです↓

The New FaceRig Live2D module preview!

すごくないですか?

ルイ
ルイ

うちの子が簡単に動くだと…!!

 

はい、FaceRigとは

例えばlive2Dで動きを作ったキャラクターが、WEBカメラを使ってアナタの動きを読み取ってくれます。

あなたが瞬きしたら、作ったキャラも瞬きしてくれます。

 

ルイ
ルイ

え~なんか難しそう!

自分にも出来るのかなぁ…?

と不安になっちゃうかもしれませんが…

超初心者のルイも、かなり戸惑いながらも無事に使えるようになりました!

 

実際にルイが試してきた手順を、「実際にFaceRigが使えるようになるまで」1から丁寧に説明してきます~!

なので、順番通りに進めれば、FaceRigで動かせるようになりますよ!

 

VTuberになるための全体的な流れ

それでは、簡単にですがサクッとと全体の流れをご紹介しますね。

  1. まずは必要なものを揃える(WEBカメラなど)
  2. Steamをインストール&ダウンロードする
  3. 「FaceRig」と「FaceRig Live2D Module」を購入する
  4. Live2DのモデルにFaceRigで使えるようにカスタマイズする
  5. FaceRigにLive2Dのモデルをセットしていく

といった流れで進めていきます。

 

ルイ
ルイ

今回の記事では、1の「まずは必要なものを揃える」部分の具体的な説明をしていきますね。

 

必要なもの

では、VTuberになるために、必要なもの一覧をご紹介します!

 

  • パソコン
  • live2Dで作成したデータ
  • FaceRig(有料)
  • FaceRig Live2D Module(有料)
  • WEBカメラ(有料)
  • 最後まで乗り切る根性(重要)
ルイ
ルイ

5000円ぐらいあれば全部買えます!

 

live2Dを使わずFaceRigで遊びたいだけの場合は、FaceRigとWEBカメラがあれば使えます。

※今回は、live2Dを使う前提で進めていきます。

ちなみに、カメラが付いているノートPCなどはWEBカメラは不要です。

 

では、ひとつずつ細かく説明していきますね。

 

パソコン

ある程度のスペックがないと、厳しいようです。

最低:

OS: OS: Windows® 7およびそれ以降

プロセッサー: プロセッサー: Intel® Core™ i3-3220および同等のプロセッサー

メモリー: 2 GB RAM

グラフィック: グラフィックス: NVIDIA GeForce GT220および同等のグラフィックアダプタ

DirectX: Version 9.0

ストレージ: 3 GB 利用可能

サウンドカード: DirectX 9.0c互換のサウンドカード

 

むっずかしい内容が書かれていますが…

まぁ、win7以降のPCなら大丈夫!ってことです!

 

Live2Dで作成したデータ

今回の私のご説明では、FaceRigにはLive2Dのモデルが必要です。

「事前にLive2Dモデルをすでに作っている」という前提で進めていきます。

FaceRigに使うために必要なLive2Dの設定だけを、さらっとご説明していきます。

ルイ
ルイ

まだ作っていない方は、こちらの「Live2D講座」をどうぞ~!

 

WEBカメラ

FaceRigは、リアルのアナタの顔を認識して、キャラクターが動く仕組みです。

なので、あなたの顔を認識させるためにカメラが必須です。

 

参考までに、私が使っているカメラです↓

そんなに高くないカメラでも十分動きます。

 

モニターの上にカメラをちょこんと載せて、顔を認識させます。

 

FaceRigとFaceRig Live2D Module

Steam(スチーム)と言うサイトで、「FaceRig」と「FaceRig Live2D Module」を買う必要があります。

 

【Steamって?】
ざっくりいうと、「PCゲームなどを買える所」です。
海外サイトなので基本英語でビビりますが、日本語も対応しているのでご安心を。

 

ちなみに、規約では13歳以下は利用できないっぽいです。

13歳以下の方は、保護者の方に買ってもらいましょう。

※具体的な購入方法は、別記事で説明していきます

 

FaceRig(フェイスリグ)

live2Dで作ったイラストなどを動かすソフトです。

FaceRigの定価は「1480円」です。

ルイ
ルイ

セール期間中だと、半額の「740円」です♪

 

FaceRig Live2D Module

live2Dで作ったイラストを動かすには必須なツール。

これがないと、FaceRigでlive2Dを使えません。

ルイ
ルイ

この存在に気づかず、わたしゃ5時間ぐらいさ迷いました…

 

お値段は398円です。

セール中だと、10%OFFで358円で購入できます。

 

最後まで乗り切る根性(重要)

これは、何気に1番大事なものです。

困難が立ちふさがってきても、「うちの子を使って、VTuberになるんじゃぁ~~~!!」という愛と根性で乗り切ってください。

 

休憩

お疲れさまでした。

慣れないことを勉強しまくってで大変でしたね!

 

続きは、また別の記事に書きますね!

 

 

◆この記事を書いた人

コミュ障・社会不適合者な私の唯一の取り柄は「イラスト」。
けど、そのイラストも上手く描けなくて、描くことを止めたり…。

だけど、このブログで絵関係の記事を書くと…
・Live2D公式に「おすすめサイト」と言ってもらえる
・「わかりやすい」と素敵メッセージをいただく

「絵」の楽しみを思い出しました。

イラスト関連で困っていること、お役に立ち情報を「困っている人目線」で記事を書いています^^

FaceRig
スポンサーリンク
コミュ障でもいいのです。

コメント

トップへ戻る